[イベント]2015.9.24

10/13(火)スイスのビオビールを学ぶーワルン・ロティの美味しい夕べ講座開催!

世界的に注目されるビオは、野菜やワインの世界だけでなくビールにも存在し、じわじわとその注目が高まっています。ヨーロッパでも人気のビオビールの講座が2015年10月13日(火)に開催されます。
Naturperle Bio Knospe Hell他
今夏、オーガニックの国スイスを訪れた「ワルン・ロティ」(東京都目黒区)オーナーで、ワインアドバイザーの大和田聡子(としこ)さんが、スイス東部のアルプスの麓、オーストリアやリヒテンシュタインとの国境に近い豊かな自然に囲まれたアッペンツェル(Appenzell)に1886年創業以来5代続く、長い伝統のビール醸造所を訪ね、スイスのビール事情やビオビール醸造について生の声を聞いてきました。
当日はそのビールはもちろん、現地で仕入れたチーズ、そして岩手の小麦「こゆきこむぎ」を使った大和田聡子さんの美味しいパンと一緒に楽しく学んでみませんか?

ワルン・ロティ主催の講座は、ワインやパンを中心に食に興味のある方々が和気あいあいと集い、今年16年目を迎えます。
当日は、ワインアドバイザーである大和田さんのセレクトによるスイスのワインも一緒に学べ、お酒やパンが好きな人にとってもオススメな講座です!
スイスチース
ゲストスピーカーとしてビアジャーナリストでパンコーディネーターの宮原佐研子(さとこ)も加わり、ビールの歴史や、今年北海道で収穫したホップを使ったハーヴェストブリューのビールと同じホップを使って特別に焼いたパンのペアリングなどを紹介します。

■主催者紹介:大和田聡子(おおわだとしこ)
ひとりパン屋&ワイン屋「ワルン・ロティ」オーナーシェフ。日本ソムリエ協会認定ワイン・アドバイザー。十勝ワインの祖岩の貞雄氏に師事しワインを学び、田崎真也氏にも指導を受ける。第一回オーストラリアワインコンテスト入賞。2003年ドイツワインコンテスト全国4位。著書に『自宅でパン屋をはじめました』(河出書房新社)『おいしいパンのみつけかた』(技術評論社)他、2015年6月『ワインとパンに恋して』(自然食通信社)他多数。
父の開発した岩手産小麦『こゆきこむぎ』の品種存続をするため、自らパン屋を開業。その生き方を紹介するメディア出演は『ソロモン流』他多数。
ブログ: ワルン・ロティ日記

ゲスト:宮原佐研子(ビアジャーナリスト)

【開催概要】
■日   時: 2015年10月13日(火) 18:45〜20:30
(遅れそうな場合は連絡いただければビールやパンなどをとっておきます)
■場   所: ワルン・ロティ BFスタジオ
         東京都目黒区洗足2-8-27
■会   費: 5,000円(税・ビール、ワイン、パン、チーズ、テキスト込み)
※会費は当日支払い
※キャンセルは3日前までに連絡でそれ以降はキャンセル料(半額)となります。
■申 込方法: 
Faxまたはメールのいずれかに、件名「10/13のレッスン1参加希望」、本文に参加者のお名前・住所・tel/fax・e-mailをお知らせ下さい。
☆Fax   03-3704-2107
☆メール roti@mac.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。