[イベント]2016.8.18

10/15 (土) 多摩モノレールに乗って、TOYODA BEERをたっぷり飲もう!

TOYODA BEER多摩モノレール

毎年かなりの倍率で大人気の多摩モノレールのビール列車。恒例のビール列車の初バージョンとして、2016年10月15日(土)に、あのTOYODA BEERが飲めるビール列車が運行することが決定しました!

TOYODA BEER

TOYODA BEERとは?

東京・日野に多摩地域最古のビール工場があったことをご存じでしょうか?
明治19(1886)年、日本が近代国家へと歩みを進める中、豊田の山口平太夫によってビールが造られていました。平成25年度に行われた発掘調査と蔵の調査で、煉瓦造ビール貯蔵所の跡や当時のビールラベル、そしてビール貯蔵所を写した写真乾板(撮影されたのは大正期で、その時は蔵として再利用されていた)が発見され、それをきっかけに、地域の活性化を目的として、TOYODA BEER実行委員会が立ち上がり「TOYODA BEER 復刻プロジェクト」がスタートしました。

復刻ビールは、当時ビール造りをした山口平太夫と親戚関係で、現在、東京・福生でビール造りもおこなう石川酒造が担当。日野市内でビールの原料となる大麦を育て、地元の熱い想いを詰めて出来上がったビールは、当時と同じ下面発酵で醸造。ロースト麦芽の深い味わいとホップのフローラルな香りで、バランスよく仕上げられています。

暮れなずむ街並を眺めながら、列車でビールを楽しもう!

10/15の日の入り時刻は17:06。当日は、17:00(予定)に多摩モノレール 上北台駅を出発し、多摩センター駅で折り返し、高幡不動駅に18:45頃到着予定の、約1時間45分の列車ビールの旅。暮れなずむ多摩の大地が夜景へと変化する、ビールがますますおいしくなるスケジュールです。

TOYODA BEER実行委員会 実行委員長 増島清人さんからのメッセージ:

私たちは、TOYODA BEERの浸透とファンづくりという目的でこれまで「TOYODA BEER NIGHT」というイベントを過去2回開催してまいりました。そこで、TOYODA BEERをきっかけに人と人とのつながりが生まれることに、運営の私たちもとてもうれしい経験を重ねています。今回は多摩モノレールでの初開催となります。モノレールに乗って時間の経過とともに変化する街並みを眺めながら、秋の夜長をTOYODA BEERと一緒に楽しんでいただければと思います!

【開催詳細】
◯開 催 日: 2016年10月15日(土)
◯スケジュール: 多摩モノレール 上北台駅出発(17:00 頃)⇒多摩センター駅(約50分停車・折り返し)⇒高幡不動駅(18:45 頃解散予定)
◯募集定員: 定員 144 名(1グループ2名様~6名様まで受付)
◯料  金: 4,500 円(税込)/人 (TOYODA BEER、軽食、一日乗車券付)
◯募集期間: 2016年8月15日(月)〜 9月5日(月)午前 10 時
◯応募方法: 多摩モノレールHP 応募フォームより応募(抽選の上、後日当選者のみにメールにて通知)
◯イベント詳細: 多摩モノレールHP
◯TOYODA BEER公式HP: http://toyoda-beer.tokyo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。