[コラム]2016.8.30

《Go!Go!飲み鉄》第5回 多摩モノレール「ビール列車」の 縁日飲み比べ列車ビア旅

ザ・プレミアム・モルツビール列車多摩モノレール
【季節の訪れは、コンビニの冷蔵ビール棚で知る】サケコこと宮原佐研子(みやはらさとこ)です♪

逃れられないムシムシの天気に連続台風の上陸…。不快指数1000%な毎日のささやかな楽しみは、早く仕事を片付けて、冷えたビールをぐ〜っと飲み干すこと!

そのビールを飲むシチュエーションは、屋上ビアガーデンもいいけれど、移り変わる景色を眺めつつ「んぐんぐ… プッハ〜〜☆」できたら、う〜ん、夢のよう♪
毎夏恒例の「ビール列車」は、今年も全国で20種類以上運行しています。中でも毎年大人気なのが、東京・多摩地区を運行する多摩モノレールの「ビール列車」です。
多摩モノレールビール列車

[CONTENTS]************************

□ 今年は7.7倍!超難関の抽選をくぐり抜けての初乗車
□ テーマは「大人が楽しむ縁日」
□ 縁日をイメージしたお弁当はこんな感じ
□ 駅のホームは縁日屋台に早変わり
□ 往路は’80’s、復路はしっとりと
□ 今回のお気に入り♪
[おまけのもう一杯♪]沿線のビール情報
□ 多摩モノレール『ビール列車』 乗車情報
******************************

今年は7.7倍!超難関の抽選をくぐり抜けての初乗車

多摩モノレールは、東京都東大和市の上北台駅から、多摩市の多摩センター駅までの約16Kmを走ります。途中駅には、西武拝島線と交わる玉川上水駅、JR立川駅を挟んだ、立川北、立川南駅、京王線と交わる高幡不動駅や多摩動物公園駅、小田急線と京王相模原線と交わる多摩センター駅があり、沿線には中央大学、明星大学、帝京大学、そして多摩動物公園や、2015年10月にオープンしたららぽーと立川立飛店などがあり、通勤通学やレジャー、買い物の足として地元に定着している路線です。

その、多摩モノレールが開催する『ビール列車』は、毎年とにかく大人気。
昨年、私は涙の落選…。今年は、高倍率をくぐり抜け、ようやく夢の当選メールをゲットしました!
多摩モノレールビール列車
集合場所は、上北台駅。18:00に出発して、多摩センター駅に18:36着。そこで約50分間の停車があって、19:31に多摩センターの駅を出発して、立川北駅19:54に到着する、およそ2時間の列車ビア旅です。

CONTENTSへ戻る

テーマは「大人が楽しむ縁日」

毎回テーマを決めているそうで、車内には、提灯や風鈴などが下げられていたりと、縁日気分をググッと盛り上げてくれます!
多摩モノレールビール列車
浴衣や甚平で参加の方にはささやかなプレゼントもあり!だったのですが、当日は、残念ながら台風の影響もあり、浴衣姿の乗客はやや少なかったものの、カップルや仕事仲間らしきグループなど、4両に総勢150名が乗車しました。

列車に乗り込むと、座席にはお弁当がずらり!
多摩モノレールビール列車
そして、席に着くと、多摩モノレールのスタッフの皆様が手分けして注いでくれるビールがジャンジャン配られます。
多摩モノレールビール列車
出発ともに「カ〜ンパァ〜〜イ♪」
多摩モノレールビール列車
今年は、サントリーの『ザ・プレミアムモルツ』と『ザ・プレミアムモルツ 香るエール』の2種類が飲み比べできる設定。奇数の番号が振られたドアには『ザ・プレミアムモルツ』、偶数の番号が振られたドアには『ザ・プレミアムモルツ 香るエール』のサーバーが設置。どの車両でも両方のビールがすぐ提供できるように配置されています。
多摩モノレールビール列車
一昨年は『ザ・プレミアムモルツ』のみ。そして昨年は『ザ・プレミアムモルツ 香るエール』だけの提供だったそうで、飲み比べが出来る今回は、実に嬉しい設定です。
多摩モノレールビール列車
ちなみに、今回搭載のビールは全部で330ℓ。昨年は270ℓだったということで、前年比122%。種類もビールも増え、一人当たり最大2.2ℓまで飲めるという、安心感です!

CONTENTSへ戻る

縁日をイメージしたお弁当はこんな感じ

お楽しみのお弁当はこちら!
多摩モノレールビール列車
多摩モノレールビール列車
焼きそば、フランクフルト、フライドポテトにトウモロコシ。まさに、お祭りの屋台メニューを盛り込んだようなワクワクが詰まったお弁当です。オマケには、ベビースターのおつまみラーメンと、シャキシャキ食感の茎わかめも!

もちろん、持ち込みOK!お弁当の中身は、チケットと一緒に送られてくるリーフレットに写真付きで紹介されているので、それをベースに、枝豆や唐揚げなど、好みのおつまみや飲みものを追加持参することができます。

CONTENTSへ戻る

駅のホームは縁日屋台に早変わり

上北台駅を出発してから36分。今度はこっちのビールかな〜?なんて、ビールの杯も程よく重ねたタイミングで、多摩センターの駅に到着。そこには、ホームの端から端まで、縁日屋台が出ています。
受付で事前にチケットが配られているので、輪投げや千本引きなど4つの屋台から好きな2つを選んで挑戦できます。

友人は千本引きに挑戦!さーて、何がつり上がる?
多摩モノレールビール列車
ちなみに、少々酔っ払った私は、輪投げは全敗、クジ運もなし…。でも、ハズレはないので、結果、なぜかキーホルダーばかり手元に集まりましたが、一緒に参加した友人は、スポーツ観戦にもぴったりなタオルとか、素敵な景品をゲットしておりました!
多摩モノレールビール列車
▲多摩の魅力発信プロジェクトマスコットキャラクター「たまらんにゃ〜」

CONTENTSへ戻る

往路は’80’s、復路はしっとりと

往路のBGMは昭和感満載のラインナップ。多摩センター駅での縁日タイムを終え、立川北駅に向かう復路では、車内の照明を落とし、ぐっとムーディーにビアタイムを楽しめる時間が設けられました。その時間のBGMは、企画担当の星さん渾身の選曲!とのこと。オトメゴコロがキュンキュンくる選曲とともに、夜景が楽しめます。モノレールは高架なので、街の明かりを見晴らせて、これは本当に素敵な演出でした。
多摩モノレールビール列車

当日は台風の影響で雨模様だったため、残念ながら見られませんでしたが、天気が良ければ、奥多摩から富士山などを夕景とともに楽しむこともできるロケーション。次回こそは、往路復路それぞれの車窓をじっくり楽しみたいと思います!

CONTENTSへ戻る

今回のお気に入り

実は今回、運営の多摩都市モノレール事業課にお願いして、準備の様子も拝見させていただきました。
準備は2日に分け、車内のデコレーションやビールサーバーの設置作業などをするとのことで、当日、出発の4時間前に準備が進む車庫にお邪魔しました。すでに机やお土産などのセッティングがされている車内では、納品されてくるお弁当やビールの樽など、企画担当の星さん号令のもと、短い時間で皆さんテキパキと準備をしています。
多摩モノレールビール列車
多摩モノレールビール列車
▲イベントでは自ら仮装して盛り上げる企画担当の星さん

一通りセッティングができたところで、サントリーのスタッフの方に、一番重要なビールの注ぎ方講習を開催。
ちなみに、ビール列車によっては、列車がホームに入線する段階で、すでに注がれたビールがずらっと並んでいて、思わず声が出るうれしい瞬間もあったりしますが、こちらのビール列車では、皆さんが席に着いてから、新鮮な “ 注ぎたて ” を提供することに重きを置いているそう。例えば、グループのお客様から一度にビールの注文があった場合に、最初と最後の人のビールの泡に違いが出ないような注ぎ方のテクニックを、プロから直々にレクチャー。
多摩モノレールビール列車
全員が注がれるのを待っての乾杯は、最初に注がれた人のビールの泡が待ちぼうけですっかり消えかかっていたりすると、なんだか気分も盛り下がります…。なので、そんな配慮が、ビアLoverの私には、とってもうれしい発見でした!

CONTENTSへ戻る

[おまけのもう一杯♪]沿線のビール情報

多摩地区はクラフトビール文化が着々と育っている地域。周辺でもブリューパブやこだわりのビアパブもたくさんあり、二次会の選択肢は多数…。

そんな数多ある中で、今回紹介したいのは、多摩モノレールの沿線、日野市で復刻された『TOYODA BEER』。このビールは、明治19(1886)年から東京・日野で造られていた多摩地域最古のビールを復刻して造られた貴重なビールです。

通常は、日野市内を中心とした飲食店や小売店のみで楽しめるこのビールを、この多摩モノレールで飲めるビール列車が今年10月初開催されます!
TOYODA BEERが飲めるビール列車の申し込み詳細は、以下のページもごらんください。(申し込みは、9月5日(月)午前 10 時まで)
ビールについての紹介も掲載しています。

10/15 (土) 多摩モノレールに乗って、TOYODA BEERをたっぷり飲もう!

CONTENTSへ戻る

=======================================
【多摩モノレール『ビール列車』 乗車情報】

◯鉄道会社:多摩都市モノレール

◯行  程:上北台駅18:00発 → 多摩センター駅18:36着/19:31発 → 立川北駅19:54着

◯飲んだビール:サントリー 『ザ・プレミアム・モルツ』『ザ・プレミアム・モルツ 香るエール』

◯料  金:4,100円
<料金に含まれるもの>
1.ビール飲み放題
2.軽食
3.モノレール1日フリー乗車券
4.お楽しみ抽選会
5.輪投げ、千本引きなどの縁日屋台
6.消費税

◯問合せ:多摩都市モノレール

多摩モノレールビール列車
「さあ乾杯 みんな笑顔の 泡ビール」

お次のビア旅も 楽しみ、楽しみ♪

CONTENTSへ戻る
TOPへ戻る

《Go!Go!飲み鉄》第1回 関東鉄道「関鉄ビール列車」の応援列車ビア旅
《Go!Go!飲み鉄》第2回 西武鉄道「52席の至福」のゴクラク列車ビア旅
《Go!Go!飲み鉄》第3回 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」の がまだせ!列車ビア旅
《Go!Go!飲み鉄》第4回 いすみ鉄道「伊勢海老特急・居酒屋列車」の 昭和瓶ビール列車ビア旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。