[イベント]2016.10.12

地元素材で手造り地ビール体験!「愛知オクトーバーフェストツアー」に参加しよう!

HYAPPABREWSツアービール造り体験

実りの秋、食欲の秋。
秋という季節は、メシは言わずもがな、ビールも美味い。
そのビールを自分の手で造ることができたら、もっと美味いに違いない。

自分たちの手で地ビール造りを体験できる「愛知オクトーバーフェストツアー」が、11月3日(木・祝)に開催される。このツアーを主催する名鉄観光サービスでは、現在ツアー参加者を募集中だ。

imgp7929

「愛知オクトーバーフェストツアー」は愛知県名古屋市を8:30に出発する日帰りバスツアー。

愛知県岡崎市に本拠を置く「HYAPPABREWS」で地元素材を使った地ビール造りを体験できるほか、「蒲郡オレンジパーク」にて三河湾で穫れた海産物をふんだんに使用した昼食、HYAPPABREWSが直営する「Izakaya Ja Nai!」にて愛知県内のクラフトビール飲み比べや極厚シカゴピザとのペアリングを堪能し、八丁味噌・カクキューの味噌蔵見学で愛知の発酵食品文化に触れるという、ビアファンにとって充実の内容だ。

名古屋駅に隣接する名鉄バスセンターが発着地となっているため、県内の方のみならず県外、遠方からもツアーに参加しやすいのが利点。前日または当日に1泊して、愛知のビアパブクロールを楽しむのもいいだろう。

地元密着型ブルワリー「HYAPPABREWS」で地ビール造り

imgp8055

このツアーで地ビール造り体験をする「HYAPPABREWS」は、ビールの原料にもなる地元・藤川名産のむらさき麦を自ら栽培して使用する第6次産業への取り組みや地域活動を積極的に行う地元密着型ブルワリー。醸造家のクレッグ氏が生み出すビールは、東京、大阪など他都市でも人気急上昇中だ。

imgp8060

地ビール造り体験では麦、ホップなど原料を選ぶところからはじまり、麦芽の粉砕から麦汁の生成まで一連の工程を自分の手で行う。後日、発酵がおわり瓶詰めされたビールが自宅へ送られてくる仕組みだ。原料の選定や作業については醸造家が細かくアドバイスしてくれるので、ビール造りの知識がない人でも安心して楽しむことができる(クレッグ氏のおちゃめなダジャレもぜひ楽しんで欲しい)。

ビアファンによる「観光まちづくり」への挑戦

「愛知オクトーバーフェストツアー」は、愛知県の隠れた魅力の発掘や磨き上げの推進、観光まちづくりを牽引していく人材の育成を目的として愛知県観光振興課が主催する「愛知観光まちづくりゼミ」で提案された企画を、、地元の旅行会社がツアー化し実現した。

9582022307f3492dad66c222c5893c90_m

この企画を考案したゼミ生は、「東海圏には地ビール・クラフトビールの醸造所がたくさんある。それを地域づくりに活かしたかった」という。愛知県には魅力的な観光資源が多々あるが、「地ビール」という産業もその1つ。県内のみならず、県外からもたくさんの方に参加していただき、ビール造りを通してこの地方のよさを知って欲しいというのが、企画者、旅行会社、愛知県の願いだ。

 
バスツアーには、同じ行程、同じ景色を共有する「ならでは」の楽しさが存在する。『ビール好き』という共通のキーワードを持つ人たちと、実りの秋の素晴らしい1日を過ごしてみてはいかがだろうか。

■「愛知オクトーバーフェストツアー」インフォメーション

ツアー名:手造り地ビール体験 Aichi Oktoberfest ★地元素材「クラフトビール」で地域作り
催行日時:11月3日(木・祝) 8時30分出発(8時15分集合)
集合場所:名鉄バスセンター4階
旅行代金:16,900円
(バス代、昼食代、クラフトビール醸造体験代、クラフトビール試飲代、シカゴピザ試食代、オリジナルクラフトビール6本セット3,000円相当含む)
申込締切日:10月20日(木)
最少催行人員:24名
主催:名鉄観光サービス
問い合わせ・申込み先URL:http://search.mwt.co.jp/mdom/detail/BFMAJ4BEERFS.html#point

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-9-59-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原とも子

この記事を書いたひと

宮原とも子

ビアジャーナリスト/ビアライター

1979年、愛知県の自然豊かな山あいの里に生まれる。大学進学をきっかけに京都で十数年を過ごしたのち、UKロックとウイスキー好きが高じてイギリスへ。1年間の遊学中にイングリッシュ・エールとパブ文化の虜となる。帰国後、出産を機にフリーライターとなり、お酒、旅行、ビジネスコンテンツなどをウェブメディア等で執筆中。ビールを介して出会う人、場所、物語を通じて、「ビールは楽しい」を伝えていけたらと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。