[イベント]2011.10.28

ホットビールがおいしい季節に…

ホットビール

ホットビールと言えば、昨年三輪さんのJBJAコラム「ホットビール」でも取り上げている。アニス、シナモン、クローヴの3種類のスパイスがビール醸造過程の煮沸時に投入されたベルギービール「リーフマンス グリュークリーク」の話題。

これは、いわばホット専用のビールだが、今年はキリンが「ホットビール」を提唱し始めた。msn産経ニュースに掲載されていた記事「節電の冬、「ホットビール」はいかが? キリンが新しい飲み方提案」。要は同社の黒ビール「一番搾り スタウト」を温めて飲もう、という話。オプションで角砂糖を入れたり、シナモンスティックを添えようという提案だ。

調べてみると同社は2008年に工場内レストラン「スプリングバレー」でホットビールを販売していたようだ。「寒い冬にホットビールを キリン、工場内食堂で販売」。シナモンスティックと角砂糖の推奨される使い方もこの記事には書いてある。

さらに調べてみるとmsnのコラムでは、「心まで温かくなるホットビールの作り方」として卵黄や数種類のスパイス、砂糖などを加えたレシピを提案している。また、サンクトガーレンブルワリー広報、中川さんのブログでは、同社の「アップルシナモンエール」を使ってホットビールを造る様子が書かれている

他の情報ともつきあわせてみると、スタウトに代表される濃いビールとスパイス、砂糖などの甘みとの組み合わせがなかなかよいらしい。

と、ここまでいろいろ書いてきたものの、実はわたくし未だホットビールを試したことがありません。今年は「リーフマンス グリュークリーク」を試しつつ、スタウトを使ってオリジナルゴールデンホットビールレシピを探ってみようと画策しています。ナイスなホットビールレシピをお持ちの方、ぜひ教えてください。■

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

ビールの美味しさや楽しみ方を伝えるビアアンバサダー/日本ビアジャーナリスト協会ファウンダー。2007年のビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』をはじめ、数多くのビールに関する本や雑誌の企画執筆、編集、構成を務める。 現在、ビールのペアリングに特化した著・監修書『ビールのペアリングがよくわかる本』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、監修したビアコミックエッセイ『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)が大好評発売中。ビアイベント主宰、ビール/ペアリング講座企画開催、テレビ番組企画協力も多数。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。