[ブルワー,新商品情報]2017.4.28

サンクトガーレン史上最大量ホップを使用! 「Golden Haze IPA」本日より発売開始

Golden Haze IPANew England Style IPAサンクトガーレン

昨年、アメリカ北東部で誕生したIPAの派生スタイル「New England Style IPA(以下、NE-IPA)」。現地での人気がとても高いため、まだ日本では馴染みの少ないビアスタイルです。そんなNE-IPAをサンクトガーレンが本日より発売を開始しました。

その名は「Golden Haze IPA」。YOKOHAMA XPAに対して約3倍のホップを使用しています。

NE-IPAの特徴は大量にホップを使っていながら苦味が控えめであることと濁っていることです。これはホップの使い方にあるといいます。通常、ホップは麦汁を煮沸している間に段階的に加えていきます。しかし、NE-IPAでは麦汁の煮沸時に投入するホップはごくわずかで、ほとんどのホップを理論上、ホップの苦味が抽出されない煮沸後に投入する手法をとります。

XPAでは麦汁煮沸中に加えるホップと煮沸後に加えるホップの割合が8:5であるのに対して、「Golden Haze IPA」では2:39となっています。まさに今までとは異なる手法で造られたビールです。トロピカルな香りをもつホップをメインに使い、ビール液体の濁りと相まってトロピカルジュースのような印象とのこと。

新しいスタイルのビール。どのような味わいなのかは実際に飲んで体感してほしい【写真提供:サンクトガーレン】

では「Golden Haze IPA」はどこで飲めるのでしょうか。以下のイベントで飲むことができます。

【1】Yokohama Fruhlings Fest(ヨコハマフリューリングスフェスト) 2017

ドイツ語で春(フリューリング)祭り(フェスト)を意味し、ビール祭りと移動遊園地がセットになった春の到来を祝うイベント

開催日時:2017年4月28日(金)~5月7日(日) 11:00~21:30

※4月28日(金)のみ 17:00~21:30 ※荒天中止

料金:入場無料(飲食代、アトラクション代は別途)

場所:横浜赤レンガ倉庫エリア全体(神奈川県横浜市中区新港 1-1)

公式サイト:http://www.yokohama-akarenga.jp/yff2017/

【2】けやきひろば春のビール祭り2017

日本全国のブルワリー、海外のビール77店舗400種類以上のビールが楽しめる日本最大級のクラフトビールイベント

開催日時:2017年5月17日(水) 16:00~21:00 5月18日(木)~20日(土) 11:00~21:00 5月21日(日) 11:00~20:00

料金:入場無料(飲食代別途)

場所:さいたま新都心 けやきひろば(埼玉県さいたま市中央区新都心10)

公式サイト: http://www.beerkeyaki.jp/

【3】ヒビヤガーデン

東京の真ん中、日比谷公園に期間限定で出現する日本最大級のビアガーデン

開催日時:2017年5月19日(金)~28日(日) 平日16:00~22:00/土日11:00~22:00

料金:入場無料(飲食代別途)

場所:日比谷公園 噴水広場(東京都千代田区日比谷公園1-2)

公式サイト:http://hibeer.jp/

ビールイベントが本格化するこれからの時期、サンクトガーレンより大注目のビールが登場しました。気になる方はぜひイベントへお出かけください。

◆この商品に関するお問い合わせ

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市金田1137-1)

TEL:046-224-2317

FAX:046-244-5757

E-mail:info@sanktgallenbrewery.com

担当:岩本・中川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。