[ビアバー]2018.3.22

アンテナアメリカ横浜店が、相鉄ジョイナスB1Fにオープン!

アンテナアメリカナガノトレーディング横浜

アメリカのクラフトビールに特化したインポーター、
株式会社ナガノトレーディングのショールームショップ「アンテナアメリカ」の横浜店が、
3月20日に誕生しました!
関内店、品川店に次ぐ3店舗目となります。

「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」の正面入り口。

横浜駅西口を出てすぐの駅ビル・相鉄ジョイナスについたら、地下1階へ降り、
商業施設「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」を目指します。
KOBEYA KITCHEN DELI&CAFÉの看板が見えると、その左手が正面入り口です。

10タップの樽生と、100 種類を超える缶・ボトル商品

おなじみの看板が目印です。写真右は、バルマス朱美代表取締役社長。

白を基調としたフードマーケットやカフェ&デリを眺めながら奥へと進んでいくと、
右手の奥の方に、おなじみの「Antenna America」のネオンサインが現れます。
店内はスポットライトのみで照らされ、落ち着いた雰囲気の空間。
一部コンクリートむき出しで、その分周囲の店舗より少し天井が高い造りになっています。

樽生ビールは全10タップ。1,000円/パイント~。

樽生ビールは全10タップ。ラインナップは常に入れ替わります。
さらに、100 種類を超える缶やボトル商品がショーケースに陳列されています。

ショーケースは12扉。関内店(10扉)以上の品揃えは圧巻! Tシャツなどグッズコーナーも充実。

ショーケース内のラインナップは、ビール初心者に向けたポピュラーな銘柄から、
ビアギーク垂涎のビンテージやコアな銘柄までが勢揃い。
ショーケースはタップ同様、壁の裏の冷蔵室に繋がっており、
裏から商品を補充できるようになっています。

フードメニューはホットドッグやチキンウィングなど。

フードメニューは、トッピング種類が豊富なホットドッグや、
7種類のソースを選べるチキンウィングなどの軽食・おつまみが充実しています。

アメリカのビアパブを意識した店内

アメリカのブルワリー各社の看板が並ぶ。

改めて店内を眺めてみましょう。
「アメリカのビアパブを意識した内装で、店名を『アンテナアメリカCAVE(洞窟の意味)』
にしようという案もあった」(バルマス朱美社長)という通り、
ちょっと隠れ家風のたたずまいは、軽く立ち寄って1杯飲むにも腰を落ち着けて飲むにも、
どちらにも適しています。

店舗入り口近くの壁に飾られた星条旗の額縁。

シエラネバダ社のネオンサインの隣には、星条旗模様の額縁が飾られています。

すべてシエラネバダ社の王冠。ロゴの向きも揃っています。

近づいてよく見ると、なんと!すべてシエラネバダ社のビールの王冠でできています。
白くペイントされた王冠もシエラネバダ製。これは朱美社長のアイデアで、
アンテナアメリカスタッフとアンテナアメリカファンのボランティアが協力し、
ボードに王冠をひとつひとつ貼り付けて出来た渾身の力作。
白い星の数も旗の縦横比率も、本物の星条旗と合わせる徹底ぶりには脱帽ですね!

ターミナル駅・横浜からビール文化を発信

関内店からほど近い横浜駅に敢えて新店舗をオープンしたのは、
ひとえに「ビール文化の裾野を広げたいから」だと、スタッフは口を揃えて言います。
ターミナル駅である横浜の駅ビルなら、ライトなビールファンも気軽にふらりと立ち寄りやすいので、
そこからビールを知ってもらいたい……というわけです。

パンフレット(左)と、ナガノトレーディングのポリシーを記した看板(右)。

よくよく店内を見回すと、初心者向けのパンフレットや
ナガノトレーディングのポリシーを説明した看板が目に入ります。
「横浜店を入り口にアメリカンクラフトビールを好きになって、
関内店にも来てもらいたい」というのが、スタッフの願い。
そういえば筆者自身も、吉田町の雑居ビルの中にある関内店を初めて訪ねた際は、
何とも言えないディープさにカルチャーショックを受けました(笑)。
もちろん、それが関内店の大きな魅力ではありますが、
確かに横浜店になじんだうえでディープな世界に飛び込むのも、
流れとしては自然かもしれません。

元ファイアストーンウォーカー・スタッフのJulian Silveriaさん。

アメリカンクラフトビールをわかりやすく説明してくれるスタッフも常駐しています。
つい数週間前まで、米・ファイアストーンウォーカーに勤めていたというジュリアンさんは、
ブルワリーツアーなどを行っていた「ビア・エデュケーター」。
その日の樽生ビールについて気軽に尋ねれば、やさしく丁寧に教えてくれるはずです!

横浜店ならではのイベントも随時開催していく予定とのことなので、
楽しみに待ちたいですね。
日本有数のターミナル駅・横浜に誕生した
アメリカクラフトビール文化の新たな発信基地に、ぜひ足を運びましょう!

●店舗データ
アンテナアメリカ 横浜店
FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA内
神奈川県横浜市西区南幸一丁目 5 番 1 号
新相鉄ビル (相鉄ジョイナス)地下1階
営業時間 11:00~23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

くまざわ ななこ

この記事を書いたひと

くまざわ ななこ

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビールとカレーと小田急線をこよなく愛するライター/エディター。インタビューの場数だけは踏んでいる自負があるので、その経験を活かしてビールに携わる人たちの思いを伝えるべく、ビアジャーナリストとしても邁進している。「小田急ビア散歩」「カレーをつまみにビールが飲みたいっ!」シリーズを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。