[ビアバー,ブルワー]2020.3.20

東十条「Let’s Beer Works」のタップルーム、2020/03/21にオープン!

Let’s Beer Works東十条

2020年3月21日、東京都北区のブルワリー「Let’s Beer Works」のタップルームがグランドオープンします。ビールへの熱意溢れる6人によるブルワリー、その魅力をご紹介いたします。

Let’s Beer Works

ビールへの熱意溢れる6⼈の創業者

Let’s Beer Worksは、JR京浜東北線の東十条駅南口から徒歩約2分、北区東十条2丁目にあるブルワリー/タップルーム。2020年1月27日に醸造免許を取得し、2月15日に初仕込みを行った新しいブルワリーです。Let’s Beer Worksのコンセプトは「美味しい、楽しい、心地いい」。Letʼs Beer Worksの創業者(Founder)の6名は全員醸造技術を持っています。Head Brewerの小野氏はファントムブルワーとしての活動経験があり、青柳氏はアメリカのブルワー養成学校(American Brewers Guild)へ留学する経歴もある等、各⾃の求めるビールづくりをLetʼs Beer Worksにて⾏う⽅針です。ブルワリー運営上の役割分担は下記のとおり。

【CEO】阿川裕子(アガワ ユウコ)氏

【Head Brewer】小野保(オノ タモツ)氏

【Brewer】⻘柳遊⼤(アオヤギ ユウタ)⽒、阿川裕之(アガワ ヒロユキ)⽒

【Promoter】中山淳(ナカヤマ ジュン)氏

【Advisor】西山郁夫(ニシヤマ イクオ)氏

手前左から、阿川裕子氏、小野保氏。奥左から、青柳遊大氏、中山淳氏、西山郁夫氏、阿川裕之氏。

筆者はビールの仕込に立ち会った際、6名が気楽な雰囲気の中で、和気あいあいと楽しくビールづくりを⾏っている様⼦を拝⾒しました。ブルワリー開設までに様々な分野の方が協力しており、6名とさらに大勢の人がLet’s Beer Worksを盛り上げています。ブルワリーのロゴマークには、「Let’s Goのように、さあやろう!」とこぶしを振り上げている複数人の腕。ブルワリーのコンセプトにぴったりですね。

Let’s Beer Worksのロゴマーク

Let’s Beer Worksのタップルーム

Let’s Beer Worksの入口付近がタップルーム。内装は、コンクリート打ち放しのシンプルでお洒落な壁面と、カウンターやタップ付近は木を基調した温かい感じです。気軽にビールを楽しめる印象を受けます。奥のガラス越しには、醸造設備がよく見え、ブルワリーでビールを味わう醍醐味を満喫。カウンターの壁面には8タップあり、その内1つはナイトロ(窒素ビール)での提供が可能です。席構成は、道路側に5席、カウンター側にスタンディング5~7人と腰掛5席ほど。タップルームには、Let’s Beer Worksのブルワーも立つので、作り手と会話しながらビールを味わえます。

Let’s Beer Worksタップルーム、醸造設備がよく見える

タップルームの営業時間は、土日の13:00-20:00です。2020年3月の営業は、3月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29(日)の予定。2020年4月以降は、FacebookなどのSNSで告知されます。

Let’s Beer Worksのクラフトビール

3月14日(土)のプレオープン時には、下記の2液種をリリース。他には、ラガーを仕込み済み、アンバーエールを仕込み予定であり、発酵・熟成後にリリースされる予定です。

1Stビール「Rookie」

スタイルはIPA。ABV4.6%、IBU47。

Mosaicホップだけを使用して作ったIPA。いろんなホップを使って醸したかったのですが、醸造1回目だから一種類でガマンしました(笑 スムースビターでドリンカブルナなIPAを目指して作りました。(小野保氏)

2ndビール「ニガワライ」

スタイルはHazy IPA。ABV5.3%

醸造2回目にして早くも人気のビアスタイルに挑戦してみました!三種類のホップを大量に投入!入れすぎかな?って内心ちょっとドキドキしながら造りましたが、スイート&トロピカルなアロマが香るちょっとビターなヘイジーにしあがりました。(小野保氏)

左:Rookie、右:ニガワライ

Let’s Beer Worksのブルワリー

Let’s Beer Worksのタップルームの奥が醸造スペース。高い天井と広々とした空間のため、醸造設備が入った状態でも少し余裕があり、さらに設備拡張が可能な印象です。壁面には大きな「Let’s Beer Works」のロゴマーク。このロゴマークは、ブルワー達が自ら描いたものです。

壁面のLet’s Beer Worksのロゴマーク

スペントグレインの導入支援のもと、Tunwell社製の醸造設備を日本で初導入。マッシュタン(糖化槽)&ロイター(濾過)は500L、下部のホットリカー(貯湯タンク)と一体型。マッシュタン(糖化槽)&ロイター(濾過)には、モルトカスの掻き出しを自動化する仕組みが備わっています。ボイルケトル(煮沸槽)&ワールプールは500Lです。

左の上部がマッシュタン&ロイター、下部がホットリカー。右がボイルケトル&ワールプール

ビールの発酵と熟成を行う設備、発酵タンクは500Lが3基、ブライトタンク(熟成タンク)は500Lの1基の構成です。銀色のコニカルタンクが立ち並ぶ姿は、醸造所らしい風景。このタンクの中で、美味しいビールが出来上がります。

左の1基がブライトタンク、右の3基が発酵タンク

他にも、モルトミル(麦芽粉砕機)、ボイラー設備、グリコールチラー(冷却装置)などブルワリーの規模に応じた設備が充実。ケグウォッシャー(樽洗い機)もあり、ケグ(樽)洗いの労力を省力化するなど、稼働後の運用をよく考えて設備が導入されています。

ケグウォッシャー(樽洗い機)

醸造したビールを保管・熟成するプレハブ冷蔵庫は広く、内部に区切りを設けた2部屋構成です。大きな容積があり、多数のビールを保管可能。奥のスペースには、長期熟成したいビールを保管するという使い方もできそうです。

2部屋構成のプレハブ冷蔵庫

ブルワリー開業まで経緯と今後について

Let’s Beer Worksは、2019年初めごろ、阿川裕子氏と阿川裕之氏の夫婦と小野保氏の3名から始まりました。阿川夫妻はキャンピングカーで旅を楽しむことを趣味としており、ビール関係では静岡、⼭梨、⻑野、新潟をはじめ日本全国のブルワリーをめぐり、ビールについて勉強。特に、沼津のブルワリーには旅の途中や帰路に足しげく通っていたとのこと。さらに、ビールに対し熱意ある3名(中山氏、青柳氏、西山氏)が合流し、6名でブルワリーの立ち上げへ動き出しました。

東京都北区の東十条に、ブルワリーを開くのに良い物件を見つけました。サッシ屋の倉庫であり、長い間使われていなかったため、大掃除が必要な状態。人手を集め、掃除を行い、開業に向けて必要な準備を進めました。専門技術が必要な大工工事、電気工事、ガスや水道を引く工事は業者に依頼しましたが、それ以外はDIYで実施。DIYした対象は、プレハブ冷蔵庫の組み立て、壁面の塗装、パイプの配管など多岐にわたります。交友のある様々な分野の関係者が⽀援を⾏い、試行錯誤しながら作業をされ、⼤変楽しい時間だったとのことです。

ブルワリー開業へ向けてDIYに励む姿

2019年8月31日に、醸造設備の搬入を実施。有志を募り、大人数での人力による搬入作業です。しかし、運送中の醸造設備が交通事故にあい、破損してしまうハプニングが発生。醸造設備は衛生面と安全面を考慮し、修理は諦め製造しなおしとなりました。2019年11月16日に、再製造された醸造設備を搬入し、ようやく設備がそろいました。その後も、免許取得および醸造開始に向けて、醸造設備の配管等の整備を邁進。ビールづくりについては、静岡県富士宮市のFUJIYAMA HUNTER’S BEER(フジヤマハンターズビール)で研修を受けました。

醸造設備搬入の様子、多数の人の協力を得て実施

2020年1月27日、東京都北区 王子税務署にて、念願の醸造免許を取得。2020年2月15日には初仕込みを実施しました。その後、数回ビールの仕込を実施。醸造したビールの内、2液種は発酵と熟成の期間を経て、2020年3月14日と20日のタップルームのプレオープンでお披露目。そして、2020年3月21日にグランドオープンを迎えます。

仕込の様子、(左)ビタリングのホップを投入する阿川裕子氏(右)真剣に醸造作業に打ち込むブルワー達

今後は、タップルームでビールを提供しつつ、ケグ(樽)による外販にも注力。そのため、ビアバーなどでも、Let’s Beer Worksのビールを味わえるようになるでしょう。

Let’s Beer Worksのビールを楽しもう

3月14日のプレオープン時、近所の方やビール関係者が訪れ、心地よい雰囲気の中でビールを美味しく楽しむ姿を拝見しました。是非、Let’s Beer Worksのタップルームを訪れ、作り手と会話しながらビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと素敵な時間になるでしょう。Let’s Beer Worksは、今後がとても楽しみなブルワリーです。

この記事が素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■Let’s Beer Works

所在:東京都北区東十条2丁目15−7

WEB サイト:https://lets.beer/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/lets.beer.works/
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/letsbeerworks/
TWITTER :https://twitter.com/LetsBeerWorks

タップルーム営業時間:
[土日 ]  13:00~20:00
[定休日] 月~金

外販問い合わせ先:
https://lets.beer/より、「お問い合わせはこちらから」のリンク先フォームから申込可能。

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。