[新商品情報]2020.6.30

ブランドイメージ一新!「横浜ビール」の“新顔”はビールの特徴を波で表現

横浜ビール濱明朝神奈川県横浜市驛の食卓

今年で21周年を迎える、神奈川県横浜市の「横浜ビール」。7月1日より、ラベルを一新したレギュラービール5種類「ピルスナー」「ヴァイツェン」「アルト」「ペールエール」「横浜ラガー」の販売を開始します。これに伴い、7月1〜7日の1週間、横浜ビール直営レストラン「驛の食卓」で、オリジナルグラスとセットのキャンペーン販売を行います。

波の形状はビールの香り、高さと幅は苦味とボディの強弱

横浜ビールは、横浜市の中では一番早い、1999年に創業したクラフトビールブルワリーです。今回、10年以上にわたって使い続けてきた定番ビール5種類のラベルを一新することを発表しました。

新しいラベルデザインは、それぞれのビールの味わいを、横浜のシンボルである港で見られる「波の形」、そしてビールから想起させる「イメージカラー」で表現しています。特に波の形は、ゆるやか/鋭い形状で「香り」の感覚を、波の高さで「苦味」の強弱を表すなど、ビールを飲む前からイメージできる工夫が凝らされています。

1)波の形状:香りを表現
鋭角な波の形状はホップの効いたシャープな香り/丸みを帯びた波は柔らかさを喚起させるふくよかな香り
例:ピルスナー/ヴァイツェン
2)波の高さ:苦味の強弱を表現
高波はホップの苦味が強め/穏やかな波はホップの苦味が弱め
例:横浜ラガー/アルト
3)波の幅:ボディの強さを表現
波幅が狭いものはしっかり目のボディ/波幅が広いほどボディが軽やか
例:ペールエール/ヴァイツェン


また、ラベルに記載されている「横浜」、そしてプロモーション画像に用いられているコピー「ヨコハマには横浜のビールがある」の書体には「濱明朝」(*)が採用されています。
*濱明朝:フォント制作会社「タイププロジェクト」が2017年にリリースした明朝体のフォント。都市のアイデンティティー形成に役立てようと2009年にスタートした「都市フォントプロジェクト」の一環で作成された。ほかには、名古屋の「金シャチフォント」、東京都の「東京シティフォント」を発表している。

構想1年半。「横浜ビールとはどんなビールか」に改めて向き合った

横浜ビールは昨年、「横浜ビール20周年記念企画」として「横浜ビールの20のやりたいこと」を発表していますが、その中で新しいボトルデザインについて言及していました。

2019年4月23日に発表された20周年記念企画に、新ラベルデザインが含まれていた。photo:松原順子(MJ)

今回のラベルデザインについて、同社のマーケティング・メディア部部長、横内勇人さんに詳細を伺いました。

──ラベルをリニューアルされたきっかけを教えてください。
横内:新ラベルの構想は1年半ほど前からです。旧ラベルは、横浜ビールで働くスタッフにとって「なぜこのラベルなのか」を理解したり、深く思い入れがあった、とは言い切れませんでした。20周年を機会に、改めて「横浜ビールとはどんなビールか」に向き合い、ひと目でわかるラベルに変えようと考えました。

──横浜ビールとして、どのようなコンセプトをもってデザイナーさんにご依頼されたのでしょうか。リニューアルの一番の狙いを教えてください。
横内:横浜ビールは、観光やギフトとしての需要もありますが、横浜の方にとって「地元横浜の、自分達のビール」として誇りにしてもらえるビールになることを目指しています。横浜出身の方が、横浜を想いながら友人や両親へ贈るビールでもあります。

たとえば「オリオンビール」は、沖縄を、沖縄の人たちを象徴するビールですよね。そんなクラフトビールになりたいという希望を、定番ビールのラベルに込めました。

──横内さんが、新ラベルで気に入っているところはどこですか?
横内:2つあります。1つは、濱明朝! 会議で皆の意見を押し切っても、この書体を何としても使いたかった! 濱明朝は、横浜のために7年の歳月をかけて制作された書体です。ですから、濱明朝を使うことそのものに意味があるんです。仕上がったデザインを見て、社内の皆はそのことを理解してくれました。

もうひとつは、波のデザイン。横浜は開港の土地であり、海や港が横浜のシンボルです。その波の形で、それぞれのビールの味を表現した点が、とても気に入っています。

横浜ビール新ラベル キャンペーン概要

7月1〜7日の1週間、横浜ビール直営レストラン「驛の食卓」で、定番ビール3種類とオリジナルグラスセットを特別価格で販売するキャンペーンを行います。
期間:2020年7月1日(水)〜7日(火)
概要: お好きな定番ビール3種類+オリジナルグラスセットを6本箱にて販売。
価格:2000円(税別)
場所:横浜ビール直営レストラン「驛(うまや)の食卓」
住所:横浜市中区住吉町6-68-1 横浜関内地所ビル1、2階

*****
JBJAでは、新型コロナウイルスにより苦境に立たされているビール業界を応援するプロジェクトを立ち上げました。近隣のブルワリー、店舗がありましたらご支援よろしくお願いします。

●《あのビアバー・ビアパブ」を救おう!》JBJA支援ページ
●【随時リスト更新中!】全国の通販可能ブルワリー&持帰り可能ビアパブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

ビールの美味しさや楽しみ方を伝えるビアアンバサダー/日本ビアジャーナリスト協会ファウンダー。2007年のビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』をはじめ、数多くのビールに関する本や雑誌の企画執筆、編集、構成を務める。 現在、ビールのペアリングに特化した著・監修書『ビールのペアリングがよくわかる本』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、監修したビアコミックエッセイ『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)が大好評発売中。ビアイベント主宰、ビール/ペアリング講座企画開催、テレビ番組企画協力も多数。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。