[イベント]2020.8.27

まもなく開幕!フレッシュホップフェスト2020が 9月1日(火)から始まります

FRESH HOP FESTFRESH HOP FEST2020

2015年から毎年秋に開催している「フレッシュホップフェスト(以下、FHF)」。2020年も9月1日(火)から11月30日(月)まで3ヶ月の日程で開催します。初日となる9月1日(火)には、オンラインでオープニングイベントを開催。今年の見どころをお伝えしたり、ホップ農家やブルワーと中継を結んで話を聞いたりします。

FHF2020オンラインフェスURLはこちら

フレッシュホップフェストとは?

2020年で6回目となるFHF。ご存じではない方もいらっしゃると思いますので説明します。

FHFは、日本産ホップ推進委員会(以下、日ホ推)が主催しているイベントです。日ホ推では、原料を栽培するホップ農家・ブルワリー・料飲店・飲み手に至るまで、日本産ホップに関わる人たちが繋がることで、日本ならではのビアカルチャーを創造していく活動をしています。

FHFウェブサイトには、参加しているホップ農家やブルワリー、料飲店の情報が掲載されている。【FHFウェブサイトより】

ここ数年はフレッシュホップビールが発売される9月から11月の3ヶ月間の日程で開催しています。3ヶ月と長い期間になっているのは、ホップの収穫時期が日本各地で異なり、フレッシュホップビールの仕込みを行う時期がバラバラになるからです。日ホ推が開催するイベントは、例年10月中旬に行っています。それ以外の時期はFHFに参加している日本全国の料飲店で繋がるフレッシュホップビールを味わい、楽しみます。

FHF2019参加料飲店などについてはこちら

日ホ推では、FHF以外にもホップ農家向けのホップサミット(春・秋/年2回)やブルワー向け勉強会ホップセミナー(年1~2回)開催しています。

2019年6月に行われたホップセミナー東日本の様子。

2019年のホップサミットの様子 

2019年のホップセミナーの様子 

2020年のホップサミットの様子 

新型コロナウイルスの影響で、2020年はオンライン開催

2019年は、初めて東京以外に大阪でも開催したFHF。2020年は、会場を増やして開催する計画もありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により対面でのイベント開催は見送りとなりました。その代わり、日本中の人たちと同じ時間を共有することができるオンラインで複数回開催することになりました。

OSAKA de FRESH HOP FEST.の様子。【画像提供/日ホ推】

オンラインイベント開催日

9月1日(火)19:00~21:00 FHFオンライン~開会式

10月17日(土)17:00~21:00 FHFオンライン~First Edition

10月31日(土)17:00〜21:00 FHFオンライン~Second Edition

11月15日(日)13:00~19:00 FHFオンライン~Third Edition

11月29日(日)11:00~17:00 FHFオンライン~Final Edition

※今後スケジュールは、変更になる可能性があります。詳しくはFHFウェブサイト、Facebookでご確認ください。

FHF2020オンラインフェスURLはこちら

初回は、初日となる9月1日(火)19時から。日本ビール検定1級合格者「ビールお姉さん」こと古賀麻里沙さんがMCを担当して、ホップ農家やブルワーたちにフレッシュホップについて聞いていくほか、バーチャルホップ摘み体験が予定されています。

古賀麻里沙Instagram (C)橋本千尋 / 旅色

2回目以降は、「学ぶ」を中心にホップを通じて日本中のビール好きと繋がります

第2回のFirst Editionはホップについて。第3回のSecond Editionはフレッシュホップビールにフォーカスした内容を配信する予定です。

さらに11月開催予定のThird EditionとFinal Editionでは「フレッシュホップビールを体感する」をテーマに、参加者と一緒に「学ぶ・味わう・語らう」内容を予定しています。

2020年のFHFは、飲むだけではなく、学んで、語り合う時間を一緒に共有できるコンテンツを準備しています。

フレッシュホップビールは、9月の上旬ごろから発売を予定しているブルワリーもあるようです。2020年は53のブルワリーが参加を予定しています(2020年8月24日現在。醸造免許申請中も含む)。2019年も様々なフレッシュホップビールが登場しましたので、2020年も期待が高まります。

これまでは東京や大阪に行かないと対面で分かち合えなかったFHF。2020年は、実際に会って感想を伝えあうことはできませんが、オンラインで複数回開催されるので、色々な地域の方々と繋がる楽しさを体感してください。

オフラインでは、「ふるさと飲もうぜい!」を開催

オンラインでは、全5回のイベントを予定しているFHFですが、例年通りフレッシュホップビールを繋ぐビアバーやビアパブも応援します。その名も「ふるさと飲もうぜい!」。

新型コロナウイルスの感染拡大により大きな損害を受けている料飲店。現在も感染が広まらないよう消毒を徹底的にして、席を間引き、時間を短くして営業をしています。

この企画は、「生まれたふるさと」「育ったふるさと」「住んでふるさとになった地域」などあなたにとってのふるさとでフレッシュホップビールを飲むことでお店を支援するものです。

ふるさと飲もうぜい!参加料飲店はこちらから確認することができる。【FHFウェブサイトより】

テイクアウトを実施している料飲店であれば、グラウラーなどに詰めて自宅で楽しむこともお店の応援になります(※)。お近くにフレッシュホップビールが繋がっている料飲店がありましたら購入してみてください。

※テイクアウトを実施しているかは、各店舗にお問い合わせください。

いつもと違った形での開催となるFHF2020。オンラインという形が多くなりますが、日本で育てられ、収穫されたフレッシュホップを、一緒に祝い、飲んで、楽しんでいただきたいと思います。

FHF2020オンラインフェスURLはこちら

フレッシュホップフェスト2020

ウェブサイト

Facebook

Twitter

Instagram

ホップ農家・ブルワリー・料飲店の参加申し込みはこちらから

お問合せ・取材依頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

こぐねえ(木暮 亮)

ビアジャーナリスト/ビールイベントプランナー

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上(もう数え切れません)。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

音声配信アプリstand.fmで、ビアジャーナリストこぐねえのビールRADIOを配信中

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
<ラジオ>
●TBSラジオ「鈴木聖奈LIFE LAB~○○のおじ様たち~」
●JAPAN FM NETWORK系列「OH!HAPPY MORNING」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ(2019年2月11日号) ●DIME(2019年4月号)●GetNavi(2020年2月号) ●週刊朝日(2020年6月12日増大号)●食楽(2020 SUMMER No,116)
<Web>
SUUMOジャーナル ●みんなのランキング ●この秋新しい恋をスタートしたいあなたに贈る!ビール恋愛心理学 ●初心者にも!プロがおすすめする絶品クラフトビール&ビアグラス

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。