[イベント]2020.8.28

サッポロビールが9月5日にオンラインイベント「ソラチエース誕生祭」を開催―おうちにいながらオクトーバーフェスト気分―

SORACHI1984おうちオクトーバーフェストLIVEサッポロビール 株式会社ソラチエースソラチエース誕生祭ニッポニアブルックリン ソラチエースブルックリンブルワリー・ジャパン株式会社伝説のホップ常陸野ネストビール木内酒造合資会社

サッポロビール株式会社(以下、サッポロビールとする)は、北海道生まれで世界的な人気を博す伝説のホップ「ソラチエース」の誕生36周年を祝いオンラインイベントを開催します。

「おうちオクトーバーフェストLIVE ーソラチエースバースデーVer 2020ー」は、参加費は無料、面倒な事前登録も不要!イベント開始時間の17時に配信URLにアクセスするとどなたでも参加が可能です。

今年のソラチエース誕生祭はLIVE感がすごい!

「ソラチエース 」は、 1984年にサッポロビールが北海道空知郡上富良野で開発したホップで、ヒノキやレモングラスを思わせる心安らぐ香りが特徴です。36周年を迎える「ソラチエース誕生祭」は、三部構成で行われます。

第一部は、「ソラチエース」のスペシャルトークショー

サッポロビールSORACHI1984ブリューングデザイナーの新井健司氏が、伝説のホップ「ソラチエース」が誕生した経緯や海外での評判について紹介します。

サッポロビール SORACHI1984 ブリューングデザイナーの新井健司氏(写真提供:木暮BJ)

また「ソラチエース」のホップを使用したビールを醸造している2社がスペシャルゲストとして登壇。キリンビール社が運営するブルックリンブルワリー・ジャパン株式会社 代表取締役の山田精二氏と木内酒造合資会社 ビール醸造部 醸造課 課長の谷幸治氏です。

サッポロビールとキリンビールが合同でイベントを行うのは今年で2回目。昨年はソラチエースの誕生35周年を共に祝いました。本年はさらに常陸野ネストビールでお馴染みの木内酒造合資会社も参加。3社がソラチエースのホップにまつわる様々なストーリーを語ります。

昨年のプレス発表会の様子。ブルックリンブルワリージャパン尹惠楨氏(左)と新井健司氏(右)(写真提供:サッポロビール)

質問タイムの時間があるので、ソラチエースのことはもちろん、「海外で人気のホップは?」や「自社以外のビールでどこが好き?」、「ビールにまつわる失敗談は?」など質問をご準備ください。

第二部は、アルプス音楽団による「おうちオクトーバーフェストLIVE ーソラチエースバースデーVer 2020ー」

アルプス音楽団がオクトーバーフェスト定番ソングを演奏して盛り上げてくれます。今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、ビアフェスに行けなかったという人も多いはず。この時間は、好きなビールを飲んでお庭で、ベランダで、涼しいお部屋で楽しいひとときを過ごしましょう。

素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくれるアルプス音楽団の皆さん(写真提供:サッポロビール)

第三部は、19時8分4秒に参加者全員でソラチエースの誕生を祝って乾杯

19時8分4秒は、ソラチエースが品種登録された 1984年にちなんでいます。「乾杯するビールがない!」ということを避けるために、いつもより1本多めにストックしておくといいかも。

SORACHI 1984の4缶パック(写真提供:サッポロビール)

 

おうちオクトーバーフェストLIVEを楽しむための3つの事前準備

①飲み物の準備

お好きなビールをお好きなだけ冷蔵庫にストック。翌日は日曜日ですが、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!

第一部のトークショーでは、各社がソラチエースを使った自社のビールを紹介。実際に味わいながら説明を聞くとさらに理解が深まります。

ビールは3種類。サッポロビールの「SORACHI1984」、ブルックリンブルワリー・ジャパンの「ブルックリン ソラチエース」、常陸野ネストビールの「NIPPONIA(ニッポニア)」です。

ブルックリン ソラチエース(左)SORACHI 1984(右)(写真提供:サッポロビール)

常陸野ネストビール ニッポニア(写真提供:木内酒造合資会社)

上記のビールを店頭やウェブサイトで購入した人は、SNSで「●●店で#SORACHI1984を見つけたよ!」など、情報発信もお忘れなく。
宝探しの感覚で3種類の「ソラチエース」のビールを見つけ出してください。

②小道具の準備

ソラチエースのホップの香りを楽しむために、ビールを注ぐためのグラスを準備しましょう。本場ドイツのオクトーバーフェストでは、マスジョッキ(1リットルサイズのジョッキのこと)でビールを味わいます。ジョッキ片手に、乾杯の歌(Ein Prosit)を歌えば、ドイツのミュンヘンにいる気分に。

マスジョッキ(写真提供:ビアバーブーシェル 丸山あゆみさん)

現地では民族衣装を着て参加する人も。気分を盛り上げるために、南ドイツの民族衣装ディアンドル(女性用)やレダーホーゼ(男性用)を着たり、浴衣を着たり、思い切ってコスプレしたりしてみてはいかがでしょうか?
自撮りしてSNSで「#ソラチエースおうちオクトーバーフェスト」と発信し、みんなを驚かせましょう!

(左)内田昌行さん明美さん夫妻の民族衣装はミュンヘンで購入したもの(右)ビアバーブーシェルの丸山富仁さんのレダーホーゼも素敵(写真提供:ビアバーブーシェル 丸山あゆみさん)

③ペアリング(料理)の準備

ソラチエースは、苦みが強くかんきつ類やハーブのレモングラスのような個性的な香りが特徴です。
新井健司氏に「SORACHI1984」に合うオススメのペアリングを聞いたところ、
「マンゴーやクリームチーズがオススメです。あとは今の旬だと、カンパチ、スズキなどのお刺身(わさび入り)ですね。そしてもちろん、ジンギスカン。北海道×肉は間違いない!」
とのこと。
ソラチエースに合うオリジナルのペアリングを考えて、こちらもSNSで「#ソラチエースペアリング」と紹介してください。

「ソラチエース誕生祭」では、ビールの原材料である「ホップ」に焦点を当てて、ビールの新しい楽しみ方を提案しています。ビール通のみならず、ビールに詳しくない人も気軽に参加して、飲んで笑って歌ってコロナを吹き飛ばしましょう!

◆「SORACHI1984」開発ストーリー◆

ホップの主な生産地はアメリカとドイツで、「ソラチエース」はサッポロビールが開発した数少ない国産ホップの一つ。

1984年に発見された当時は、独特の香りが日本では受け入れられず渡米することに。

2002年にワシントン州ヤキマ地方でホップ農場を営むダレン・ガメシュ氏によってソラチエースが発見され、各地のブルワリーに紹介されます。

ソラチエースの可能性を見出したダレン・ガメシュ氏(左)と新井健司氏(右)(写真提供:サッポロビール)

2008年ニューヨーク市ブルックリン区にある「ブルックリンブルワリー」ブルーマスターのギャレット・オリバー氏の目(鼻)に留まり、「ブルックリン ソラチエース」が誕生。その後、ギャレット氏が来日した際に、常陸野ネストビールに同ホップを紹介し「NIPPONIA(ニッポニア)」が生まれます。

2014年、新井健司氏がドイツにビール留学した際に、自社で開発されたソラチエースの存在を偶然知ることに。新井氏は海外でメジャーなのに日本では無名だった同ホップを使用したビールを造りたいと様々な人を説得します。そして35年の時を経て昨年「SORACHI1984」を発売しました。

 

【オンラインイベントについて】
1.イベント名:「おうちオクトーバーフェスト LIVE -ソラチエースバースデーVer 2020-」
2.実施日時:9 月 5 日 17:00~19:30 頃
3.内容
・サッポロビール株式会社、キリンビール株式会社、木内酒造合資会社 3 社でのトークショー
「サッポロ SORACHI1984」「ブルックリン ソラチエース」「常陸野ネストビール NIPPONIA(ニッポニア)」の商品紹介
・アルプス音楽団によるオクトーバーフェスト定番ソングの演奏
・19 時 8 分 4 秒に参加者全員で乾杯
4.参加方法:イベント実施時間に配信URLにアクセスいただくと、どなたでも参加いただけます。事前登録は不要です。
5.配信URL:YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=rBtmB4lCa2k&feature=youtu.be
6.参加費:無料

【商品概要】
1.商品名:サッポロ SORACHI1984
2.品目:ビール
3.発売日・地域:2020 年 4 月 14 日・全国
4.パッケージ・価格:350ml 缶・250 円(参考小売価格※税抜)
5.原材料名:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ ※ソラチエースホップ 100%使用 (米国産使用、上富良野産一部使用)
6.アルコール分:5.5%
7.商品特長:
・エールビール
・ヒノキやレモングラスを思わせる心安らぐ香り
・飲んだ後、口の中にふわっと広がる旨味
8.HP:https://www.sapporobeer.jp/sorachi1984/

*こちらも合わせてご覧ください。
国産ソラチエース生産量拡大には、サッポロビール流国産ホップ農家活性化計画があった
「国産ソラチエース100%使用」という夢への第一歩 ~上富良野町でソラチエースの苗の植え付け体験
日本産ホップのプライドをみせるビールへ。「SORACHI1984」リニューアルインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

HOP SAIJO

この記事を書いたひと

HOP SAIJO

ビアジャーナリスト

大阪府出身 千葉在住
ビールが大好きで、飲みに行っても永遠にビールを飲み続け、ついたあだ名が「Hop Saijo」
ビールと旅をこよなく愛し、ビールのためならどこへでも。昨年はドイツ、ベルギー、台湾にビールを飲みに行く。今年は国内を中心に美味しいビールを求めてどこまでも!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。