[コラム]2020.11.8

猫は肝臓でアルコールを分解できません! 「吾輩」の酔い加減を読み解く

ブックレビュー吾輩は猫である夏目漱石書評

夏目漱石の小説『吾輩は猫である』(1905~1906年発表)。冒頭の2文は、あまりにも有名ですね。

吾輩は猫である。名前はまだない。

また、物語の最後、「吾輩」(主人公の猫)が飲み残しのビールを飲んで酔っ払い、誤って水がめに転落して亡くなるシーンも、ビアラバーにとっては酒場でのちょっとしたウンチクのネタだったりします。(*1)

(*1) 関連記事:「ビールのネタ帳(4)下戸で猫を死なせてしまった夏目漱石」

表紙イメージ(画像引用元:岩波書店webサイト

 

猫にアルコールは厳禁!

さて、この最後のシーンでの「吾輩」の酔い加減は、どの程度だったのでしょうか。

まず強調しておきたいのは、猫にアルコールは厳禁だということです。
猫の肝臓にはアルコールを分解する酵素がありません。(*2) このため、摂取したアルコールは、体内に長時間とどまり続け、中枢神経に影響を及ぼしてしまうのです。

(*2) ベネッセコーポレーション「ねこのきもちWEB MAGAZINE」より「【獣医師が解説】猫にアルコールが絶対NGの理由は、猫と人の肝臓の違い」

 

はたして血中アルコール濃度は

アルコールが毒だなんて、そんなことはつゆ知らず、「吾輩」はビールを飲んでしまいます。

コップが盆の上に三つ並んで、その二つに茶色の水が半分ほどたまっている。
(中略)
吾輩は我慢に我慢を重ねて、漸く一杯のビールを飲み干した時、妙な現象が起った。始めは舌がぴりぴりして、口中が外部から圧迫されるように苦しかったのが、飲むに従って漸く楽になって、一杯目を片付ける時分には別段骨も折れなくなった。もう大丈夫と二杯目は難なく遣付けた。ついでに盆の上にこぼれたのも拭うが如く腹内に収めた。

飲んだ量はコップ2個にそれぞれ半分ずつ、つまりコップ1杯分。180mLくらいでしょうか。
2歳のオス猫である「吾輩」の体重を4kgと仮定すれば、このビールの量は、人間(体重60kg)に換算すれば2.7L相当、つまり、ビール中びん5~6本分。これだけ飲めば、確かに酩酊しますね。血中アルコール濃度は0.16~0.30%、千鳥足になったり吐き気を催したりするレベルです。(*3)
そして「吾輩」は、千鳥足の状態で歩き回るうち、誤って水がめに転落し、死んでしまったわけです。

お酒の席での失敗にも大小いろいろありますが、命を失ってしまっては本当に取り返しがつきません。皆さんは、くれぐれも安全第一で、節度ある飲み方を心がけてくださいね。

(*3) 参考:公益社団法人アルコール健康医学協会「飲酒の基礎知識」

 

ラストシーンだけにこだわらず、ぜひ通読を

ところで、この物語のラスト5文、「吾輩」が水死するところを読んでみてください。

吾輩は死ぬ。死んでこの太平を得る。太平は死ななければ得られぬ。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。

もともと堅苦しい文体で書かれているとはいえ、酔っ払いの大失敗にしてはずいぶんと芝居がかりすぎな、そして達観しすぎな言い回しだと思いませんか?

実は、この小説の随所で、近代文明に対する痛烈な批判が展開されています。
そして最終話(第11話)の前半では、近未来の文明下における生と死に関する、苦沙弥先生(『吾輩』の飼い主)の論説が繰り広げられます。

死ぬことは苦しい。しかし死ぬことができなければなお苦しい。神経衰弱の国民には生きている事が死よりも甚しき苦痛である。従って死を苦にする。死ぬのが厭だから苦にするのではない。どうして死ぬのが一番よかろうと心配するのである。

こういった流れを受けているからこそ、最後の1節は、上で引用したような達観した言葉になるのでしょう。
ラストシーンだけを聞いたときとは、ずいぶん印象が変わりますよね。

 

『吾輩は猫である』。造語も多く、独特の文体ですので読むのには少々骨が折れる一冊ですが、ぜひ、秋の夜長に、ビール片手に全11話を通読してみてください。

 

<書籍概要>
『吾輩は猫である』
著者:夏目 漱石
発売日:1990年4月16日
価格:本体700円+税
判型・ページ数:文庫判・564ページ
出版社:岩波書店
Amazon商品ページ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

大橋万紀(おおはしまき)

この記事を書いたひと

大橋万紀(おおはしまき)

ビアジャーナリスト

1982年大阪市生まれ、神戸市在住。関西のビールシーンを盛り上げるべく活動中。
大阪府立大学大学院修了、博士(工学)。専門は有機化学。
キリンビールが2007年に実施した、歴史的ビール復元プロジェクトの「復元ビール味覚評価会」にたまたま参加。ビールの奥深さ・幅広さに圧倒され、ビール好きとしての第一歩を踏み出す。
2012年、新婚旅行で訪れたドイツ・ミュンヘンのビアガーデンで飲んだビールの爽快さに感激。以降、ビール愛にあふれた生活が始まる。
目下の悩みの種は、自宅の冷蔵庫がビールで占有されていっていること。レアなビールを開栓するきっかけと勇気、そして一緒に味わってくれる仲間を募集中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。