[ブルワー,新商品情報]2020.11.7

【予約受付中】今年もボジョレー解禁日11/19(木)にサンクトガーレンから 天使と悪魔の「麦のワイン」限定発売!

elDiabloUnangelサンクトガーレンバーレイワイン麦のワイン

ビール好きの間ではすでに毎年の祭りのようになっているサンクトガーレンの麦のワインの解禁が近づいています。今年は11月19日。ボジョレーヌーヴォーと同時に解禁となります。今年は各 6000 本限定です。

今年も解禁 “麦のワイン”2 種類

ワイン並アルコールを持ち長期熟成可能なビール【麦のワイン】。毎年購入して自宅でじっくりと熟成させる楽しみ。特別な時間を彩ってくれる特別な飲み物は、美しい紫色と乳白色のボトルの中でじっくりと瓶内発酵し、その際に生まれる炭酸はじわじわとビールに溶け込み、柔らかく心地よい泡となって飲み手を癒してくれます。

【麦のワイン】が生まれたわけ

毎年ボジョレー・ヌーボーの解禁は酒業界にとって大きなイベントです。普段はワインを扱っていないビアバー(ビール専門バー)でもこの時期だけは例外的にボジョレー・ヌーボーがメニューに登場していました。そんな状況に疑問を感じたサンクトガーレンが、「ビアバーならではのボジョレー解禁日の楽しみを」とこのビールを発売したのが 2006 年。徐々に「ビールファンならボジョレー解禁日は麦のワインで」が定着し、ビアバーでの解禁イベントが行われるようになっています。(※今年はコロナ禍によりイベント開催は見送るお店が殆どです)

ビールなのにワイン?

麦のワインは 19 世紀に寒冷でブドウ栽培が出来なかったイギリスが、フランスワインの人気に対抗して造ったビールと言われています。“ワイン”と名に付くようにビールでありながらワインのような高アルコールを持ち、ワインのように年単位での長期熟成が可能です。
当時は大麦麦芽を主原料とした“バーレイワイン(Barley Wine)” 1 種類でしたが、1980 年代にアメリカで小麦麦芽を主原料にした“ウィートワイン(Wheat Wine)”が誕生しました。
サンクトガーレンのバーレイワインel Diablo は2006 年に発売。2012 年よりウィートワインUn angelが追加されました。両ビールともに原材料は通常ビールと同じ麦芽、ホップ、水、ビール酵母のみ。それを膨大な量使用し、極限までアルコールを高めます。麦芽は通常の約 3 倍使用。さらに麦汁の濃度の高い部分だけを使い、非常に濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴です。特にウィートワインの主原料である小麦は大麦よりもタンパク質が多いため、液の粘度が強くなり、より“とろみ”を感じます。

今年はレシピをリニューアル

【1】麦芽を10%増量し、より濃密な飲み口へ麦芽

バーレイワインel Diablo 2020、ウィートワインUn angel 2020ともにアルコール度数を10%に抑えたまま、麦芽の使用量を10%増量しました。 通常、麦芽量とアルコール度数は比例しますが、麦芽の糖分をアルコールではなく、飲み口の甘さとして残しました。
麦の旨味が凝縮したこってり濃密な飲み口は、すっと喉を流れていく通常のビールとは一線を画すインパクトです。 特にタンパク質の多い小麦麦芽をメインで使用しているウィートワインのほうでその傾向が顕著です。

【2】バーレイワインのホップを15%増量し、柑橘フレーバーをより強調ホップ

ホップはビールに苦味、フレーバー、アロマをもたらす主原料です。 近年、苦味を抑えながらもホップのフレーバーやアロマを強烈に主張させたビールが好まれる傾向があります。
今回バーレイワインel Diablo 2020は柑橘フレーバーをメインとするホップ品種(チヌーク、ナゲット、カスケード、センテニアル)を増量。
さらに、ホップの投入タイミングを醸造工程の後半に増やすことで、柑橘を思わせるアロマとフレーバーをより際立たせています。

シャンパンと同じ瓶内 2 次発酵製法

サンクトガーレンの麦のワインはシャンパンと同じ瓶内 2 次発酵製法で仕上げています。発酵の終了したビールから古いビール酵母を取り除き、新しいビール酵母と、糖分(麦汁)を添加して 1 本 1 本手作業で密封。栓を開ける瞬間まで発酵が続く、単なる酵母入りビールとは一線を画す、本当の生きているビールです。

麦のワインの瓶詰めに使うのはシンプルなガラスの管のみで機械は使いません

通常ビールは新鮮な出来たてのもののほうが喜ばれますが麦のワインは逆。ビールファンの間では古いほど価値が高いとされます。そのため多目に購入して熟成させ、前年のものと飲み比べを楽しんだり、結婚や出産の記念に購入しじっくり寝かせたあと節目の年に楽しむこともできるのです。

商品概要

【スタイル】 Barley Wine
バーレイワイン(大麦のワイン)
【商品名】 el Diablo 2020
エル ディアブロ 2020(悪魔)
【主原料】大麦麦芽 【容量】300ml
【アルコール度数】10%
【希望小売価格】1000 円(税別)
【スタイル】 Wheat Wine
ウィートワイン(小麦のワイン)
【商品名】 Un angel 2020
ウン アンヘル 2020(天使)
【主原料】小麦麦芽 【容量】300ml
【アルコール度数】10%
【希望小売価格】1000 円(税別)
【全写真提供:サンクトガーレン】

購入とより詳しい情報はサンクトガーレンの特設サイトでどうぞhttps://www.sanktgallenbrewery.com/barleywine/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

よしのたま

この記事を書いたひと

よしのたま

ビアジャーナリスト

1965年、南信州生まれ。峻険な南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かなリンゴ農家に育つ。1女1男の母。大学卒業後1年間、まだ東西に分裂していた時代に南ドイツに遊学し、各街々の地ワインにハマる。帰国後は、翻訳会社、雑誌編集、組紐製造など好奇心のままに仕事を転々とし今に至る。その好奇心はビールにも顕れ「好きなビールは?」と訊かれた際の返事が同じだったことがない。目下のところ友人のフォトグラファーが連載中のビアエッセイの影響で、アジアのビールに興味津々。趣味は着物だが、茶道や華道といった着物っぽいことには一切通じていないため、結局のところ着物を着てビールを呑みに行くというのが趣味になっている。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。