[ブルワー,新商品情報]2018.10.30

ビール界のボジョレーヌーボー サンクトガーレンの「麦のワイン」2種 11月15日解禁!

ウィートワインウン・アンヘルエル・ディアブロサンクトガーレンバーレイワインボジョレーヌーボー

ビールに愛された皆さまへ!
ある特定の飲み物、食べ物を口にすることで、季節を感じることってありますよね。
四季折々の果物や野菜、サンマ、栗、マツタケ…、キリン秋味、桃ヴァイツェンや各社のクリスマスエール…

そして、お酒の好きな人でもそうでない人も気になる、秋の新酒の解禁といえば、ボジョレーヌーボー。11月15日の0時からワインを開栓する様子は、テレビでも取り上げられるぐらいです。

われらがビール界では、もちろん!毎年のお楽しみにしている方も多いと思いますが、サンクトガーレンのディアブロとアンヘルは、皆さま一度は目にしたことがあるのでしょうか。そして、お店で飲んだり、あの素敵なボトルを買い求めた方も多いと思います。

そして今年も11月15日0時に解禁!楽しみですね。
なんとAmazonでご購入の方は、前日にお届けとのこと。日付が変わったら、すぐに楽しめますよ。詳しくは、下記の引用からサンクトガーレンさんのサイトでご確認くださいね。

画像提供:サンクトガーレン

ラベルも毎年微妙に変化し続けているので、今年はこんな色とデザインなんだ♪ と、毎年買い続ける楽しみもあります。もちろん、味わいも素晴らしい。エル・ディアブロ(バーレイワイン)とウン・アンヘル(ウィートワイン)の2種類を一緒に買い求めるのはもちろん、数本ずつ買って、ずっと大切に保管し続けている方も多いそうです!
私も2年ぐらい前のものから大切に保管しておりましたが、保管場所(一般家庭の冷蔵庫)に限界もあり、先日、『恋するクラフトビール』のTOAさんをJBJAChannelのゲストでお招きしたときに振る舞ってしまったので、「垂直飲み」(同じ銘柄の何年分かをまとめて味わう)に憧れつつも、かなわないですね。
でも、こんなおしゃれなボトルで、味わいも素晴らしいバーレイワイン、ウィートワインは、手土産やおもてなしにもぴったり。ぜひ、冬のプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

以下、引用内のバーレイワインのページには、とても丁寧に詳しく情報が掲載されています!

 

サンクトガーレンは今年も11月15日のボジョレーヌーボー解禁日に
ワイン並のアルコールを持ち、ワインのように熟成するビール「麦のワイン」2種類を発売します。
https://www.sanktgallenbrewery.com/barleywine/
もともとはボジョレー解禁直後にビアバーに立ち寄ったスタッフが
普段はワインなど置いていないビアバーに、その時だけワイン(ボジョレー)が置いてあったのを見て
「ボジョレー解禁日だってビールを飲んでほしい!」と、このビールをボジョレー解禁に
ぶつけて発売したのがはじまりました。2006年から発売し、今年で13年目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05002松原 順子

この記事を書いたひと

松原 順子(MJ)

ビアジャーナリスト/ライター

ビールと昆虫と、リコーダーと天然石が大好きです。JBJAではイベントサポートやBJAチューターも楽しんで取り組んでおります。人に寄り添う記事作成を心がけ、JBJA公式動画サイトJBJAchannelではMCを担当しております。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。