[ブルワー]2021.9.3

埼玉県加須市 加須麦酒のクラフトビールを味わおう!

加須市は埼玉県北部に位置し、こいのぼりの生産数日本一、米や小麦の生産も埼玉県内有数です。その小麦を用いた「加須うどん」が名物。市内に複数の工業団地があり、産業面でも活発な都市。その埼玉県加須市に「加須麦酒(かぞばくしゅ)」が2021年7月16日にオープンしました。

加須麦酒のクラフトビールを味わおう!

加須麦酒のブルワリー&タップルーム外観

加須麦酒は、東武伊勢崎線 加須駅から鴻巣免許センター行きバスで約10分、またはJR高崎線 鴻巣駅から加須車庫行バス約25分の騎西一丁目で下車し、徒歩で約6分の距離にあるブルワリー&タップルーム。閑静な住宅地の中にあり、門をくぐって広々とした芝生の先がブルワリーの入口です。

外観はダークブラウンの木目調を主とし、一部は白壁にブルワリーのロゴの組み合わせ。シンプルながら落ち着いたデザインの印象です。

広々とした芝生や庭を見ながらクラフトビールを味わえる外席

外席として2人掛けのテーブルが5つあり、10人が余裕をもって座れる広さです。芝生の隣は手入れの行き届いた小さな庭園になっており、とてもよい景色。天気の良い日は、外で気持ちよくビールを楽しめそうですね。

加須麦酒のタップルーム店内、手伝いをする松澤 宏幸さんの妻と子供たち(プレオープン時撮影)

店内に入るとアイボリー色の落ち着いた明るい壁、そして木製のカウンターと「加須麦酒」のロゴが目に入ります。木枠の中の白いタイル張りの壁面には6つのタップがあり、オリジナルのクラフトビールを提供。店内の席はカウンター2席、窓側カウンター2席の4席。さらにL字型のベンチシート4席の合計8席です。

美しい色合いのPANORAMA SAISON

7/2-4のプレオープン時にはKazo Sanftes Weizen(カゾ サンフテス ヴァイツェン)、PANORAMA SAISON(パノラマセゾン)、FIRST IPA(フィルスト アイピーエー)などをオリジナルのクラフトビールを提供。7/16のオープン時にはさらにBrown Porterを追加、今後も様々な液種を提供予定です。加須麦酒株式会社の代表&醸造長の松澤 宏幸さんは、「今後は尖ったビールをつくりたい。アメリカンのイメージのWest Coast IPAやHAZYなスタイルに挑戦していく」と語ります。ビールの名称には、松澤 宏幸さんが大好きなスキーに関する言葉を主として付けていくとのことです。

ビールの持ち帰り用ボトルも購入可能

オリジナルのクラフトビールは、グラウラーなどへのテイクアウトが出来ます。持ち帰り用ボトルをその場で購入して注いでもらうことも可能。家に持ち帰って味わうという楽しみ方も良いですね。

フード販売はスナックなど軽食のみですが、フード持ち込みは可能のため、好みの料理を持ち寄ってクラフトビールのペアリングを楽しむことができます。

※2021年9月3日現在、緊急事態宣言中はテイクアウト営業のみです。

加須麦酒開業までの経緯と今後について

強い意志でブルワリー開業を達成した松澤 宏幸さん

加須麦酒株式会社の代表&醸造長の松澤 宏幸さんは、けやきひろばビール祭りで味わったクラフトビールがきっかけで、ビールが大好きになりました。特に福島県のブルワリーのビールに心がひかれました。その後、「ビールが大好きなのでビール屋さん始めます」という強い意志を持ち、ブルワリー設立を決意。様々なブルワリーを訪問して勉強しつつ、福島県の南会津マウンテンブルーイング、栃木県の栃木マイクロブルワリー、三重県の伊勢角屋麦酒、東京都のRIOT BEER(ライオットビール)で修業を積みました。

ブルワリー&タップルームのために新築された建物

ビール醸造の修行をしつつ、埼玉県加須市でブルワリーを開く準備にも邁進し、2020年3月には法人「加須麦酒株式会社」を設立。ブルワリー&タップルームは、妻 ゆかりさんの実家の敷地内に建設しました。当初は築45年の趣ある建物を使用する予定でしたが、建物強度等の都合があり断念。そのため、建物はブルワリー用に新築したものです。専門家にて設計された建物はデザイン面だけでなく、小規模ブルワリーとしての機能性にも優れています。

ブルワリー入口より、左側にマッシュタンやボイルタン、右側に発酵タンクが設置されている

2021年3月に発酵タンクなど醸造設備を搬入。ブルワリースペースの入口から右側に200Lの発酵タンク4基とグリコールチラー(冷却水循環装置)が並び、左側中央部に250Lのホットリカー(貯湯タンク)、マッシュタン(糖化釜)&ロイター200L、ボイルタン(煮沸釜)&ワールプール200Lが設置されています。

広々としたプレハブ冷蔵庫

左側奥にあるプレハブ冷蔵庫は2坪あり、多数のケグ(樽)を保管可能。タップルームにビールを提供する空冷式サーバも兼ねています。他の設備として、ケグウォッシャーを備えており、ケグ(樽)洗浄の労力削減に貢献します。現在未使用ですがホップロケットもあり、今後の仕込みで活躍を期待されています。

立ち並ぶ発酵タンク4基

2021年5月1日に醸造免許を取得。複数液種のクラフトビールを仕込み、2021年7月2日~4日のプレオープン時には3液種をお披露目しました。近隣の方をはじめ、遠方からも来訪が多数あり、松澤 宏幸さんの人徳をうかがえます。そして、2021年7月16日に正式オープンを迎えました。オープン後も良い客入りのため7月で用意したビールが底をつき、しばらく休業していましたが、2021年9月3日からテイクアウト営業を再開。地元でとても人気のブルワリーとしてスタートをされた印象です。

今後は埼玉県で開催されるイベントなどに積極的に参加し、加須市という地域及び埼玉県のクラフトビールの普及に貢献していくとのことです。また、醸造の過程で発生した麦芽カスを近隣の学校などに提供し、農作物の肥料とすることも進めています。

地域に根差した活動を行う加須麦酒。是非、ブルワリー&タップルームを訪れ、オリジナルビールを味わってみてはいかがでしょうか。

※2021年9月3日現在、緊急事態宣言中はテイクアウト営業のみです。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■加須麦酒株式会社

住所:埼玉県加須市騎西362-1

営業時間:

金曜 16:00〜20:00

土曜 13:00〜18:00

日曜 13:00〜18:00

Instagram

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。

訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

kazobakushu加須麦酒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。