[新商品情報]2022.5.30

【インタビュー】溢れ出るビール愛…!大島由香里アナプロデュースのチェイサービール「SYLDRA」誕生秘話

ビールをこよなく愛するフリーアナウンサー大島由香里さんが、クラフトビールの定期配送サービス「オトモニ」とコラボし、自身初となるプロデュースビール「SYLDRA」を5月16日に発売しました。

大島由香里,SYLDRA

画像提供:オトモニ


ビールのコンセプトは「ビールとビールの間に飲むビール」。ハイアルコールのビールとビールの間に飲む、チェイサーのようなヘイジーセッションIPAです。

ビール愛がすごい!大島由香里アナ

とにかくビールが大好きな大島アナ。毎日のようにビールを楽しみ、自身のyoutubeチャンネル「大島由香里に乾杯 !」ではリアルな晩酌風景を配信しています。

ビールを飲む動画は数あれど、大島アナの飲みっぷりはずば抜けて魅力的。栓を抜き、グラスに注ぐときの熱い視線。ぐうっとビールを喉に流し込む際の嬉しそうな表情に、何度もその香りと味わいを噛みしめ、発するビールへの賛辞。とにかく大島アナのビールへの熱き想いと幸福感が全力で伝わってきて、見ていると胸が満たされるような気持ちになります。

そんな生粋のビアラバー、大島アナが全力で自身の飲みたいビールを考え、プロデュースしたのが「SYLDRA」。大島アナのビール愛がたっぷり詰まったビールなのです。

大島由香里,SYLDRA

画像提供:スターダストプロモーション


では「SYLDRA」はどのようにして生まれたのか、そこにどんな想いがあったのか…大島由香里アナのビールに対する想いから「SYLDRA」誕生物語まで、たっぷりとお話をお伺いしました!

クラフトビールと出会い、ビール単体で楽しむ喜びを知る

――まず最初に大島アナがビールを好きになったきっかけを教えてください

大島アナ:会社員になってから、取材終わりにスタッフさんなどと飲む機会が増えたのですが、ある暑い日の終わりに飲んだ一杯のビールがめちゃくちゃおいしかったんですね。それが一番最初にビールを好きになったきっかけです。

クラフトビールを好きになったきっかけは、コンビニで買ったよなよなエール。自分自身へのご褒美として買ったビールが衝撃的においしかったんです。ビールってこんなにも味や種類があるんだとびっくりしました。ビールはいままで喉ごしを楽しむものだと思っていましたが、この出会いでビール単体で楽しむ喜びを知りました。

そこからどんどんクラフトビールにハマっていき、2018年にビアテイスターを取得。勉強をし、ビールの歴史やスタイルの豊富さ、そして土地によってこんなにも味わいが異なるものなのだということを知り、さらにビールの世界にのめり込んでいきました。

――いままでどのくらいの種類のビールを飲みましたか?

大島アナ:オトモニさんのユーザーなのですが、オトモニさんから配送されたビールだけで130~140種類は飲んでいます。あとは自分で購入したり、出張先で飲んだりなどで200種類以上は飲んでいるかと思います。とにかく飲んでいる時間が幸せで!クラフトビールは「なんとなく飲む」のはもったいないので、1本1本大切に、しっかりと向き合って飲んでいます。

オトモニ

画像提供:オトモニ


――どんなビールがお好きですか?

大島アナ:ブラウンエールやアンバーエールといった、カラメル香強めでモルティな味わいのビールが好きです。これらのビールを飲んで「ビール単体で楽しむ」ということに目覚めたので、思い出深い味ですね。今回のセットの中には、わたしが好きなイケメンビール「常陸野ネストビール アンバーエール」を入れさせていただきました。

とにかく重めのビールが好きなので、仕事がなくて昼間から飲んでいい日にはスタウトなど色が濃いビールをずうっと飲んでいます(笑)以前友達と1泊2日で旅行をしたんですが、新幹線からずーっとビールを飲み続けました。でもさすがに2日目の昼になってきたらビールが重たくなってきて……そこでレモンサワーを飲んだら、生き返ったんですね。でもどうせリフレッシュするのであれば、レモンサワーじゃなくてビールでしたい。そう思った経験が今回のコンセプトを思いつく一つのきっかけとなっています。

――プロデュースの話がきたときはどう思いましたか?

大島アナ:単純にすごくうれしかったですし、びっくりしました!今年最初のビールはオトモニ2周年記念ビール「自画自讃」だったんですね。それがすっごく美味しかったしラベルが金で縁起が良さそうだったので、空ボトルに買ってきた破魔矢を挿して飾っていたんです。そうしたらオトモニさんからこのような企画のお話をいただいて、おまけにブルワリーは「自画自讃」を醸造したNOMCRAFT BREWINGさんに決まり…ご縁ってあるんだなと思いました!

オトモニ

画像提供:オトモニ

自身がいま一番飲みたいビールを。「SYLDRA」誕生まで

――「チェイサービール」というコンセプトが決まるまでのお話を聞かせてください

大島アナ:発売が夏と決まっていたので、実際にわたしが夏に飲みたいビールをまず考えました。すっごく暑い日に、ベランダで汗をかきながら飲むとか、ビールを流し込むと同時に汗が出るみたいなシチュエーションが好きなので、夏にゴクゴク飲めて水分補給できるようなビールがいいなと思いました。汗のベタベタや仕事のストレスを吹き飛ばせるような、飲むことでシャワーを浴びているような気分になれるビール…そんな風にイメージを膨らませていき、コンセプトを決めていきました。

――味わいはどのようにして決めていったのでしょうか?

大島アナ:いままでオトモニさんで配送されたビールの中で、これだったら永遠に飲めるなというビールが何本かあったんです。それらの味わいをベースに自分の中でイメージを固めていきました。甘い香りすぎず、でもビールの苦みもそんなに強く出ないドリンカビリティの高いビール。自分の中にあるイメージをオトモニさんにぶわーっと熱弁し、共有しました。そこから用意してもらった10種類以上の近いであろう味わいのビールたちをテイスティング。そうしてイメージしている味わいをお互いにすり合わせていったんです。

シルドラ,オトモニ

画像提供:オトモニ

味のイメージ共有って、言葉では伝えきれないじゃないですか。なので実際に味見をしながら、すごく慎重にすり合わせを行っていきました。

――実際に飲んだ感想はいかがでしたか?

大島アナ:うるっときてしまいました!瓶を開けた瞬間の香りが本当に素晴らしくて。ホップの爽やかな香りがうわっと出てきて、あぁこれは思っていた通りの香りだと感動しました。グラスに注いでみるとヘイジーな感じに明るいライトな色味が本当にかわいくて。そして実際に飲んでみたら、とにかく流れ込んできて、思い描いていた通りのチェイサーでした!(笑)
炭酸はそんなに強くはなく、いい感じにマイルドで度数も高くない。ホップのすごくいいアロマと、後味に少しだけ現れる苦味があるので、ホップの香りを楽しみながら水分補給できる感じです。キンキンに冷やしてもおいしいし、ちょっと温度あがってホップの香りが強くなってもおいしいだろうなと思います。是非皆さんに早く飲んでいただきたいです!

大島由香里,シルドラ

画像提供:スターダストプロモーション


――それは楽しみです!ところで大島アナは「SYLDRA」醸造元NOMCRAFT BREWINGさんに行かれたと伺いました。その時の感想を教えてください。

大島アナ:「SYLDRA」のレシピや醸造するタンクを見せていただいたり、「SYLDRA」に使用する原材料を見せていただきました。ホップの香りを嗅いだり、モルトを齧らせてもらったり……すっごくワクワクしました。なによりもブルワーの方々はもう本当に素晴らしくて!なにも包み隠さず、技術や背景を全部教えてくれるんですよ。わたしが思い浮かべていたものに対し「一緒においしいものを造ろう」と全力でレシピを作ってくださって。今回の件を通じ、「誰と造るのか」ってすごく大事なんだなと心から思いました。

ノムクラフト,シルドラ

画像提供:NOMCRAFT BREWING


絶対的な経験値と、新しいことやおもしろいことを取り入れていこうという気持ちの強いNOMCRAFT BREWINGさんとだからこそ、この「SYLDRA」は完成したと思っています。

――最後に飲み手へのメッセージがあればお願いします!

大島アナ:今回は6本セットなので、いろいろな飲み方ができると思います。チェイサーとしてのビールを皆さんがどう感じるか……正直期待と不安が入り混じっている感じではあります。

でもとにかくこのビールをゴクゴクと飲んでもらえたら嬉しいです!夏のいろいろなベタベタやストレスがあると思いますが、ぜひそれらを「SYLDRA」で洗い流してください。「SYLDRA」はわたしにとって、同志のような戦友のようなイメージのビールです。理想的な同志を頑張って造り出したので、それが皆さんにとっての日々の生活のパートナーになってくれればいいなと思っています。

シルドラ,SYLDRA

画像提供:オトモニ

フレッシュなシトラスアロマ溢れる、軽やかなセッションヘイジーIPA

この「SYLDRA」3本+大島アナのセレクトビール3本が入ったセットは、5月16日予約受付を開始しましたが、わずか数日で完売。完売後も問い合わせが続出していたといいます。

大島由香里,SYLDRA

画像提供:オトモニ


そして本日5月30日、このセットの本販売が数量限定で開始しました!

水分を補給するかのように、ゴクゴクと飲める「SYLDRA」。栓を抜き、グラスに注げばオレンジ、レモン、ハーブやマンゴーを思わせる、フレッシュなシトラス系アロマが一気に広がります。ボディは軽やかでドライ。アロマはしっかりと感じられるものの、すっきりゴクゴクと飲みたくなる味わいです。

大島アナの溢れんばかりのビール愛が詰まった「SYLDRA」。数量限定発売なので、ぜひ早めにチェックをしてみてくださいね。

■商品概要■
ビアスタイル:ヘイジーセッションIPA
アルコール度数:4.5%
原材料名 : 麦芽(カナダ製造)、オーツ麦、ホップ、カラギナン
製造者:NOMCRAFT BREWING

■ここで買える!「SYLDRA」■
https://otomoni.beer/campaign/syldra
セット内容
「SYLDRA」×3本
常陸野ネストビール アンバーエール(アンバーエール)
KAMIYAMA BEER WOODLANDER(スタウト)
六甲ビール ROKKO BARLEY(バーレイワイン)

SYLDRAインタビューオトモニクラフトビールチェイサービールビールヘイジーセッションIPAルッぱらかなえ大島由香里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

ルッぱらかなえ(小林加苗)

ビアジャーナリスト

ビールに心臓を捧げよ!
お酒をこよなく愛する、さすらいのクラフトビールライター。
『クラフトビールは骨まで愛する』をモットーに活動中。
造り手の想いやビールが生まれた土壌をとことん調べ尽くし、存分に味わい、そして飲み終わった後はラベルや王冠をアクセサリーにしてコレクションしています。
記事執筆の他、ビール動画クリエイター、クラフトビール関連の小説執筆、クラフトビールサービスのSNS運用(twitter/インスタの中の人)も行っています。

趣味はキャンプ。ビールを美味しく飲むために、週末になると子どもたちと共にキャンプに出かけています。

■執筆歴■
日本文化の入口マガジン 和樂web
https://intojapanwaraku.com/author/beer-berry-kanae/
JAPANESE BEER ODYSSEY JBO GUIDE オトモニ
https://otomoni.beer/jbo/
キャンプと登山のアウトドアメディア .HYAKKEI
https://hyakkei.me/articles-author/rupparakanae/
お酒の失敗談をまとめたエッセイ お酒道中膝栗毛
https://note.com/papikoro/m/mf45db53b0fd1

■雑誌■
ビール王国

■instagram■
ビールラベルアート工作垢
https://www.instagram.com/beerkana_beerart/
ビアログ
https://www.instagram.com/kanaekobayashi1128/
クラフトビール×短編小説「ラべ物語」
https://www.instagram.com/beerlabel_story/

■メディア出演■
日刊ゲンダイ
ViVi web
レッツエンジョイ東京

過去執筆まとめ
https://beerbelly-kanae.com/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。