[新商品情報]2022.2.25

毎日飲みたいホップでポップなIPA!REVO BREWING初の缶ビール「ONE」2022年3月1日発売

『ビギナーは最初に飲むべき1本、 ギークは最後に行き着く1本』

目にした瞬間、ビール好きなら誰しもわくわくしてしまうようなコンセプトを持つクラフトビール「ONE」が2022年3月1日発売になります。

revobrewing,one

画像提供:REVO BREWING


醸造するのはREVO BREWING。「強い印象を残すビール造り」を醸造哲学とする横浜のブルワリーレストランが、自社の想いを詰め込み、全国へ向け初めてリリースするビールです。
revobrewing

画像提供:REVO BREWING


「ONE」の缶デザインはシンプルでありつつも、ポップで刺激的。その美しい缶の中に一体どのような味わいを閉じ込めているのか、ビギナーもギークも魅了するクラフトビールとはどのようなものなのか……どうにもこうにも気になって仕方がない「ONE」について、REVO BREWINGのヘッドブルワーである水沼 泰樹さん(以下水沼さん)にお話をお伺いしました。
revobrewing,one

画像提供:REVO BREWING

飲み手の「スペシャル」であり「身近な存在」になるIPA

ーー今回初の缶ビールとのことですが、「ONE」を醸造しようと思ったきっかけを教えてください

水沼さん:わたしたちは飲食店併設型のブルワリーレストランなのですが、コロナ禍により先の見えない状況になってしまいました。そこでご自宅で楽しんでいただけるようにと瓶や缶などの醸造をすることに決めました。

ーー『ビギナーは最初に飲むべき1本、 ギークは最後に行き着く1本』というコンセプトがとても印象的なのですが、「ONE」とは一体どのようなビールなのでしょうか?

水沼さん:トロピカルで柑橘の香り豊かなwest coast IPAです。初めてのIPAを飲む方には「最高の味と出会ってしまった」というトキメキを、ギークの方には「確かな満足感と毎日飲めるお手頃さ」をご提供できる1本だと思います。

revobrewing,one

画像提供:REVO BREWING


ーー「ONE」を醸造する上でこだわっている点があれば教えてください

水沼さん:わたしたちがビールを造っている横浜は、西洋文化、中華街、未来的なウォーターフロントなど実に多種多様なカルチャーの混ざった場所。それらをある種のフレーバーだと考え、香り高いIPAとして表現しました。

写真提供:photo AC


そのために「ONE」ではホップの使い方にこだわっています。初期工程での多段階的なホップ投入に加え、煮沸後半に大量のホップを多段階的に投入するホップホップバースティングを行い、ホップの香りや苦みを引き出しています。そしてさらに綿密な温度管理の下ドライホッピングを行い、タンジェリン、トロピカルフルーツにライムのような強烈かつ気品あるアロマとシャープな苦味を生み出しています。
revobrewing

画像提供:REVO BREWING


ーーすごいこだわりの下、手間ひまをかけて醸造しているのですね……!

水沼さん:そうですね。でも同時に「ONE」は手に取りやすい、という点にもこだわっています。ある程度の製造過程を信頼のおける外部メーカーさんに委託することで「今日も1本!」と毎日楽しんでもらえるような価格帯でのご提供しております。

ーー「ONE」が完成するまでに苦労した点などありますか?

水沼さん:そうですね……特に苦労や辛かったことはないですね(笑)

ブルワリーレストランであるわたしたちの強みはお客さんとの距離の近さなので、造ったビールの反応をすぐに知ることができ、それを日々研究に活かすことができます。開業以来、いろいろなIPAを造ることで重ねてきた研究結果を源として、自分たちが楽しいと思えることをやり、そしていままでお客さんからもらった嬉しい反応や言葉を「ONE」に込めたらこの味わいになりました。

revobrewing,one

画像提供:REVO BREWING


ーーREVO BREWINGの「いままで」がこの1本にぎゅっと詰まっているのですね!

水沼さん:そうですね。こうやって生まれた「ONE」が皆さんのいろいろな「ONE」になればいいなと思っています。

ーーでは最後にこの缶デザインに込めた想いがあれば教えてください。

水沼さん:この1というポーズには様々な意味が込められています。わたしたちの「第1作目」としての1。お酒は人と人をつなぐ飲み物なので、「この指とまれ」のポーズ。そしてこのビールを通じて素敵な「ひと」時を過ごしてほしいという想い。こういったものを込めて造り上げました。

revobrewing

画像提供:REVO BREWING


「ONE」は見た目にも味にも本当にこだわっています。口をつけた瞬間に感じる驚き、そして日々の疲れを癒してくれるような味わい。多くの方に「ONE」を味わっていただければと思っています。

日々に満足感とトキメキを!毎日飲みたい「ONE」

REVO BREWINGのこだわりが詰まった「ONE」は3月1日発売開始です!

■商品概要はこちら■
スタイル:West Coast Style IPA
アルコール度:7.0%
ホップ:Simcoe、Citra、Mosaic、Motueka
希望小売価格:363円(税抜き)

■購入できる場所■
公式ネットショップ、一部専門店ほか。公式SNS等で随時公開。
一般用ECサイト:https://revobrewing.shop/(3/1 12:00~ OPEN予定)
業務用ECサイト:https://revobrewing.biz/

クラフトビール定期便「オトモニ」3月19日配送回にてお届け(申し込み期間2月21日~3月6日)オトモニHP

REVO BREWING HP
ONE専用インスタアカウント

Craftbeerrevobrewingクラフトビールビール横浜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

ルッぱらかなえ(小林加苗)

ビアジャーナリスト

ビールに心臓を捧げよ!
お酒をこよなく愛する、さすらいのクラフトビールライター。
『クラフトビールは骨まで愛する』をモットーに活動中。
造り手の想いやビールが生まれた土壌をとことん調べ尽くし、存分に味わい、そして飲み終わった後はラベルや王冠をアクセサリーにしてコレクションしています。
記事執筆の他、ビール動画クリエイター、クラフトビール関連の小説執筆、クラフトビールサービスのSNS運用(twitter/インスタの中の人)も行っています。

趣味はキャンプ。ビールを美味しく飲むために、週末になると子どもたちと共にキャンプに出かけています。

■執筆歴■
日本文化の入口マガジン 和樂web
https://intojapanwaraku.com/author/beer-berry-kanae/
JAPANESE BEER ODYSSEY JBO GUIDE オトモニ
https://otomoni.beer/jbo/
キャンプと登山のアウトドアメディア .HYAKKEI
https://hyakkei.me/articles-author/rupparakanae/
お酒の失敗談をまとめたエッセイ お酒道中膝栗毛
https://note.com/papikoro/m/mf45db53b0fd1

■雑誌■
ビール王国

■instagram■
ビールラベルアート工作垢
https://www.instagram.com/beerkana_beerart/
ビアログ
https://www.instagram.com/kanaekobayashi1128/
クラフトビール×短編小説「ラべ物語」
https://www.instagram.com/beerlabel_story/

■メディア出演■
日刊ゲンダイ
ViVi web
レッツエンジョイ東京

過去執筆まとめ
https://beerbelly-kanae.com/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。