[ビアバー]2022.6.7

恵比寿に量も注ぎ方も自分で選べる酒屋さんが誕生【飲める!買える!酒屋さんを巡って9店目 TAP&TUMBLER編】

2022年5月28日、下北沢の「TAP & GLOWLER」、渋谷の「TAP & CLOWLER」に続く3店舗目「TAP&TUMBLER(以下、TUMBLER)」が東京・恵比寿にオープンしました。

今回は新しいビールスポット「TUMBLER」の魅力をお伝えします。

最大15種類のビールを自分で注いで飲める

「このお店のコンセプトは『自分でやっていただく』です」

お店に入って目に入るのが客席側にある15TAPのビールサーバー。このお店、最大のポイントがセルフサービングです。

「TUMBLER」の店内。画面の左側には缶ビールが入った冷蔵庫があり、店内で飲んだり(抜栓料300円)、テイクアウトしたりできる。

自分の好きなビールを自分の好きな量だけ注いで飲むことができる。日本ではまだ珍しい形態のお店ということで、実際に利用した方の反応を代表の金井圭司さんに聞いてみると、「オープンから数日たちましたが(取材日は5月31日)、お客様同士が『どうやって注ぐの?』とか『泡が多くなっちゃった』など楽しんでいる姿を多く目にしました」。目新しいシステムのため、戸惑いながらも自分でサービングをする経験を喜んでいる光景がみられたと話します。

「TUMBLER」最大の特徴がセルフサービング。ラインナップは国内のブルワリーが中心。ビールの情報は、「Untappd」と連携してサーバーの上のタッチパネルを触れると確認できるようになる予定だ。

確かにビアパブや居酒屋などビールサーバーを取り扱う飲食店で勤務経験がある人でないとサービングを経験する機会がないと思います。

「上手に注ぐことができるのか?」と不安になる方もいるかもしれません。確かにビールは種類によって泡の立ち方が違うのでコツが必要なところはあります。ポイントは、できるだけ衝撃を抑えてビールを注ぐことです。最初はグラスをできるだけ傾けて注ぎ口とグラスを近づけて衝撃を抑えるようにして注いでみてください。「TUMBLER」のビールサーバーは、泡付け機能があるので、泡は最後に付けることができます。

もちろん、お店ではスタッフさんが操作方法を教えてくれます。わからないことは聞いて楽しい時間を過ごしてください。

新しいものを取り入れてお客様に楽しんでもらえる場所を提供したかった

「TUMBLER」は、下北沢、渋谷のお店と同じく量り売りを取り入れています。今回、セルフサービングを導入した理由は何だったのでしょうか。

「3店舗目を考えたとき、これまでと同じ形態では面白くないと思っていました。量り売りという私たちの形を保ちつつ、新しいものを取り入れてお客様に喜んでほしいとアイデアを探してたどり着いたのがセルフサービングでした」

自分たちの強みである量り売りを生かしながら新しい楽しみを提供できる形が「TUMBLER」の形だったと言います。

入店するとグラスとサービングに必要なカードが渡される。カードには注いだビールの量が記録されていくので無くさないように注意しよう。来店者は同じデザインのカードを利用するので、テーブルに置いておくと誤って使用される可能性もある。しっかり管理しよう。

しかし、オープンまでは順調ではなかったと金井さん。

「まず、物件がなかなか決まりませんでした。当初は、中野や新橋を考えていました。しかし、条件やコンセプトが合う物件が見つかりませんでした。恵比寿エリアも色々みましたが、自分が思い描く物件に出会えませんでした」と場所が決まるまでに約8か月かかったと言います。

その他にもコロナ禍のため、輸入品のサーバーシステムの取り扱い指導に技術者が来日できずオンラインで対応することになったり、海外からの物流が滞り部品がなかったりとオープンまで苦労が多かったと振り返ります。

インタビューに答える金井さん。

グラウラーだけではなくマイグラスの持ち込みもOK

今までの店舗とは異なる楽しみ方ができる「TUMBLER」。他にはどんな楽しみ方があるのでしょうか。

「グラウラーでの量り売りもご自身でやれますし、自分の好きなグラスを持ち込んで飲んでもらうのもOKです。自分のお気に入りのグラスで楽しんでください。他には、ブレンドビールを楽しむのも良いと思います。ヴァイツェンとスタウトのハーフ&ハーフとか自分オリジナルをつくってみてください」

自分で好きな量を注ぐ量り売りスタイルだからできるブレンドビール。これは想定していなかったので驚きました。取材後、実際にIPAとポーターをブレンドして、筆者が好きなブラックIPAをつくってみました。この時は、グラスいっぱいに1:1の割合で注いでみましたが、はじめは少量で試してみて味を確認しながらブレンドする比率や量を調整すると良いと思います。普段、なかなかできない体験なので、ブレンドビールは試してみると面白いです。

オリジナルグラウラーの販売もしている。

「とにかく気軽に使って楽しんでほしいですね。店内は無料Wi-Fiがつながっているので動画を観ながら飲むのも良いですし、仕事終わりにサクッと飲んで帰るのも良いです。フードは持ち込み自由なので近くのお店でテイクアウトして、ペアリングを試すのも楽しいと思います」

「チャージ料はいただいていません」。とにかくもっとクラフトビールが身近な存在になれば良いと金井さん。

気になるビールのテイスティングで利用するのもOKです。特に色々なビールにチャレンジしてみたいという人は1oz(約30ml)から試すことができるのでお勧めです。少量から試すことができるので、クラフトビールに関心を持っている人と一緒に楽しむのに適したお店ではないでしょうか。

店内ではスナック菓子の販売もしている。

「TUMBLER」は、JR恵比寿駅東口から徒歩3分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅1番出口から徒歩5分と来店しやすい場所にあります。色々な種類のビールを試してみたい方や実験的な飲み方をしてみたい方、ぜひ体験してみてください。

Special Thanks くまざわななこ

★TAP&TUMBLERではスタッフを募集しています。下のバナーをクリックすると募集ページに移ります。

ビアQ

TAP&TUMBLER Data

住所:東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビル1F

電話:03-6456-3235

営業時間:15:00〜24:00

Instagram

TAP & TUMBLER飲める!買える!酒屋さんを巡って
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

こぐねえ(木暮 亮)

ビールコンシェルジュ/ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは4000種類以上(もう数え切れません)。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

●音声配信アプリstand.fmで、ビールに恋するRadioを配信中
PodcastSpotifyでも聞けます。

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
●テレビ神奈川「News Link」
<ラジオ>
●TBSラジオ「鈴木聖奈LIFE LAB~○○のおじ様たち~」
●JAPAN FM NETWORK系列「OH!HAPPY MORNING」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ(2019年2月11日号、2020年12月28日号、2022年12月12日号) ●DIME(2019年4月号)●GetNavi(2020年2月号) ●週刊朝日(2020年6月12日増大号)●食楽(2020 SUMMER No,116)●週刊大衆(2021年4月19日号、2021年7月12日号、2022年6月20日号)●BRUTUS(944号 2021年8月15日号)
<Web>
SUUMOジャーナル ●みんなのランキング ●この秋新しい恋をスタートしたいあなたに贈る!ビール恋愛心理学 ●初心者にも!プロがおすすめする絶品クラフトビール&ビアグラス
【講師出演】
厚木カルチャーセンター ビール入門講座

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。