[テイスティング]2014.5.2

『よなよなエールの香りの秘密に迫る』

よなよなエールドライ・ホッピングヤッホーブルーイング

~藤原ヒロユキのビアコラム~
『よなよなエールの香りの秘密に迫る』
≪よなよなエールは華やかな香りのビールである≫

『これが金賞でなかったら……』と感じた日

 私が初めてよなよなエールを飲んだのは、1998年のことだ。
 あるビア・フェスティバルでよなよなエールを一口飲んで「もしこれが金賞を取っていないとすれば、私はどうすればいいのか……」と感じたことを鮮明に覚えている。
 どういうことか? 説明が必要だろう。
私はこのビア・フェスティバルで行われたビア・コンペティションで審査員を務めていたが、その結果をまだ知らなかった。審査は銘柄を隠したテイスティングでおこなわれ、まだ“どのビールが金賞なのか”を知らなかったのだ。
 しかし、フェスティバル会場で飲んだよなよなエールは明らかに他のどのビールよりも“金賞に値するビール”だったのである。
 フェスティバル最終日に発表される金賞ビールが、もし“よなよなエール”でなかったら、私はどうすればいいのだろう……と感じた。というわけだ。
 
 そして、その受賞結果は。
私はホッと胸をなでおろした。よなよなエールは金賞だったのだ。そして、その年からよなよなエールは輝かしい受賞歴を重ね、今や日本を代表するエールビールとして広く一般に認識される存在となっている。

Pic_YN-002s8
●グラスに注ぐと華やかな香りがたちのぼるよなよなエール

『よなよなエールの故郷を訪ねてみた』 
 
 私がよなよなエールを“金賞に値するビールだ!”と感じた一番の理由はやはり香りだった。酵母の醸すフルーティーな香りやモルトのほのかな甘みはもちろん、ホップのアロマとフレーバーは頭抜けてNo.1だと思った。

私は、実際にその醸造工程を見るため、よなよなエールの故郷を訪ねてみた。

 よなよなエールが生まれる「ヤッホーブルーイング」の醸造所は長野県の佐久市にある。長野新幹線ならば、東京から1時間30分ほどで着く佐久平駅が最寄り駅だ。
 醸造所で私を迎えてくれた醸造ユニットディレクターの森田正文さんが、醸造工程におけるホップの使い方を細かく説明してくれた。

「よなよなエールには、麦汁煮沸時の早い段階に苦味をつける為にパール、煮沸終了直前に香りをつける為にカスケードという品種のホップを加えており、その量の比率は1:5です」
いかに香りを大切にしているかがよくわかる。

DSC_3928
●よなよなエールとホップ(真空パックから出した直後のもの)

「さらに、熟成中にカスケード・ホップを熟成タンクに投入します。この手法は「ドライ・ホッピング」と呼ばれるテクニックで、一段と香りを際立たせることが出来るのです」
よなよなエールが爽やかに香る理由である。

DSC_3885
●巨大なタンクが並ぶヤッホーブルーイングの醸造所内

『贅沢&丁寧な作業こそ、華やかな香りの秘密』

 森田さんは、ヤッホーブルーイングならではの“香りを逃がさない工夫”を教えてくれた。
「アメリカのワシントン州で秋に収穫されたホップをすぐに乾燥し、真空パックにしたものを、冬のみ受け入れます」
収穫後に時間がたったものは使わないのである。非常に贅沢である。

さらに“香りが華やかに開く工夫”も教えてくれた。
「ホップを熟成タンクに入れる直前に、手で揉みほぐすんですよ」
ドライ・ホッピングの際、ホップの房の中にある香り成分がきっちりとビールに溶け込むようにするわけだ。もちろん、手作業で行う。非常に手間のかかる丁寧な仕事である。

DSC_3901
●真空パックの袋を開き、ホップを見せてくれる森田さん

DSC_3908
●このホップを手作業で揉みほぐして加える。

 この贅沢&丁寧こそ、よなよなエールが華やかな香りの素晴らしいビールとして仕上がる秘密だとわかった。

 よなよなエールのグラスを持ち上げると、華やかな香りが鼻腔をくすぐってくる。ひとくち口に含むと柑橘系の果実を思わせるフレーバーがフワァッと広がる。これぞ、ドライ・ホッピングのなせる業である。
 実に素晴らしい。
 私はこの香りを楽しみたくて、よなよなエールのグラスを何杯も空にしてしまうのだ。

www.yohobrewing.com

お問い合わせ (株)ヤッホーブルーイング 0267-66-1211 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。