[テイスティング]2014.5.10

バイエルン王家末裔のケーニッヒ・ルードヴィッヒ「ヴァイスビア」―ビアレポート(94)

ドイツヴァイスビア

歴史好きな私です。

以前にも書いたような気もしますが、歴史上の事柄や人物がいろいろなところでつながっていたり、因果関係があったり、ということを知ると、非常に歴史が面白くなってきます。ただ、中世ヨーロッパの歴史は複雑過ぎるので、あまり深入りすると苦しくなってくるかもしれません。

さて、今回はドイツのケーニッヒ・ルードヴィッヒ「ヴァイスビア」です。

Konig Ludwig Weissbier

Konig Ludwig Weissbier

ラベルを見ても読み方からして分からなかったので、すぐバックラベルを確認。読み方が分かったところで、その下に書いてあるケーニッヒ・ルードヴィッヒについての文章を読んでみると、

 

ミュンヘンで開催される世界最大のオクトーバーフェストの起源はバイエルン王国・皇太子ルードヴィッヒの婚礼に伴う祭典でした。そのバイエルン王家の末裔が経営するのがケーニッヒ・ルードヴィッヒ王室ビール醸造所。

 

ということだそうです。と、「バイエルン王国」という単語でピンときました。ルードヴィッヒとは何者かを調べてみると、2代目のバイエルン国王で、その父親はマクシミリアン1世だそうです。以前、「イルルバッハー」を紹介した際にも出てきたマクシミリアン1世ですね(重ね重ね念をおしておきますが「ブルッグスゾット ブロンド」で出てきたマクシミリアン1世とはまた別の人物です)。

その王家はヴィッテルスバッハ家といい、その末裔が今でもビール醸造に関わっているということです。現在は、ルイトポルトという方が一族を継いでいるようですが、同姓同名やら複雑すぎて調べきれませんでした。なお、ラベルに描かれている紋章は、ヴィッテルスバッハ家のものです。

そんな歴史をつないでいる「ヴァイスビア」は、バナナのようなフルーティーなアロマがありながら、すっきりした後味で飲みやすい仕上がり。徐々に暖かくなってきたこの時期に最適です。

【BEER DATA】
ヴァイスビア
生産地:ドイツ
醸造所:ケーニッヒ・ルードヴィッヒ
スタイル:ヴァイス
アルコール度数:5.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。