[イベント]2014.9.22

「軽井沢高原ビール2014年秋限定」は大量のホップで造る「インディア・ペールエール」

インディア・ペールエールヤッホーブルーイング軽井沢高原ビール

ヤッホーブルーイングが9月下旬より『軽井沢高原ビール 2014年秋限定』を発売します。
この「秋限定ビール」は、軽井沢を訪れる方々に異なるビールのスタイルを提供するため、毎年期間限定で販売されるもので、今年は「インディア・ペールエール」スタイルです。

星野エリア「ハングリースポット」、軽井沢町内のスーパー、酒販店、お土産店で販売されます。

以下、インフォメーションです。

~軽井沢の秋の味覚に合わせて楽しみたい、香り多彩なビール~
軽井沢高原ビール 2014年秋限定 新発売

軽井沢高原ビール2014年秋限定 缶

株式会社ヤッホーブルーイングは、9月下旬より『軽井沢高原ビール 2014年秋限定』を発売いたします。今年は、複雑なアロマ(香り)とクリーンな苦味が特徴の、秋の味覚に合うエールビールです。星野エリア「ハングリースポット」、軽井沢町内のスーパー、酒販店、お土産店で販売いたします。

大量のホップで造る「インディア・ペールエール」 
 この秋限定ビールは、軽井沢を訪れる皆様に異なるビールのスタイルを提供するため、毎年期間限定で販売しております。今年の「軽井沢高原ビール2014年秋限定」は、18世紀に英国からインドまでビールを運ぶ際、赤道を通過する長旅でも品質を保てる様に、防腐効果があるホップを大量に加えたことで、偶然に誕生したビールと言われています。

複雑なアロマとクリーンな苦味 
 6種類ものホップを組み合わせ、シトラスやパイン(松)などを思わせるアロマが複雑に絡み合い、かつクリーンな苦味が特徴のビールに仕上げました。

商品概要
■ アルコール分 :7% ■ 原材料:麦芽、ホップ
■ 内容量 : 350ml   ■ 希望小売価格 : 315円(税抜)

軽井沢高原ビールについて
軽井沢を愛する気持ちから生まれた「軽井沢高原ビール」は、 “For the town”をコンセプトに、美しい軽井沢の姿を保持し、魅力を高めるための活動を支援しています。
 厳選した麦芽とホップ、浅間山系の水だけを原料とし、自然発泡を用いたこだわりの製法で造られたビールは、軽井沢の魅力を伝えるお土産として支持されております。

収益の一部を軽井沢を守る活動に寄付
 売上金の一部を軽井沢原生の豊かな自然を保護し再生する活動を行う「軽井沢ワイルドフォレスト」、軽井沢らしい歴史的景観や遺産を守る「軽井沢ナショナルトラスト」両ボランティア団体に寄付しています。

軽井沢周辺の農家を応援
 ビール醸造の過程で排出される麦芽の搾り粕を肥料として提供することで、軽井沢周辺地域の農業を応援しています。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 
アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。