[イベント]2015.7.7

最初のひと口の冷たいおいしさを何度でも。7/7(火) サッポロ「ー0℃」新発売!

−0℃サッポロビール氷点下

 サッポロビールの新ジャンル『−0℃(マイナスレイド)』が2015年7月7日(火)全国発売になる。
mainasureido350ml
「ビールは最初の1杯が最高!」「まずは、ビール!!でも、そのあとはすぐ他のお酒に変えちゃうかな〜?」……クラフトビールが人気の昨今とはいえ、居酒屋などを中心にこんな声もまだまだ多いのが現実。
サッポロビールが独自で行うアンケートでも上記のような意見が多く寄せられ、特に20代の若い世代に〝ビールは冷たいからおいしい〟という意見が約8割ほど占めるとのことだ。

 だったら、その〝冷たさ〟を何口めでも感じるようなビールをつくれば2杯目以降もビールを続けて楽しんでもらえるんじゃないだろうか?ということで生まれたのが、この「−0℃」。

 開発に約1年。ビールの醸造工程の発酵を、 通常は5℃ぐらいで行うが、それを-1℃~0℃の温度で低温発酵させることで、麦汁中の糖分がこれ迄以上に分解され、過去最高レベル(※)の超高発酵を実現。それによって実現したキレの良さが、何度口に含んでも冷たい喉ごしを体感することができる、そうだ。
(※同社比)

「ほんとかな〜?」「なんか実はミントとかがちょっぴり入っていて、スーっとするんじゃないの??」
原材料にはそんな副原料は表示されていないけれど、正直なことを言うと、私自身はそんな軽い疑いモードで初めて口にしてみた。
ー0℃グラス
 まずは冷えたグラスで、ひと口め。…… うん!おいしい!!麦芽のコクも充分感じられ、サッポロビールらしい旨味のあるおいしさ。…ん?なんとなく、いつもより喉ごしから食道にむけてヒンヤリするような……

 すこし時間をおいて、もうひと口。 …… たぶん最初より2℃ぐらいはビールの温度は上がっているはず。変わらずに麦芽の旨味を感じつつ、少し温まってきた時にたま感じるなんとなく緩んだような味わいは感じられず、特に最後の喉ごしのヒンヤリさも変わらず。……うん、冷たくておいしい!!

 これは何故? ということで、その秘密を探るべく、サッポロビール㈱ 新価値開発部第1新価値開発グループで、今回の商品開発を担当した沖井尊子さんに話を伺った。
沖井さん
「もちろん、クーリングフレーバーといったようなものは一切使っていません。麦芽をしっかりと使いつつ、これまでの当社の新ジャンルの中でも最高レベルの発酵を行うことで、味のキレの良さが生まれ、それが冷たさをいつまでも感じていただける要因なんです」
「ただ、発酵によるキレ感だけを追求してしまい、旨味がなくなってしまうのでは本末転倒になってしまうので、その麦芽の旨味を充分に感じつつ、キレの良さを実現できるバランスをとることに一番の重きをおきました」

 なるほど〜。そんな話を伺いながら、グラスを手で握り、さらに温度をあげてみて、そして、ゴクリ。
……うーん、それでもたしかに、何故だかヒンヤリした印象は変わらずあって、おいしい!!!

 最近は、さまざまな新商品を限定発売しながら、売れ行きをみて定番へと移行させる傾向が多かったという同社として、久々に発売当初から〝通年販売〟が決定しているそうだ。つまり、それだけでも充分にこの『−0℃』への〝自信〟が伺える。

「店頭で、お客様の目に留まり充分に冷たいイメージを感じていただくために、これまでにない黒ベースに氷もたっぷりと描いて、そこに大きく数字の−0℃をデザインしました。」 マイナス0℃。 …ん?よく考えると〝???〟なのだが、それだけ〝冷たいぞ!〟という自信があふれるデザインだ。

 私個人は、いったい何℃までこの冷たい喉ごしを感じ続けられるのか、今度試してみようかと。また、アサヒビールが6/16に発売した夏限定商品の“氷点下ろ過×氷点下貯蔵”そして“氷点下ホップ使用”『クリアアサヒ クリスタルクリア』も、ちょっと気になるところ。それぞれのメーカーらしいおいしさの表現の違いはもちろん、冷たさの〝氷点下〟対決は、どちらが好みかどうか……? 

 よかったら皆様も、この夏、いろんな実験飲み(?)も楽しんでみてはいかがだろうか。

以下、リリースです。

サッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ -0℃(マイナスレイド)」を2015年7月7日(火)に発売します。
 この商品は、氷点下の-0℃で熟成(注1)することで雑味を抑え、過去最高レベルの超高発酵(注2)によりシャープな喉ごしとキレを実現。キンキンに冷えたジョッキで飲んだ時のような、麦のうまみがありながらも、喉にスッと届いて消える、爽快でクリアな味わいを楽しめます。
 缶のデザインは、インパクトのある黒をベースとし、敷き詰められた氷上のジョッキから立ち上がる冷気をまとわせ、冷たいうまさを視覚的に表現。さらに、製法である氷点下熟成を表現する商品名「-0℃」を泡シズルと重ねることにより、新奇性が感じられる印象的なパッケージとしました。
 当社は、「サッポロ -0℃」が、たくさんのお客様の喉を潤し爽快な気分を楽しんでいただけることを期待しています。
(注1) -1℃~0℃の温度で熟成
(注2) 当社新ジャンル比

              記

■商品名:  サッポロ -0℃(マイナスレイド)
■パッケージ:  350ml缶・500ml缶
■品目:  リキュール(発泡性)①
■発売日・地域:  2015年7月7日(火)、全国
■原材料:  発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類)・スピリッツ(大麦)
■アルコール分:  5%
■中味特長:
氷点下の-0℃で熟成することで雑味を抑え、超高発酵によってシャープな喉ごしとキレを実現。
キンキンに冷えたジョッキで飲んだ時のような爽快でクリアな味わい。
■価格:  オープン価格
■販売計画:   120万ケース(大びん633ml×20本換算)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。