[ビアバー]2016.4.8

「ウルビアマン」が秋葉原UDX1階に本日(4月8日)オープン

ウルビアマンベルギービール秋葉原

本日4月8日(金)、ベルギーのデ・ドレ醸造所初の海外店舗「ウルビアマン」が秋葉原UDX1階にオープンします。

デ・ドレ醸造所(De Dolle Brouwers)は、ベルギーの西フランダース州にある家族経営の小さな醸造所。もともとは弁護士・医者・建築家の三兄弟が趣味でビール醸造を開始し、現在では「アラビア」「ウルビア」といった銘柄を醸造しています。建築家でもありデザインも学んでいたクリス氏が、醸造だけでなくラベルデザインも担当。店内には今後、彼の絵画も飾られる予定だそうです。なお、店名の「ウルビアマン」とは、醸造所に棲みついている酵母たちのこと。醸造所内のバー以外では世界で最初の同醸造所の店舗となります。

秋葉原駅前すぐの秋葉原UDX1階。テラス席も作られる予定

秋葉原駅前すぐの秋葉原UDX1階。テラス席も作られる予定

「ウルビアマン」で提供されるビールは、デ・ドレ醸造所だけでなく、直輸入ベルギービールを中心に樽が最大20種(オープン時は5種)。デ・ドレ醸造所の希少な限定醸造ビールも今後提供される予定です。

デ・ドレ醸造所の代表的な銘柄2種、「ウルビア」(左)と「アラビア」

デ・ドレ醸造所の代表的な銘柄2種、「ウルビア」(左)と「アラビア」

Rio Brewing & Co.の新作「初陣柚子ブロンド」も提供

Rio Brewing & Co.の新作「初陣柚子ブロンド」も提供

料理は門崎熟成肉やイベリコ豚などの肉料理を中心に、魚・野菜・ムール貝の料理も豊富。

「ウルビア」を使用した「ウルビアパテ」(550円・税抜)。系列店でもここだけで提供される一品

「ウルビア」を使用した「ウルビアパテ」(550円・税抜)。系列店でもここだけで提供される一品

「シェフ厳選のお任せお肉のグリル盛り合わせ3種」(3000円・税抜)。左から薩摩錦チキン、骨付きラム肉、とうきび牛

「シェフ厳選のお任せお肉のグリル盛り合わせ3種」(3000円・税抜)。左から薩摩錦チキン、骨付きラム肉、とうきび牛

秋葉原駅からも近くてアクセス至便。暖かくなってくるこれからの時期は、テラス席でベルギービールを飲むのもいいかもしれません。

ウルビアマン(Oerbier man)
営業時間:水〜土11〜24時(ラストオーダーは閉店30分前)、月・火・日・祝11〜23時(ラストオーダーは閉店30分前)
定休日:なし
電話:03-3526-2321

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。