[イベント]2016.4.18

G.Wは山手線内で最大級のイベントホールでビール祭りだぜ!

大江戸ビール祭り2016春東京クラフトビールマニア高田馬場

今年のG.Wのご予定は決まりましたか?

決まっていない方は4月にオープンしたばかりの大規模イベントホールで開催される大江戸ビール祭り2016春に足を運んでみてはいかがでしょうか?

バレーボールコートが4面相当の大会場!

今回の会場であるベルサール高田馬場の最大の特徴は山手線内最大級のイベントホールです。その大きさは2300㎡とバレーボールコートだと4面も取れる大きさです。

高田馬場駅を出てBIGBOX方面へ道なりに徒歩5分。4月にオープンしたばかりのベルサール高田馬場が今回の会場だ

高田馬場駅を出てBIGBOX方面へ道なりに徒歩5分。4月にオープンしたばかりのベルサール高田馬場が今回の会場だ

しかもホール内は柱がなく広々とした空間となっています。会場について実行委員会の1つである株式会社東京クラフトビールマニアのねるねる氏に訊ねると「天井もわりと高く、広さを感じる」とビールイベントこけら落としに期待感をもたれていました。

会場のイメージ図

会場のイメージ図

イベント初出店のブルワリーや現地系ブルワリーも出店!

今回、出店するブルワリーやインポーターの数は30以上です。その中にはイベント初出店のURAWA BREWややくらいビールのようにあまり都内では飲めないようなところもあります。もちろん、多くのイベントで人気の伊勢角屋麦酒や六甲ビール、都内のビアパブでも人気のうしとらブルワリーなどビールファンには馴染みのブルワリーも登場します。

しかし、大江戸ビール祭りは決して、ビールマニアのイベントではありません。ビールは好きだけどあまり飲めないという方やビール初心者向けに小さいサイズのビールやテイスティングセットなど多種多様な楽しみ方ができるようになっています。ですから、「クラフトビールってどんなもの?ちょっとだけ飲んでみたい」という方にもおススメのイベントです。

海外からの旅行者にもおススメのビール祭りだ!

大江戸ビール祭りといえば、様々なイベントも豊富です。前回のイベントではプロレスやマッサージなどがありました。今回はアイドルのライブやDJによるパフォーマンスがイベントを盛り上げます。

アイドル枠は虹のコキンスタドール、まねきケチャ、dropなどが出演予定です。ねるねる氏は「海外からの旅行者にもイベントを楽しんでほしい」と語っておりました。クラフトビールとクールジャパンを一度に体験できるイベントとしてもおススメなイベントです。G.Wに海外からご友人が来られる方はご一緒に日本を紹介する場として来場してみてはいかがでしょうか?

海外からの旅行者におススメイベントを聞かれたら勧めてあげよう!

海外からの旅行者におススメイベントを聞かれたら勧めてあげよう!

なお、イベントを一緒に盛り上げてくれるボランティアスタッフも募集しております。あなたの力でイベントをさらに盛り上げてみませんか。関心のある方は下記のお問い合わせまで。

 

◆大江戸ビール祭り2016

会場:ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保3-8-2)JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線高田馬場駅徒歩5分

日時:4/29(金)16~22時 4/30(土)~5/4(水)10~21時 5/5(木)10~20時 5/6(金)16~22時 5/7(土)10~21時 5/8(日)10~20時

入場料:無料

Homepage:http://oedo-beer-festival.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/oedo.beer.festival/

Twitter:https://twitter.com/oedobeerfest

 

●取材のお申し込み・お問い合わせ

大江戸ビール祭り実行委員会(株式会社東京クラフトビールマニア、住友不動産ベルサール株式会社)

E-mail:contact@oedo-beer-festival.jp

電話:090-7446-9227

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。