[イベント,ビアバー,ブルワー]2016.5.20

5/30(月)アオイブリューイング&希少ベルギービール、10タップテイクオーバーの夜!

Bourgondische HemelカフェレンベークベルギービールAOI Brewing

5月30日(月)、渋谷区道玄坂の「Beer Bistro In De Bourgondische Hemel」にて 10タップテイクオーバーのイベント 「末摘花の夜」が開催されます。

ブルゴンディセ ヘイメル

ブルゴンディセ ヘイメル

 

静岡のAOI Brewing 醸造責任者 高 浩一(たかこういち)さんと、名古屋のベルギービールインポーター、株式会社SNOWY代表取締役社長でありカフェレンベークのオーナー 中村 暢秀(なかむら のぶひで)さんをお招きするこのイベント。

ちなみに… 高さんは、「日本クラフトビール第1世代の方々」のお一人。木内酒造在籍中は常陸野ネストビールの醸造に携わり、そのビールは国内外のビアコンペティションで数多くの金賞を受賞した経歴の持ち主です。現在は静岡市初のクラフトビール醸造所「AOI Brewing」で味のこだわりを実現しています。どんな面白いお話しを伺えるのか、楽しみですね。 また中村さんが輸入するベルギービールは伝統を重んじながらも新しい味を求める気鋭のブリュワーが勢揃い!!今回はモルフェイス酵母を操る話題の「アルヴィンヌ醸造所」のサワーエールもボトルで販売されます。

■気になる10タップのラインナップはこちら。

アオイブリューイングさんはすべて非定番ビールというからすごい!

①ル・セティム・ボヤージュ  グローストック7周年記念エール。

②黒ココ  今は亡きスタウト・ポーターのスタイルで造ったココナッツを使った黒。

③清水はるみ  清水産はるみを使ったみかんエール。

④ベルジャンサブテルIPA  AOI Brewingの定番IPAとほぼ同じレシピで醸造していますが、今回は”トラピスト酵母”を使っています。

⑤Boy Meets Girl (Hemelがドラフト初登場!) 隠し味的にコリアンダーとナツメグをちょちょっと。

スノーウィーさんからは、Hemelでも初めてつながるものばかり!

⑥Gaspar(ガスパール)「アルヴィンヌ醸造所」 IBU120?!の苦みが特徴のビール。東方三賢者の名がつけられています。

⑦Wild West(ワイルドウェスト)「アルヴィンヌ醸造所」 同醸造所の黒いサワーエール「Ω(オメガ)」をボルドー樽で8か月熟成したタンニンと上品な甘味。

⑧Guldenspoor Quadrupel(グーデンスポール クアドルペル) 「グーデンスポール醸造所」 ドライフルーツやキャンディーシュガーのようなフルーティーな甘味とモルトの旨味、アルコールの調和が素晴らしい。

⑨Prearis Blond(プレアリスブロンド)「プレアリス ヴリエヘンデ・パールド・ブリュワーズ」 フルーティーで爽やかなブロンド。キレの良い飲み心地で、日本のビールが好きな人でもきっと気に入ります。

⑩Moose Blues(ムースブルース)「ヴェルゼット ブリュワーズヴェルゼット」 決められたレシピに反逆(ヴェルゼット)し自由な発想で醸造するファントム・ブリュワリー。ムースブルースはメープルシロップを使用した珍しいビール。洋酒につけたようなドライフルーツの風味とモルトの甘味も感じられます。

hemel4

 

また、「アルヴィンヌ醸造所」のボトルもこの日に向けてご用意。 (IBU「0」なんてビールがあります。気になるでしょう?) 東京初上陸のビールや、この日のために造っていただいたビールのお披露目含め、この「末摘花の夜」、見逃せませんね。

この日に向けて用意されたビールも!

この日に向けて用意されたビールも!

 

■「末摘花の夜」詳細はこちらをご覧ください。

■日時:2016年5月30日(月) 17:00~

■場所:Beer Bistro In De Bourgondische Hemel (ブルゴンディセ ヘイメル) 東京都渋谷区道玄坂2-16-8 坂本ビルB1  地下鉄「渋谷駅」より徒歩約5分

■参加費: 男性¥3,500、女性¥3,000 (生ビール飲み放題・2時間半) ※ボトルビール、フードは別料金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05003松下 奈津子

この記事を書いたひと

松下 奈津子

ビアジャーナリスト

アメリカンクラフトビールの素晴らしさに出会い、さらにビール熱がたかまる。もっとたくさんの方々に「ビールの魅力」を知ってもらえるよう日々奮闘中。恐竜とローリングストーンズも大好き。大阪、福岡そして最近関東圏に引越して、活動範囲もさらに広がる!
http://ameblo.jp/wattsjournal/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。