[イベント]2017.3.3

ヱビスビール飲みながらお酒の歴史のウラ話!? 4/8 (土) びあけん顧問端田晶さんTALK SHOW開催

ヱビスビール端田晶

柔らかい日差しに春の訪れを感じる季節となってきました!
さ〜て、今年の春は、どこで乾杯する?楽しい集まりに、ビールや日本酒などのちょっとした歴史おもしろ話があれば、酒宴はさらに盛り上がります。そんなネタ仕入れにもうってつけ?のトークイベントが、4/8(土)東京・神田駿河台のブックカフェ「ESPACE BIBLIO」で開催されます。
端田 晶
出演は、ヱビスビール館長で日本ビール検定(通称 びあけん)顧問の端田 晶氏。
泉のごとく溢れる知識と聞く人を引き込む話術、ビールの歴史を語らせたら右に出るものがいない端田氏は、日本全国の講演会などで活躍中です。

今回は、お酒の垣根を越え、戦後からオイルショック後までの酒類市場を俯瞰します。
話のテーマは……

「酔っ払いが増えたのは戦後」
「東西冷戦がアサヒとサッポロを分けた」
「発泡酒は戦後すぐも存在した」
「政府が粗悪な酒造りを指導した」
「自家製梅酒は違法だった」
「造れば売れる、と言われた日本酒の悲劇」
「税金で八倍になる酒」
「ウイスキーはモルトがすべてなのか」
「日本のワインは女権回復で始まった」
「石油ショックで救われた会社」
「焼酎ブームの光と影」
「酒は減っても酔いは減らない」

会場では、ヱビス生ビール300ml、または、ジュース、ウーロン茶のいずれかワンドリンク付き。
お酒のチャンポンは悪酔いの元と言われるけれど、清濁併せ呑む端田氏のふか〜い酒話のチャンポンなら、気持ち良く話に酔えること間違いなし!

【開催概要】

◯日 時:2017年4月8日(土) 15:00 〜 17:00 (14:30開場)
◯会 場:エスパス・ビブリオ
東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1
JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口から徒歩7分
◯参加費:1,500円(当日精算)※ヱビス生ビールまたはジュース、ウーロン茶などワンドリンク付き
◯予約制:電話またはメールにて受付(70名になり次第、締め切り)
◯予約(電話):03-6821-5703(火〜土 11:30〜20:00 / 日・月・祝 休)
◯予約(メール):info@espacebiblio.superstudio.co.jp
※メールの件名に「4/8 端田氏トーク希望」と記入の上、名前・電話番号・参加人数を連絡。追って届く返信メールで予約完了

イベントの最新情報はこちらをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。