[イベント]2017.10.14

ホップの収穫を祝おう!「フレッシュホップフェスト2017」10月14~15日、SVB東京にて開催!

スプリングバレーブルワリー東京フレッシュホップフェスト

本日10/14(土)~15(日)の2日間、代官山にあるスプリングバレーブルワリー東京(SVB東京)で、「フレッシュホップフェスト2017」のメインイベントが開催される。

「フレッシュホップフェスト」とは、国内のホップ畑をサポートし、採りたてのみずみずしい生ホップを使用したビールを造り、それを楽しむイベントだ。
9月22日からこちらの飲食店で提供が始まっているので、すでに飲まれた方もいらっしゃるかもしれない。

テーマは“Grow Brew Drink”
Grew:春から岩手県遠野市や京都府与謝野などでホップの生育が始まる
Brew:夏に収穫されたホップはすぐに醸造所に運ばれ醸造が始まる
Drink:秋にできたばかりのビールを飲む

ビール造りは畑から始まる。ホップは手から手へと繋がり、私たち消費者の元に届く。
栽培者、醸造者、飲食店、消費者。それらが一体になってホップの恵みに感謝するのがこのイベントの大切なテーマだ。
ビールは農作物であることを実感されることだろう。

8月の与謝野ホップ畑での収穫の様子。撮影:木暮亮

2017年は、趣旨に賛同した全国各地の31ブルワリーが国産フレッシュホップを使ってビールを醸造している。
フレッシュホップのビールからは、日本の風土から生まれたホップの個性と、採りたてのみずみずしい香味をダイレクトに感じ取ることができるだろう。

各地のグルメが楽しめるのもこのイベントならでは

今回のSVBでのイベントでは、35種類ものフレッシュホップビールと、醸造所のある町のご当地食材やグルメを一度に楽しむことができる。

また、ホップの収穫を360度の画面を通して疑似体験できるVRや、ホップ博士による講義、つい収集したくなるブルワリーカードなどのイベントも企画されている。

10月14日15日は、今年のホップ収穫に感謝し喜びを分かち合おう♪

ブルワリーカード。知っているビールだと嬉しさ倍増。コンプリートしたい

「フレッシュホップフェスト2017」 開催概要
【日時】
10月14日(土)11:00~22:00
10月15日(日)11:00~20:00

【会場】
スプリングバレーブルワリー東京
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内

【WEBページ】
https://svb-projects.jimdo.com/freshhopfest2017/

【チケット】
当日2,000円/前売1,800円
(1枚500円×4枚綴り・入場料無料)
※1枚でビール1杯/フード1皿と引き換えいただけます。
※事前予約は不要ですので、直接会場までお越しください。
※前売チケットは、スプリングバレーブルワリー東京にてお買い求めいただけます。

【主なイベント】
•全国31ブルワリーのフレッシュホップビールが集結!
•ブルワリーのある地域のご当地グルメも楽しめる
•ホップ畑のVR体験
•ホップ博士によるホップセミナー
•集めて楽しいブルワリーカード

【参加ブルワリー】
•OIRASE Brewery
•秋田あくらビール
•遠野麦酒ZUMONA
•いわて蔵ビール
•那須高原ビール
•妙高高原ビール
•常陸野ネストビール
•OH!LA!HO BEER
•ヤッホーブルーイング
•COEDOブルワリー
•ロコビア
•石川酒造株式会社
•Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen
•Outsider Brewing
•スプリングバレーブルワリー
•DevilCraft Tokyo Brewery
•松江ビアへるん
•横浜ビール
•横浜ベイブルーイング
•湘南ビール
•南横浜ビール研究所
•京都町家麦酒醸造所
•ベアードブルーイング
•KONISHIビール
•火の谷ビール工場
•伊勢角屋麦酒
•和歌山麦酒醸造所 三代目
•awa新町川ブリュワリー
•ブルーマスター
•MUNEMASA Palace Brewery
•宮崎ひでじビール

ホップ畑のVR体験中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。