[JBJA活動,イベント]2017.6.14

フレッシュホップフェスト2017 参加ブルワリー募集中

ホップはビールの魂だ。

そんなソウルフルなホップを駅伝の襷の如く「ホップ生産者」から「ビール醸造家」、さらに「ビアパブ」、「ビアファン」へとリレーし、ビールに関わるすべての人々が一体となる祭典!

それが「フレッシュホップフェスト2017」です。

今年で3年目を迎えるこのイベントは、
今秋9月14日〜10月15日までの日程で開催されます。

年々、栽培量が減少する国産ホップの魅力を少しでもビアファンの皆さまにお伝えできるよう、当会JBJAでは、今年もフレッシュホップフェスト2017を応援していきます。

現在、フレッシュホップフェスト2017公式サイトでは、今年採れたホップを使ってビールを醸造するブルワリー様を募集中です。⇒くわしくはコチラ

さらにフレッシュホップフェスト実行委員会では、2017年7月7日(金)に《ホップセミナー》が企画されております。

「ホップ概論」や「ホップの使用技術」など、これまであまり共有されてこなかった情報や知見をこの機会にぜひ学んでみてはいかがでしょうか。⇒くわしくはコチラ

ブリュワーの方々はもちろん、ホップ生産者の方々、ビアパブを経営する方々まで、ご興味のある方々は、ぜひフレッシュホップフェスト2017のサイトへアクセスして更新される情報にご注目ください。

 

FHF2017ホップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

JBJA事務局

JAPAN BEER JOURNALISTS ASSOCIATION

一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会は、2010年に設立されました。英語名を「JAPAN BEER JOURNALISTS ASSOCIATION」と表記し、その頭文字をとってJBJA〈ジャブジャ〉と呼んでいます。
JBJAは、ビールに対するオピニオンや情報を発信する者たちの協会です。
「ビールの造り手、供じ手」と「消費者」を繋ぐ「伝え手=ビールの応援団」になるべく、そしてビールを普遍的な文化にすべく、活動しています。
現在、ジャーナリズムの概念は多様化しており、文章だけでなく写真や動画、パフォーマンス、イベントの企画など多方面に広がっており、これらを私たちは網羅します。
「ビアジャーナリスト」という呼称は、JBJAが商標として登録しているものではなく、誰もが自由に使える呼称です。当会に参加している各人は自らの考え方を持っており自立しています。その責任は各ビアジャーナリスト本人に委ねられています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。