[イベント]2017.10.13

フルコンプ魂を刺激するイベントが今週末に!

10/1410/15SVBスプリングバレーブルワリーフレッシュホップフェスト代官山

 ごきげんよう!今はもう秋。収穫の秋。美味しいものがたくさんの秋。美味しいビールがいつもよりたくさん飲みたくなる秋…あ、それは一年中ですね。
収穫といえば国内産のホップが収穫されてビールになったものが先月から続々とリリースされています。しかも、通常は収穫してから数時間のうちに乾燥させてそのまま使ったり、ホップペレットに加工して使ったりしているものが、このシーズンだけの限定で摘みたての生ホップを使用したビールが飲めるのです。大地の神様、ビールの神様、ありがとー!(心の声)
代官山のスプリングバレーブルワリー東京では「フレッシュホップフェスト2017」というイベントが今週末行われます。日本各地から31ブルワリーが参加し、34種類のビール(スプリングバレーブルワリーさんは3銘柄)を飲み比べられるという実にフルコンプ魂を刺激するイベントです。それに先立ち、摘みたての生ホップを通常の2倍使用したビール「Hop Fest 2017」など8銘柄を飲んできました。

「Hop Fest 2017」 
使用されているのは「いぶき」という一番搾りなどでもおなじみの品種。柑橘っぽい香りや草のような香りが特徴的な品種です。これがまた草原に寝転んだときのような爽やかな草の香りが口の中を通り抜けます。舌の上に重厚感というほどではないものの、ボディの厚みを感じることが出来るところに飲みごたえを感じます。
「超特急2017 IBUKI」
そもそも何が超特急なのかというとホップを摘んだその日に仕込むからです。Hop Fest 2017に比べると苦みは柔らかく口の中でふんわりとホップが広がるように感じます。いぶきの息吹を感じつつ口の中で転がすと飲み込むのが惜しくなってきます。頭を空っぽにしてごくごくいきたいビールです。
「超特急2017 MURAKAMI SEVEN」
超特急2017 IBUKIのホップが違うもの。桃の香りやいちじくを感じます。ふんわりとした柔らかな苦みが優しく包み込んでくれるのでいつまでも飲んでいられそうです。飲んだ後には穏やかな気持ちになっているのを実感しました。
「フレッシュホップ 藤原ヒロユキスペシャル」
スタイルはIPAというだけあり、しっかりとした輪郭のある苦みです。ボディはIPAには珍しく濃色でモルティなのでバランスの取れた味わいです。三重産のサンマ寿司が提供されていたのですが、これのガリとの相性が抜群でした。モルトの甘みとガリの酸味、ホップの苦みが創り出す新たな美味しさ、とほくほくしていたら同行した友人が「りんご焼き バニラアイス添えにも合うよ。」と。試してみたらこれもナイスなペアリングでした。

「遠野の華」
遠野麦酒ZUMONAさんが遠野産IBUKIを使って作られたこのビールは麦茶のようなモルト由来の温もりを感じますが、あとから下に残る苦みがグラッシーで強めです。これがまた気持ちが良くておかわりしちゃいそうになります。
「セッションIPA IBUKIフレッシュホップ」
京都町屋麦酒醸造所が凍結粉砕にてフレッシュディップして世に出してきたこちらは爽やかな苦みと麦茶の風味が特徴的です。湯葉とズワイ蟹のグラタンをペアリングさせるのがおすすめです。このグラタン、蟹の風味が強くて没個性的なビールでは合わせにくい感じがしたのですが、こちらのビールでしたらばっちりでした。
「Dengerous le Saisons」
デビルクラフトさん初のセゾンアルコール度数7.7%とこのイベントの中で一番のハイアルコール。この他に比べるとアルコールを感じやすい苦みに覆いかぶさるようにしてみかんやレモンを思わせる柑橘系の香りがまた素敵です。
「軽井沢高原ビールFRESH HOP ALE 2017」
さすがヤッホーさん。ヤッホー味にきっちりと仕上がっているにもかかわらず、ホップを感じさせてくれます。モルト感のあるボディがしっかりとホップを支えている感じは「味わいの組体操」といったところでしょうか。
 今回8種類をご紹介しましたが、この週末10/14-15日には34種類のビールが勢ぞろいします。それぞれチケット1枚で280ml。34種類だと10リットル近いのでフルコンプは2日に分ける感じでしょうか。もう少し現実的なプランとしては140mlずつ4種類の飲み比べセット(チケット2枚)は半分なので1日でいけそうですね。※一人で、とは言っていません。ご自身の酒量とご相談のうえ、お楽しみください。
そして、もう一つフルコンプ魂を刺激するのがビールトレカの存在です。正式名称はクラフトビアカードというのですが、表は醸造所の内部だったりブルワーさんがラーメン屋の親父よろしく腕組みをしたり、タンクをかき混ぜていたりしている写真がついています。そして、裏には1バッチでどれぐらいの量が仕込めるのか、発酵タンク数、醸造所の所在地や概要といった内容が詰め込まれています。参加ブルワリーは31なのに?そうです。実はスプリングバレーブルワリーさんが3銘柄ということでスプリングバレーブルワリーさんは東京、横浜、京都の3枚が入っているのです。銀色の袋にはいっているため、何が当たるかわからないところが非常に憎らしい。製作が2017フレッシュホップフェスト実行委員会ということはこのイベントを逃すと二度と入手できない可能性が高いということにほかなりません。
仲間を募って両方のフルコンプを目指しますか?ひとりで頑張りますか?どちらにしても代官山で楽しい週末が過ごせそうですね。

ビールもフードもおいしい!
右に少し見えているのが例のカード

イベント名  フレッシュホップフェスト2017
日   時  10/14 11:00-22:00
       10/15 11:00-20:00
会   場  スプリングバレーブルワリー東京
チケット   当日2,000円/前売1,800円(1枚500円×4枚)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

川端 ジェーン

この記事を書いたひと

川端 ジェーン

ビアジャーナリスト

ベルギービールをこよなく愛しています。笑顔でビールを酌み交わせば世界平和は実現すると考えています。ビールが好きすぎてたまに他人と知人の境目がなくなってしまいます。ビールの美味しいお店で見ず知らずの人に話しかけていたら、それは私かもしれません。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。