[テイスティング,新商品情報]2017.6.15

Brewers Association Beer Style Guidelines 2017 Edition

米国ブルワーズアソシエーションから2017年版の
ビア・スタイル・ガイドラインが発表されました。

ビアスタイルガイドライン2017

今回も150以上のスタイルに分けられています。
メジャーではなくとも各国の特徴的なスタイルも網羅しています。
Ginjyo Beer or Sake-Yeast Beerなんてモノもあります。

そして今回大きく変わったところがあります。

「会長職を辞してからの僕は新しいビアスタイルガイドラインを作る事と
古くからのブルワーへのインタビューで忙しいんだよ」

と語っていたチャーリー・パパジアン前米国ブルワーズアソシエーション会長。
本当に大きく変わっていました。

2016年版まではそれぞれのビアスタイルガイドラインは文章で書かれていましたが、
今回から

透明性
モルト
ホップ
苦味
発酵による特徴
ボディ
とそれぞれ独立して箇条書きされています。
これによってスタイルを表すのに必要な情報は抜け落ちなくほぼすべて表せられ、
「文章中に表記されていない」事により経験で対応するしかなかった部分が減りました。
経験したこと、飲んだことのないスタイルでも理解できるようになってより多くのビアラバーにとって扱いやすくなります。
(もちろん経験するに勝ることはありません。)

もう一つ、
Additional Notes追記が記されているスタイルもあります。
例えば
Dutch-style Kuit,kuyt or koytと言うスタイルでは
Additional notesとして
This style of beer was popular in the Netherlands from 1400-1550
「このビールのスタイルは西暦1400年から1550年にかけてオランダで人気でした。」だそうです。
こんな追記の部分が世界的な薀蓄の最低ラインになると言うわけです。

状況により賛否があるビアスタイルではありますが、
世界的にはビアスタイルガイドラインは必要なモノと認められています。
全てのビアスタイルガイドラインを熟知する必要はありませんが、
自分の好きなスタイルを覚えると好みのビールとの出会いのチャンスは広がります。

上のリンクからは2016年以前のヴァージョンも入手出来ますので
違いや過去のスタイルもご覧になってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

カジ

この記事を書いたひと

カジ

ビアジャーナリスト

1965年愛知県大府市生まれ、現在世界一小さなビアパブを運営中。
ビールデ部所属
好きなモノは冷し中華です。
冷し中華で語ると2、3時間はしゃべれます。
例えば「冷し中華の一番大切なモノはなんですか?」と聞かれれば、
「それは錦糸玉子です。」と答えます。
ラーメン屋さんにとっても、中華屋さんにとっても錦糸玉子は、
冷し中華にしか使わない材料、
そして毎日一定数を事前に作り置きしなければならない材料です。
3~4か月間、毎日錦糸玉子を作る覚悟を決めた時、
彼らは「冷し中華始めました」と店先に高らかに宣言するのです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。