[新商品情報]2018.4.3

SVB京都限定品第3弾『京ゆずスパークリング』新発売です。

SVB京都スパークリング三浦太浩氏京都産塩麹水尾の柚子百花蜜限定ビール

SVB京都春の限定ビール『京ゆずスパークリング』が、3月30日(金)の19時から販売開始されました。樽開けイベントに参加し、ビールを味わいお話を伺ってきました。

まずはSVB京都のヘッドブルワー三浦氏からのビールの説明の後、お店にいらしていたお客様にも振る舞いビールが配られ、皆さんと一緒に乾杯!!

春の限定ビール『京ゆずスパークリング』は、3つの京都産の材料が特徴です。

ひとつ目は、柚子。柚子の里として知られる京都「水尾の柚子」を、皮ごと丸ごとしっかりと絞った果汁を贅沢に使用しています。

ふたつ目は、はちみつです。京都は福知山の野山に咲く様々な花からとれる「百花蜜」を使用。このはちみつの特徴は花の香り、濃厚な甘さ、後味の良さが特徴です。

みっつ目は、塩麹!!隠し味として京都は舞鶴の大阪屋の塩麹も使用しています。

さあ、飲んでみました。色は柚子の皮と同じく淡い黄色。グラスに立ち上る泡が大変美しく、見た目が華やかです。

「京ゆずスパークリング」アルコール度数は5%。写真はレギュラーサイズ(360ml)。5月くらいまでの限定ビールです。

 

グラスに口を近づけて口に含む前に、花の香りに包まれました。レンゲの花?花の香りでいっぱいです。ビールの味は柚子の上品で優しく爽やかな酸味、軽やかな発泡感。さらに隠し味の塩麹の効果なのかスッキリとした後味です。これならランチビールの後にショッピング、なんて時にもオススメです。

楽しそうに金曜日の夜を楽しまれていたお二人のお客様にビールの感想を聞いてみました。お二人ともこの4月から社会人。学生時代のバイト先が一緒の仲良しさんです。もともとビールは苦手だったとのことですが、SVB京都のビールを飲んでファンになったそうです。

寺本さんと森さん。快くインタビューに応じて頂き、ありがとうございます。「香りは甘いのですが、しっかりした酸味があって飲みやすく、でも後からしっかりビールの旨味も感じられます」。

私よりしっかりしたティスティングレポートでした。将来有望です。これからもビールをよろしくお願いします。たくさん乾杯してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

山口 協子

この記事を書いたひと

山口 協子

ビアジャーナリスト

2015年に京都醸造のビールに出会い、「こういうビールがあるんだ!」と衝撃を受ける。
以来、できたてビールを飲みに行くのが大好きになる。ビールがあまり好きではない人にも、クラフトビールのおいしさを知ってもらいたく、ビアジャーナリストに。
美味しいビールを飲みながらひとり静かに読書がしたいと思ってはいるが、トークが弾みすぎてなかなか実現しない。家飲み、料理、北アルプス登山、小笠原の海が大好きである。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。