[イベント]2018.6.13

「ちばクラフト青空ビアガーデン」開催。この夏、千葉のクラフトビールが大集合!

ちばビアガーデン千葉

この夏、千葉県八街(やちまた)にて「ちばクラフト青空ビアガーデン」が開催されます。千葉で初となる県内クラフトビールが大集合するイベントです。

ここ最近、千葉県にも様々なブルワリーができました。今回出店するブルワリーも、半分以上がこの一年ほどの間にできたブルワリーです。そんな県内のブルワリーが大集合するとのことで、是非とも飲んでみたいですね。

また、イベントにはビールのみならず、千葉産の美味しい食も大集合します。醸造家×料理人×生産者の3つの作り手がおりなす、千葉の美味しいマリアージュが楽しめるこのイベントは、「千産千消を通じて地域に住む人と人がつながり、生活がより楽しく、より豊かになること」を目指しているそうです。千葉県の地産地消で「千産千消」というのも面白いですね。

野菜・果物などを販売する「畑のマルシェ」や、子ども向け「食のワークショップ」、地元アーティストによる生演奏BGMなど、様々な角度から千葉を満喫できる企画があり、ビール以外にもいろいろ楽しめそうです。

会場となる八街駅は、東京から特急電車で約1時間で、千葉駅からは各駅停車で30分です。千葉県の真ん中に位置しているので、ついでに足を伸ばして県内観光を楽しむ、というのも良さそうです。
開催概要は以下の通りです。

ちばクラフト青空ビアガーデン

日時:
7月7・14・21・28日、8月4・11日、9月1・8日(全て土曜日)
11:00-17:00
場所:
JR八街駅北口屋外広場(雨天決行予定)
料金:
一部入場料金制 500円(ワンドリンクとおつまみ付き)/無料エリアあり

出店予定
クラフトビール:
安房麦酒(南房総市)、柏ビール (柏市)、木更津ソングバード(木更津市)、鋸南麦酒 (鋸南町)、光和ビール(白子町)、九十九里オーシャンビール(山武市)、銚子エール(銚子市)、ハーベストムーン(舞浜市)、幕張ブルワリー(千葉市)、むぎのいえ(習志野市)、ロコビア(佐倉市)(アイウエオ順:5月時点)
地産地消フード:
ケータリングサービスオットー (茂原)、ペッシェアズーロ(茂原)、ノーチェ(佐倉)、さかなや徳ちゃん(八街)、麦匠(八街)、虹の家(山武)、キレド(四街道)、高秀牧場(いすみ)、おきなや(八街)、結ごはん(山武)他 地酒・ワイン等有
バーテンダー:
古民家バーフルハウス(東金)
食材等:
佐々木農場、堀江ファーム、大高醤油、快晴食堂、サンバフォーム、三つ豆ファーム、花嶋農園、 古谷農園、みやもと山、かつのりな農園、ユタカ養鶏、フクヤ商店、生形商店、米田ファーム、中込農園、ベジワンダー、ふれ愛オーガニックファーム他

企画内容:
・クラフトビール ※生提供、蔵元・醸造家の出店等
・週替わり千産千消フードと出張シェフ等
・お土産セレクトショップ(特産品販売)
・畑のマルシェ(野菜・果物などの販売)
・食のワークショップ (子ども向け食育プログラム)
・BGM 演奏(生演奏・DJ)
・市内収穫体験(限定バス運行)

ウェブサイト:


Facebookページ
https://www.facebook.com/chibacraft/
問い合わせ先:
chibacraftbeergarden@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

08001小林 大祐

この記事を書いたひと

小林 大祐

ビアジャーナリスト

広く奥深いビールの世界に魅了され、夜な夜なビールを飲み歩いています。
味や香りの幅広さや種類の豊富さに加えて、人との繋がりができることもビールの魅力の一つです。
ビールの素晴らしさを少しでも多くの人に伝えていきたいと思います。夢は世界中のビールを巡る旅をすることです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。