[イベント]2018.11.22

旧奈良監獄で乾杯! 【奈良 赤レンガ FESTIVAL 11月23日(金)~25日(日)開催】

イベント、奈良、監獄、ビアフェス、

­  明日11月23日(金)より、奈良県奈良市において「奈良 赤レンガ FESTIVAL」が開催されます。同会場内で実施される【クラフトビールフェスティバル】では、地元奈良のブルワリーをはじめ、日本全国のクラフトビールを楽しむことができます。2017年3月まで、現役の監獄として使用されていた、建物でおこなわれる同イベント。そんな、特別な空間で提供されるビールについて、参加ブルワリーと共に紹介してまいります。

・木内酒造合資会社 常陸野ネストビール (茨城)
­   監獄ストロング麦酒 -ハイアルコールなボヘミアンラガー‐
・一般財団法人曽爾村観光振興公社  曽爾高原ビール(奈良)
­   へレス  -麦芽由来の風味が特徴の淡色ラガービール-
・鳴子温泉ブルワリー(宮城)
­   やまぶどうエール  -山ぶどう果汁入りフルーツエール-
・やくらいビール(宮城)
­   デュンケル  -麦芽由来の甘味が特徴の濃色エールビール-
・南都醸造 OKINAWA SANGO BEER (沖縄)
­    IPA  -ホップ由来の苦味が特徴の アメリカンIPA-
・上閉伊酒造株式会社  遠野麦酒ZUMONA(岩手)
­   遠野の華2018 -今年収穫したフレッシュホップを使用したウィートエール-
・コエドブルワリー(埼玉)
­   COEDO Alternative Core  -華やかなアロマが特徴のBrut IPA-
・黄桜株式会社(京都)
­   限定!ビアショコラ -チョコレート香とホップの苦味が特徴の濃色ビール-
・なら麦酒ならまち醸造所(奈良)
­   白-HAKU- - 酵母由来の香りが特徴のヴァイツエンスタイルのビール-

­  会場ではイベントのために限定醸造された「監獄ストロング麦酒」を筆頭に、今回紹介できなかった種類も含め、様々な味わいのビールを一度に楽しむことができます。数種類のビールを飲み比べる際のポイントとして  ・香り【IPA・フレッシュホップビール・チョコレートビール】 ・色の違い【淡色系ビール・濃色系ビール・フルーツエール】・苦味の違い【ボヘミアンラガー・IPA・ヴァイツェン】の組み合わせを意識すると、よりクラフトビールの多様性を感じることができるラインナップに思います。
-飲み比べ例-
ホップの香りに注目した飲み比べ「アメリカンIPA、フレッシュホップエール、Brut IPA」
色の違いに注目した飲み比べ「へレス、デュンケル、フルーツエール」

今週末は、思い思いの組み合わせでビールを楽しみながら「この3日間だけの特別な雰囲気」の中で乾杯してみてはいかがでしょうか。

【奈良 赤レンガ FESTIVAL】
11月23日(金) 13:00-17:00
11月24日(土) 10:00-17:00
11月25日(日) 10:00-17:00 各日とも最終入場時間16:00

会場:旧奈良監獄
住所:奈良県奈良市般若寺町18
入場料:一般1000円、小中高生500円(税込)
※入場、見学会参加には前売りチケットが必要です。
イベントの詳細については、公式HPよりご確認ください。

公式HP:http://former-nara-prison.com/festival/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

神山 タクロウ

この記事を書いたひと

神山 タクロウ

ビアジャーナリスト/ビアテイスター

ビールと東京ヴェルディに魅了されつづけるビアツーリスト。
平日はビアバー、週末はビア旅を満喫することがライフワーク。
現地で体験した「日本のクラフトビール文化」の魅力を紹介していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。