[ビアバー,ブルワー]2019.6.1

西川口「GROW BREW HOUSE」 人的交流の潤滑剤を作る”まちのビール醸造所”

CASK AND STILLGROW BREW HOUSEブルワリー西川口

2019年5月現在、3つのブルワリーが存在する埼玉県川口市。その1つ、西川口「GROW BREW HOUSE」には、人的交流の潤滑剤を作る”まちのビール醸造所”という思いがあります。待望の1stビールを2019年5月25日にリリース、ブルワリーの魅力と共にお伝えいたします。

GROW BREW HOUSE

「GROW BREW HOUSE」は、JR京浜東北線の西川口駅から徒歩約5分の距離。ブルワリーまで行く途中の道には、中華料理店やアジア料理店が多数並んでおり、異国情緒がある雰囲気です。ブルワリーのタップルーム入口には、なぜか「近藤材木店」の文字。この建物は、1959年創業した「近藤材木店」の事務所兼倉庫として、1978年に建てられました。材木店閉鎖後には、町会の倉庫として使われた時期もあります。西川口の歴史と共に歩んできた建物1階に「GROW BREW HOUSE」が入っており、内装などに当時の名残を残しています。

GROW BREW HOUSEのタップルーム入口、左のガラス戸には、近藤材木店の文字が残る

タップルーム

店内に入ると、広いカウンターが目に入ります。左手奥には6つのタップと空冷式サーバー、右手奥が調理場。カウンターの上には、当日繋がっている(提供される)ビールやフードを掲載。なお、西川口周辺のお店で買ったフードは持ち込み可能であり、街をフードコートと見立てた感じです。中華料理店が周辺に多いので、中華料理とビールのペアリングをたっぷり楽しめます。2018年12月15日プレオープン、2019年3月29日グランドオープン。

カウンター正面、上部の黒板に提供するビール情報を掲載、カウンター先は空冷式サーバーとキッチンスペース

ブルワリー

醸造スペースは、タップルームの右奥から入る扉の先にあります。醸造設備は発酵タンク400L 4基、マッシュタン(糖化釜) 200L、ボイルケトル(煮沸釜) 200L、プレートチラー(熱交換器・冷却装置)、麦芽粉砕機など、醸造の一通りの工程を行える設備です。また、厳格な温度管理を実現するため、冷却装置(グルコールチラー)、グリコールタンク1基とその制御盤を導入。大きなプレハブ冷蔵庫もあり、醸造したビールの保管や熟成も多数可能です。2019年3月20日醸造免許取得。

(左)発酵タンク3基、(右)グリコールタンクと発酵タンク1基

左奥より、ホットリカー(貯湯)用のドラム缶、ボイルケトル(煮沸釜)、マッシュタン(糖化釜)

ブルワリー開設への経緯、1Stビールリリースまで

オーナー「川本将人」氏と、創業以来の目標

「GROW BREW HOUSE」のオーナー「川本 将人」氏は、西川口駅近くのBAR「CASK AND STILL」(1997年創業)のオーナーでもあります。モルト・ウィスキーに魅せられ、かつてスコットランドを旅行。そこで、PUBの面白さ、居心地の良さに心奪われ、西川口駅近くにBAR「CASK AND STILL」をオープン。英国風PUBをモデルとし、人が集う交流の場として、地元に愛されながら営業を続けています。1997年創業以来の目標の1つとして、ブルワリーを近くに作ることがありました。その背景には、将来に向けて、さらに広く多く人が集い交流する場を作りたい、「住む人に愛着を持ってもらえるまちづくり」の新しい拠点としたいという思いがあるためです。「GROW BREW HOUSE」の開設は、目標の実現へ繋がります。

GROW BREW HOUSEおよびCASK AND STILLのオーナー「川本 将人」氏

ブルワー「岩立佳泰」氏と、ビールづくりへの思い

「GROW BREW HOUSE」の醸造長「岩立 佳泰」氏は、フランス料理を専攻として学び、結婚式場の調理師などをした経験があり、料理への造詣も深い方です。ワーキングホリデー制度を利用してカナダで働いた際、ビールの多様性や個性豊かさに触れ、その魅力に取りつかれました。埼玉県川口市のブルワリー「川口ブルワリー」にて、ビール醸造などを勉強。また、BAR「CASK AND STILL」の常連でもあり、「川本 将人」氏に、ビールへの思いを語ってきました。そのことが、「GROW BREW HOUSE」でのビールづくりに繋がりました。人とのコミュニケーションが大好きな「岩立 佳泰」氏は、ビール醸造をしつつ、可能な限りタップルームにも立たれます。そのため、ビールの作り手と交流しやすいブルワリーになるでしょう。

GROW BREW HOUSEのブルワー「岩立 佳泰」氏

ブルワリー名とログマークに込めた思い、目指すもの

ブルワリー名の由来は、”GROW(成長や育てる)”より「ビールを育てる」「まちを育てる」「人を育てる」の3つの意味、”BREW HOUSE(醸造所、BREWERYと同意味)”を合わせたもの。人的交流の潤滑剤を作る「まちのビール醸造所」として、ひとが繋がり、まちに集まる場所にする思いが込められています。

醸造所内には、ブルワリー名に込めた思いが掲示されている

ロゴマークは、GROWの読み「グロウ」の頭文字「グ」に、山形を組み合わせたデザイン。山形は上昇や成長を意味もあり、末広がりで縁起が良く、日本的な屋号です。そして、元材木店の建物を活用しているので、材木を組み合わせた屋根を連想させるデザインでもあります。

駐車場側からブルワリー入口付近に見えるロゴマーク、木材を使用して作られている

「GROW BREW HOUSE」は、川口市に住まう人々の安らぎの場と、少し自慢できる地場の特産品づくりを、目指しています。また、川口市の農産物をビール作りに生かし、季節感のある地元の味わいを提供。川口市を、ただ寝に帰るだけのベッドタウンではない、「住んで楽しい川口」の一助となれる様、全力で取り組んでいく思いの込められたブルワリーでもあります。

醸造設備の搬入~1stビールリリース

2019年2月23日には、醸造設備を搬入作業を実施。クレーン車を使うなど大掛かりの作業です。この作業は一般公開されており、近隣の方やビール業界関係者などが多数見学に訪れました。また、搬入作業とあわせて、電気・ガス・水道配管などの工事も進められたので、各種作業を行う業者の方は大忙し。「川本将人」氏と「岩立佳泰」氏も奮闘されていました。

醸造設備搬入日当日、奮闘中の「川本将人」氏と「岩立佳泰」氏

2019年3月に醸造設備の整備を続け、2019年4月に1stビールの仕込みに取り掛かりました。麦芽粉砕から発酵、そしての熟成の一連の工程を経て、2019年5月25日、遂にリリース。

1stビール「IPA#1」。外観は、オレンジがかった明るい琥珀色。ホップによる柑橘系の香り、強すぎず控えめの印象。また、モルトの香りも感じられます。口に含むと、その風味が複雑に広がり、そして、はっきりとした苦みを感じます。飲み口は重くなく、程よい炭酸感で、暑い日に良くあうビールです。ホップは、SimcoeとMosaicを使用とのこと。ABV6.5%、IBU40。

1stビール「IPA#1」

GROW BREW HOUSEのビールを楽しもう

1stビール「IPA#1」をリリースした「GROW BREW HOUSE」。リリース日当日は、開店15分経たずにカウンターが埋まり、その後も良い客入りでした。初対面の方とも気軽に打ち解け、一緒にビールを楽しめる良い雰囲気です。客層は近隣の方が中心で、地域に愛されるブルワリーを実現されている印象。今後もオリジナルビールを順次リリースされるので、是非「GROW BREW HOUSE」を訪れ、ビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、1stビールのリリース同日、姉妹店BAR「CASK AND STILL」では、2ndビール「Bitter#1」が提供されました。「Bitter#1」の提供方法はハンドポンプであり、英国風のリアルエールでオリジナルビールを楽しめます。「GROW BREW HOUSE」と「CASK AND STILL」は、お互い近い距離。両店とも訪れることをおススメします。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てば幸いです。


■GROW BREW HOUSE

営業時間:
[火~金] 17:00~23:00
[土日祝] 15:00~23:00
[定休日] 月曜日

WEBサイト:
http://home.att.ne.jp/alpha/caskandstill/grow_web/index_grow.html

FACEBOOK:
https://www.facebook.com/GROW-BREW-HOUSE-350022952211074/

INSTAGRAM:
https://www.instagram.com/grow_brew_house/

TWITTER:
https://twitter.com/BrewGrow

■CASK AND STILL

営業時間:
[月~金] 18:00~02:00
[土日祝] 18:00~02:00
[定休日] なし

WEBサイト:
http://home.att.ne.jp/alpha/caskandstill/

FACEBOOK:
https://www.facebook.com/CASK-AND-STILL-220010504720098/

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。
訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。