[イベント]2019.7.17

9月23日は鹿児島においでよ!『城山オータムビアフェスティバル』開催。伊勢角屋・Yマ・鬼伝説のブルワーさんも来鹿!

Y.MARKET BREWINGわかさいも本舗のぼりべつ地ビール伊勢角屋麦酒城山ブルワリー城山ホテル鹿児島鬼伝説

2019年9月23日(月・祝)13:00から、城山ホテル鹿児島にて『城山オータムビアフェスティバル』が開催される。

ホテルからの眺望。カメラを構えているのは伊勢角屋麦酒の醸造長・出口善一さん


城山ホテル鹿児島は、鹿児島市の中心部にある城山に建つラグジュアリーなホテル。
標高108メートルの高台にあるホテルからは、噴煙を上げるダイナミックな桜島と市街地を一望することができる。

ホテル館内にある城山ブルワリーでは、桜島こみかんや長命草などの県産の味覚を使用し、高級感あふれるクラフトビールが造られている。
その上品な味わいはビアファンからも大人気だが、ビールはホテル内やイベントで消費されてしまう上に、ボトルでの販売をしていないため県外で飲む機会が少なくなっている。レアなビールだ。

県外で飲めないなら、鹿児島県まで飲みにいらしては?

城山ブルワリー醸造長の倉掛智之さん。チャーミングな人柄で誰からも愛されるビール界の“アイドル”だ

『城山オータムビアフェスティバル』では、スペシャルゲストに日本が世界に誇れるトップクラフトブルワーの3名、伊勢角屋麦酒・出口善一さん/Y.MARKET Brewing・加地真人さん/わかさいも本舗のぼりべつ地ビール(鬼伝説)・柴田泰彦さんをお招きする。

城山ブルワリーとY.MARKET Brewing、わかさいも本舗のぼりべつ地ビールのブルワーは、醸造所オープン時に、伊勢角屋麦酒で修業をされたこともあって、“ライバル兼仲良しブルワー”だ。
会場では仲良し4人の、ほんわかトークもぜひ楽しみたい。

料理は、城山ホテル鹿児島特製の贅沢な和メニューを、ビュッフェ形式でご提供。
9月23日は鹿児島で、秋の味覚と共に各ブルワリーのスペシャルなビールを飲みつくそう!

『城山オータムビアフェスティバル』
【日時】
9月23日(月・祝)

【会場】
SHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島)2階 クリスタルガーデン
*城山観光ホテルから名称変更

【スケジュール】
12:30 受付開始
13:00 開会
14:00 エンターテイメント・抽選会
15:00 終了

【料金】
料理+フリードリンク付き お一人様8,500円(税込)

【要予約】
予約デスク 099-224-2221(9:00~20:00)

伊勢角屋麦酒
1575年創業、伊勢詣での旅人にお茶をふるまう茶屋「角屋」を源とする餅菓子屋「二軒茶屋餅角屋本店」が醸造しているクラフトビール。21代目の現当主が1997年よりクラフトビール造りを開始。自然界の様々な場所や植物から採取した酵母を培養し、高品質なホップを駆使して多種多様なビールを造っている。

Y.MARKET Brewing
2014年1月、名古屋の玄関口「名駅」の近くで醸造を開始。明治時代から名古屋駅前で続く「柳橋中央卸売市場」がその名の由来になっている。クラフトビールならではの驚きや感動を伝えようと、個性的かつ挑戦的なビールを造っている。ホップ使いが秀逸と、ビアファンのなかでは名が知られた醸造所。

わかさいも本舗のぼりべつ地ビール 鬼伝説
道内の有名なお菓子メーカー「わかさいも本舗」が造るクラフトビール。道内屈指の温泉地、登別温泉のシンボルである「鬼」を冠したシリーズには評価が高い。醸造長の柴田さんは同社で12年パティシエを務めた経歴の持ち主とだけあって、ホップの持つ豊かな香りと苦みを繊細かつ個性的にビールで表現している。

城山ブルワリー
「城山ホテル鹿児島」館内にあるクラフトビール醸造所。ホテル内のレストランの和洋中どんな食事にでも合わせられるように、ビアスタイルを広くカバーしている。食材の宝庫、鹿児島の恵みを生かし、原料や醸造方法にこだわりぬいた贅沢なクラフトビールを造る。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。