[イベント,ブルワー,新商品情報]2019.11.6

日本とポーランドの国交100周年を記念したスモークビール「スト・ラットエール」。HINO BREWINGより2019年11月9日(土)より発売

HINO BREWINGスト・ラットエール

2019年は、日本とポーランドの国交が100周年をむかえます。2019年11月24日(日)には「東京国際フォーラム」にて国交100周年を記念したイベント「ポーランドフェスティバル2019」が開催されます。滋賀県の「HINO BREWING」とポーランド広報文化センターは、このイベントに向けたビール「スト・ラットエール」を醸造。11月9日(土)より発売を開始します。

今回、「HINO BREWING」が記念ビールを醸造したのは、ヘッドブルワーのショーン・フミエンツキ氏がポーランド出身という関係から。商品名は「スト・ラットエール」。ストは100、ラットは年を意味しています。また、乾杯という意味もあり、日本での万歳と同じ感じで使います。お祝いにピッタリの名前ですね。

ビールは、「グロジスキェ」と聞きなれないビアスタイル。「HINO BREWING」の田中宏明氏にどんなビールなのかを聞いてみると「主にポーランドやドイツの古典的なライトビアスタイルで、小麦麦芽とスモークモルト、もしくはスモークウィートを用いてつくられる日常酒です。この伝統的なビアスタイルに日本とポーランドの友好を表現するため、日野町の町木でもある『檜』のウッドチップで香り付けしています」と、両国の特徴を活かしていると話してくれました。

以下、商品概要です。

商品名:スト・ラットエール

ビアスタイル:グロジスキェ

アルコール度数:3.5%

IBU:21

発売日:2019年11月9日(土)

販売方法:ボトルで初回約1,200本出荷予定。樽(10L・15L・20L)も展開予定。

お問合せ先:HINOBREWING.co

E-mail:info@hinobrewing.jp

TEL:0748-36-1546

担当者:田中宏明

スモーキーな香りと檜の香りが、どのように私たちを楽しませてくれるのでしょうか。販売は、ボトルビールからはじまり、そのあと樽の販売を予定しているとのこと。総量(930L)がなくなり次第、販売終了となります。気になる人は「ポーランドフェスティバル2019」に足を運んで飲んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
<ラジオ>
●TBSラジオ「鈴木聖奈LIFE LAB~○○のおじ様たち~」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ ●DIME
<Web>
●SUUMOジャーナル(https://suumo.jp/journal/2019/08/29/166678/)

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。