[イベント]2020.2.24

待望のリアルイベント、ついに。日本ホームブルワーズ協会「JHAミーティング」が3/17(火)開催

Hama HouseJHAJHAミーティング日本ホームブルワーズ協会

2019年10月1日に設立されてから3カ月あまり。「日本ホームブルワーズ協会(Japan Home Brewers Association / JHA)」の会員を対象にした、初のリアルイベント「JHAミーティング」が、東京・日本橋浜町の「Hama House」にて3/17(火)に開催されます。

個人会員は約240名、京都・与謝野町は特区申請済み

「日本のクラフトビールをもっと面白く、もっと開かれたものにしたい」──この想いを胸に「日本ホームブルワーズ協会(以下、JHA)」は設立されました。

JHA設立の大きな目的は2つ。「日本においてホームブルーイング(家庭でのビール醸造)が可能となる『ホームブルーイング特区』の実現」「特区設立後のホームブルーイングの健全な発展に寄与すること」です。

会長をつとめるのは、三重県伊勢市にある「伊勢角屋麦酒」の代表取締役、鈴木成宗氏。海外のビール審査会に審査員として参加する中、海外と日本とのクラフトビールを取り巻く環境に大きな差を感じてきました。中でも、クラフトビールの市場規模やビールの品質を左右する“違い”が、「家庭でビールが造れるか否か」であったことが、JHA設立の大きなきっかけだったと言います。
<参考:ホームブルーイングは、日本で実現するか? 【日本ホームブルワーズ協会 鈴木成宗会長インタビュー】>

設立後、業界内外から大きな反響があったJHA。2月18日現在、個人会員は239名、企業会員3社、特別会員1町。そして、1件(京都府与謝郡与謝野町)の特区申請がなされています。

本場のホームブルーイングを知り、日本での未来を語ろう

日本ホームブルワーズ協会 会長 鈴木成宗氏

3/17(火)の「JHAミーティング」では鈴木氏が登壇。現在のところ、以下の内容やディスカッションを予定しています。

◆JHAのコンセプト
◆JHAでは現在、どんな取り組みをしているのか
◆JHAの今後のビジョン
◆アメリカでのホームブルワーの様子
◆ホームブルーイングで使用する機材
◆JHA会員限定の伊勢角屋麦酒ツアーの案内

参加にはJHAへの会員登録が必要です。
公式ホームページの右上にある「入会について」メニューから申し込みフォーム経由で、個人/法人の会員登録が可能です。

第一回 JHAミーティング

【イベント概要】
日時:3月17日(火)19:00〜21:00(開場:18:30)
会場:Hama House/東京都中央区日本橋浜町3-10-6

定員:30名
参加申し込み:会員登録後、Facebookページ「【会員専用】日本ホームブルワーズ協会」をご覧ください
参加費:一般会員1,000円(税抜)
特典:JHA会員証/JHAロゴ入りオリジナルグラス
問い合わせ先:日本ホームブルワーズ協会事務局(伊勢角屋麦酒内・担当 樋口 ☎︎0596-63-6515)
*イベントの様子は、Web会議ツール「Zoom」を通してリアルタイムで動画配信します。視聴方法はFacebookページ「【会員専用】日本ホームブルワーズ協会」をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

ビールの美味しさや楽しみ方を伝えるビアアンバサダー/日本ビアジャーナリスト協会ファウンダー。2007年のビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』をはじめ、数多くのビールに関する本や雑誌の企画執筆、編集、構成を務める。 現在、ビールのペアリングに特化した著・監修書『ビールのペアリングがよくわかる本』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、監修したビアコミックエッセイ『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)が大好評発売中。ビアイベント主宰、ビール/ペアリング講座企画開催、テレビ番組企画協力も多数。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。