[イベント]2017.1.28

JAPAN BREWERS CUP2017審査会リポート

JAPAN BREWERS CUP2017

ビアLoverの皆さま、JAPAN BREWERS CUP 2017 が昨日より横浜大さん橋ホールで開催されております! すでにこちらの記事に挙がっているとおり、ビアフェスティバルに先駆けてビアコンペティション(審査会)が行われました。 「審査会ってどんな風に行われるの?」と興味をお持ちの方も多いはず。 取材してきましたので、こちらにリポートします。

今年の審査品目は以下の4部門。
〇「小麦系」部門(2017年より追加)
〇「ピルスナー」部門
〇「濃色系」部門
〇「IPA」部門

各部門にエントリーされたビールを3回戦制で審査。決勝ラウンドに勝ち進んだ6銘柄のビールは、最終審査にて順位がつけられます。

JAPAN BREWERS CUPでは、その名のとおり、全国各地のブルワリーで実際にビール醸造をしているブルワー(または条件を満たす元ブルワー)がジャッジします。

審査会場のテーブル上には2枚のシートが配られ、A~Jのアルファベットが振られている上に、最大10個のビールが並べられます。

ブルワリー名も銘柄も提示しないブラインド方式です。「アロマ」「ボディ」「フレーバー」「ドリンカビリティ」などの観点から、造り手にしか解らないような細かい部分も含めて『ブルワー目線で、そのビールが技術的に優れていて、かつJAPAN BREWERS CUPとして表彰するに値するか』という基準で順位が付けられます。多くの審査会に用いられているようなディスカッションはなく、審査員の感性のみで採点を進められます。

昨日(1月27日)午前10:00ごろスタート。ピルスナー部門 → 小麦系部門 → IPA部門 → 濃色系部門の順に1回戦、2回戦と審査が進められ、午後2:00過ぎから決勝戦。午後4:00ごろまでの長丁場となりました。

受賞結果は、昨日アップされたこちらの記事をご覧ください。

本日もすでに「JAPAN BREWERS CUP 2017」のビアフェスティバルがスタートしています。入場料500円。190種のビールが1杯300円から楽しめるビッグなイベント! 「どれから飲んで良いかわからない……!」という方は、全国のブルワーさんお墨付きの受賞ビールを飲んでみてはいかがでしょうか?

【公式ホームページ】http://japanbrewerscup.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

くまざわ ななこ

この記事を書いたひと

くまざわ ななこ

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビールとカレーと小田急線をこよなく愛するライター/エディター。インタビューの場数だけは踏んでいる自負があるので、その経験を活かしてビールに携わる人たちの思いを伝えるべく、ビアジャーナリストとしても邁進している。「小田急ビア散歩」「カレーをつまみにビールが飲みたいっ!」シリーズを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。