[コラム,ビアバー]2020.5.20

Overcome Project 始動 「CRAFT BEER SERVER LAND」

CRAFT BEER SERVER LAND赤坂見附,神楽坂Overcome Project富士桜高原麦酒東北魂前夜祭,プレストンエール,Outsider Brewing

「Overcome」 直訳すると 「乗り越える、打ち勝つ」
新型コロナを乗り越えようと、あるお店が立ち上げたプロジェクトのテーマです。

Overcome  Projectとは

この困難を乗り切ろうプロジェクト。
立ち上げたのは、「CRAFT BEER SERVER LABD赤坂見附 」というビアレストラン。
2019年8月にオープンした、まだ新しいお店です。

このプロジェクトは、お店のタップリストのブルワリーを、自分で指名が出来るものです。
システムは
・11000円以上の購入で、ブルワリーをひとつ、指名出来る
(指名権は、お一人一回のみ)
・購入内容は、ビールの回数券やお店のオリジナルグッズ
(グッズはTシャツやポロシャツ、グラウラー、グラスなど)
・回数券はビール10杯分の金額で、11杯分飲むことが出来る
(値段はグラスで5500円、パイントは8900円)
・1回の購入だけでなく、累積でも指名の権利あり。

指名する事でブルワリーを応援する事が出来、自分もお得に好きなブルワリーのビールを飲むことが出来ます。

写真提供:筆者

写真提供:筆者

告知を開始し、すでにシステムは動き始めています。指名権を使った最初のビールが、5月17日にお店に並びました。ちなみに第一号は、富士桜高原麦酒のヴァイツェンです。

「CRAFT BEER CERVER LAND」おススメポイント

「CRAFT BEER SEVER LAND」は一号店が神楽坂に、2013年オープンしました。
店内には、25TAPの国産クラフトビールが並びます。こだわる理由は、国産のクラフトビールを身近な飲み物と感じて欲しいという、オーナーの思いからきています。
オーナーの斎藤さんは、元々は料理人です。フレンチレストランで料理の基礎を学び、お店を構えるため、ビールに合う様々な料理を考案しました。
メニューにはビックリするくらい大きなフライや、オーナーの家庭料理をもとにした鉄板焼きなど、インパクトの多い料理が並びます。もちろんビールとの相性もバッチリです!

写真提供:お店FBページより

写真提供:お店FBページより

2号店となる赤坂見附も、美味しいビールと料理が楽しめるお店です。
店内スタッフの3人が、日本ビアソムリエ協会認定のビアソムリエ資格を持っています。料理の事、ビールの事、ペアリングまで何でも相談できます。

左からスタッフの岩原さん、マネージャー渡邊さん、シェフの田代さん

こんなイベントが!

そしてこのお店の魅力はなんといっても、イベントが多い事!
イベント中、ブルワーさんが来店される際には、ビールや醸造のお話しを直接聞くことができます。ブルワーさんにとっても、お客さんの顔が見られる、とても貴重な機会となっています。
以下は今まで開催されたイベントのほんの一例です。

・栃木のビールと餃子
栃木のブルワリー 「Blue Magic」 「Nikko Brewing 」「プレストンエール」と、栃木の
ご当地グルメの餃子が楽しめるイベント

写真提供:お店FBページより

・東北魂 前夜祭イベント
東日本大震災で被害を受けた東北のブルワリー有志が集結し、毎年同じレシピで各社
同じスタイルのビールを造るプロジェクト。
今年は8社が参加し、ビアスタイルは「Smash Pale Ale」でした。
お披露目会は中止されましたが、前夜祭は店舗で開催されました。

・ありがとうプレストンエール
栃木県のジョイフル本田の子会社が運営するブルワリー。2020年3月に惜しまれながら、事業を終了しました。伝統的英国醸造方法にこだわって造られた、「プレストンエール」
など5tapが並びました。

・Outsider Brewing 8周年
オーストラリア人のマークさんがオーナーを務める山梨県甲府市のブルワリー。このイベントでは、アニバーサリービールや、普段は直営店でしか飲めないビールが並びました。

ビールを飲んで応援しよう!

今回の新型コロナの影響で、大きく状況が変わったのはビアバーだけでありません。
外食業界は営業自粛を余儀なくされ、ブルワリー(生産者)もその影響を大きく受けています。

「アフターコロナを見据えると、ブルワリーと飲食店が一緒に生き残らなければ意味がないんです」と赤坂見附店マネージャーの渡邊さんは言います。
ブルワリーをそして、ビール業界を盛り上げるために何か出来ないかと、渡邊さんはこのプロジェクトを考えました。

 

神楽坂、赤坂見附店とも現在も毎日、営業を続けています。フードやビールのテイクアウトも始めました。
緊急事態宣言後も営業を続けたのは「自分達が今、出来る事をしていくしかない」という渡邊さん始め、スタッフの皆さんの気持ちから。
そして現状だけでなく、先を見つめスタッフ全員で動き出しています。
まだまだ状況は厳しいですが、このプロジェクトを応援し、ビール業界を盛り上げて行きましょう!
プロジェクト内容の詳細はこちらから、ご覧ください。

https://www.facebook.com/pages/category/Beer-Bar/Craft-Beer-Server-Land-赤坂見附店-110404153665112/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店舗情報
CRAFT BEER SERVER LAND 赤坂見附
住所: 港区赤坂3―10―4 赤坂月世界ビル B1F
TEL:03-6230-9012

CRAFT BEER SERVER LAND 神楽坂
住所:新宿区神楽坂2-9 大川ビルB1F
TEL:03-6228-1891

営業時間は変動しています。最新情報はお店のHPでご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【あのビアバー ビアパブを救おう!】JBJA支援ページ

https://note.com/jbja/m/maa58e9acdfa5

【随時リスト更新中】

全国の通販可能ブルワリー&持ち帰り可能ビア

https://note.com/jbja/m/maa58e9acdfa5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

高橋朗子

この記事を書いたひと

高橋朗子

ビアジャーナリスト/ディプロムビアソムリエ/JSA公認ワインエキスパート

横浜生まれ。
「ビールが好き!」「お酒が好き!」「人が好き!」
ビールが自分のコミュニケーションツール。
ビールから広がっていく知識や、人の輪。その楽しさを
たくさんの方々に伝えたいの思いからビアジャーナリストの世界へ。
自らも新しいビール・人の出会いを探しに各地飛び回る日々。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。