[イベント]2021.2.12

アジアのクラフトビールと台湾料理の店アクビが渋谷にオープン

BarbaricWORKScarbon brewsGweiloHABURASHIhopsaijoKARAKURIRepubrewTaihu Brewingアクビマーガオ台湾料理渋谷火鍋猿楽町

Taihu Brewing (タイフーブルーイング:台湾)をはじめとするアジアのクラフトビールと薬膳火鍋等の台湾料理が味わえるアクビが2月12日(金)に渋谷区猿楽町にオープンします。
アクビを開業するに至った経緯について、創業メンバーの早坂歩美さんにお話を伺いました。

アクビに込められた想いとは?

皆さんは、鍋料理を食べるシーンを想像した時に、どんな様子が思い浮かびますか?
何名かでワイワイとおしゃべりを楽しみながら、役割分担(調理する人、飲み物を準備する人、具材を入れる指示を出す人、ひたすら食べる人など)して食べる姿が浮かんでくるのではないでしょうか。

「仲間や家族でテーブルを囲み、美味しい食事とお酒で心身ともに健康的になれる。鍋料理は、人と人とのコミュニケーションの輪を広げるのに最適な料理だと思います。アクビで食事をする楽しみ、共に味わうことの喜びを感じてもらえたら嬉しいです。」
と語ってくれたのは、アクビ創業メンバーの早坂さん。

数ある鍋料理の中から火鍋を選んだのは、自宅で自作するほどの火鍋好きだったから。調査研究のためにマレーシアや香港、台湾に飛んで、ひたすら火鍋を食べまくる行動力には脱帽です。

誰かがあくびをすると周囲に伝染するように、店名であるアクビには、お店に関わる全ての人々の幸せな空気や笑顔があくびの連鎖反応のように広がっていったらいいなという想いが込められています。

アクビ創業メンバーの早坂歩美さん

早坂さんは、クラフトビール業界に10年以上携わり、2018年に北欧クラフトビールを扱うビアバーHABURASHIを渋谷にオープンさせました。お店を経営する立場になり、従業員や家族、仲間、自分の将来のことを考えて、もっと自分達の能力や事業内容を広げていきたいと考えるように。

また、クラフトビールや飲食業界にも貢献していきたいと2020年4月1日に株式会社まるまる日和を設立。神田でKARAKURIを経営する共同創業者の山本恭士さんとアクビ出店に向けて準備を行なってきました。

アクビ創業メンバーの山本恭士さん

台湾・香港・日本のクラフトビールが飲める店

台湾料理にはアジアのクラフトビールが合うのではないかと考え、アクビでは台湾や香港・日本の厳選したブルワリーのクラフトビールを12タップ樽生で提供します。

メインブルワリーは、Taihu Brewing (タイフーブルーイング)。2013年に設立された台湾で最も勢いのあるブルワリーで、2020年6月、神楽坂に直営店となる日本1号店をオープンさせました。

アクビでは、定番ビールTAIHU IPAや台湾の伝統的な果実「金柑=kumquat」を使用したケルシュスタイルのTAIHU KUMQUAT(タイフー カムクワット)の他に数種類のビールが飲めます。今後も、同ブルワリーの新商品やレアビールを日本で優先的に販売する予定です。

Taihu Brewing 「Nikko Green Tea SIPA」 写真提供:Phantom Zebra氏

この他に、gwei・lo(グワイロ:香港)や、carbon brews(カーボンブルース:香港)、BarbaricWORKS(バーバリックワークス:神奈川)、REPUBREW(リパブリュー:静岡)など多数のブルワリーのビールを取り揃えています。

特製スープが自慢の台湾火鍋

これらのビールに合うメインメニューは台湾火鍋で、白湯と麻辣湯の2種類のスープが楽しめます。白湯スープは、鶏ガラ、手羽先、親鳥などをふんだんに使用し、香味野菜と15種類以上のスパイスをブレンド。それらを10時間以上かけてじっくり煮込みました。

もう一方の麻辣湯スープは、花椒や青山椒、唐辛子、八角、丁字、ナツメ、黒胡椒、クミン、ニンニク等を使用し、辛さは辛・中辛・大辛の3段階から選べます。いずれも化学調味料は一切使用せず無添加にこだわっています。

オリジナル台湾火鍋 金額 2,880円(税込)

薬膳火鍋の他に、*マーガオ香る自家製水餃子や

マーガオ香る自家製水餃子 金額 700円(税込)

ラム肩ロースのカツレツ クミンと豆板醤トマトソース

ラム肩ロースのカツレツ クミンと豆板醤のトマトソース 金額 780円(税込)

豚肉とホホ肉 キクラゲの冷製八角風味など、ビールに合う台湾の小皿料理を提供します。

豚耳とホホ肉 キクラゲの冷製 八角風味 金額 680円(税込)

 

日本ではまだ取り扱いの少ない台湾や香港など、アジアのクラフトビール が飲めるアクビで、薬膳火鍋とビールを味わって、心身ともに温まるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

Taihu Brewing「Coffee Rules Everything Around Me Stout」写真提供:Phantom Zebra

 

*マーガオ(馬告)とは、見た目は黒胡椒、味はピリッと辛味のある山椒、レモングラスの香りがする台湾オリジナルの香辛料

 

■新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
・店内の座席数を当初の予定より減らし、テーブルの間隔を十分に取った配置にしています。
・アクリル板のパーテーションを各座席に配置し、感染防止対策を行なっています。

■アクビ オープン特典
オープン初日から3日間限定でアクビの社名である「まるまる」日和にかけてデザインした豆皿(非売品)を各日先着30名様限定でプレゼントします。
提供期間:2/12(金)〜14(日)
注意事項:渋谷・神田近辺のビアバーで配布されているフライヤーと引き換えでプレゼントします。詳しくはアクビ公式Instagramをご参照ください。

オープン記念に作られた豆皿

 

店舗概要

台湾火鍋 精醸啤酒 アクビ
オープン日:2021年2月12日(金)
営業時間:17:00〜24:00
*緊急事態宣言中の営業時間*
2月12〜14日 15:00〜20:00
2月15日〜     12:00〜20:00
席数:28席
住所:東京都渋谷区猿楽町2−13 F93 daikanyama1階
アクセス:JR山手線 渋谷駅 徒歩7分、東急東横線 代官山駅 徒歩10分
TEL:03ー6433ー7987
Instagram:https://www.instagram.com/akubi_0212
Facebook:https://www.facebook.com/AKUBI-Hot-Pot-Craft-Beer–100802485258424

写真提供:アクビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

HOP SAIJO

ビアジャーナリスト

ビールと551の蓬莱と吉本新喜劇好きの関西人
ホップにハマりすぎて、全国各地のホップ畑にホップを摘みに行くほどに!
ついたあだ名が「Hop Saijo」
夢は、チェコでビール風呂に浸かりながら、蛇口から出てくるビールを好きなだけ飲んで、イグサのベッドで昼寝すること。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。