[テイスティング]2021.4.28

ホロデェーツとベルギービールのペアリング

ロシアの家庭料理とベルギービールのペアリング第5回は、ホロデェーツとベルギービールのペアリングを紹介します。

ホロデェーツは、鶏肉又は豚肉のゼラチンで作ったゼリー状の中に肉を細かく刻み、刻んだ野菜を入れた冷たい肉料理です。今回、鶏肉で行います。今回も時間はかかりますが、簡単にできますのでお試しください。

食材

まず、鶏肉の手羽先、足、モモ肉を流水で1時間ほどつけ置きし血を抜きます。

その後、たっぷりの水で最初は強火で沸騰したらアクを救いながら4時間中火で煮込みます。

中火で2時間経過した時点で、タマネギとニンジンは、皮のまま入れさらに塩とスパイスを入れて更に2時間煮込みます。

材料が入った状態

4時間煮込んだら、スープと宇材を分けます。ロシアでは、この時点でニンジンとタマネギとローリエと黒コショウは捨て、新しいニンジンを使用しますが、食材ロスを少なくすることから、ニンジンはそのまま使用し、タマネギは、おつまみとして食べました。ローリエと黒コショウを取り除きました。

具材とスープ

次に鶏肉を皮及び油と骨と肉に分け、肉を細かく裂きます。バットやゼリーカップ等に取り出したニンジンをスライスして並べ、その上に肉を平らになるように敷いてその上からスープをかけ、15分ほど粗熱を取ってから冷蔵庫で約1時間冷やして完成です。

三つ葉を上に添えて完成

ホロデェーツとのペアリングをするベルギービールは、リーヴ、 パーテル リーヴェン・ブラウン 、マルール12の3本です。                             ホロデェーツは、ほのかな塩味と鶏肉のうまみと鳥の油のコク、そして、ニンジン等の優しい甘味、黒コショウの辛味が感じられる料理です。鶏肉のパサパサ感もありません。

初めに、リーヴです。                                      リーヴの色は、白くにごりのあるイエローです。香りは、オレンジ、レモンのような柑橘系の香り、青りんごのようなフルーティーな香り、干し草のような香りもあります。味は、レモンやりんごのフレーバーをともなったさわやかですっきりとした酸味はやがてしっかりとした苦味に変化していきます。

リーヴとホロデェーツ

この組み合わせは、ビールによるホップの苦味が鶏肉のうまみを増強しよりおいしく感じます。また、ビールの酸味が、ホロデェーツの塩味やニンジン等の甘味を丸くします。

次にパーテル リーヴェン・ブラウンです。                            パーテル リーヴェン・ブラウン の色は、赤みがかった濃いダークブラウンです。香りは、ブラックベリー、赤ぶどう、レーズン、りんご、プラム、いちじくのようなフルーティーな香り、黒糖のような甘い香り、ナッツのような香ばしい香りもあります。味は、口に含むとナッツやコーヒー、チョコレートのようなフレーバーを伴った、甘みと酸味主体の味わい。後味にはやわらかな酸味が広がり、やがて苦味に変わっていきます。やわらかでスパイシーさも感じるミディアムボディです。

パーテル リーヴェン・ブラウンとホロデェーツ

この組み合わせは、ビールの甘味がホロデェーツの塩味により、ビールが一瞬甘く感じますが、ビールの酸味により甘味に丸みが付きバランスの良い味になりました。

最後にマルール12です。                                   マルール12の色は、 赤みがかったダークブラウンです。香りは、黒砂糖、チョコレート、干しぶどう、ブラックチェリーなど、濃厚な香りがあります。また、麦芽からのやや焦げたような香りもあります。味は、甘味が豊かで、アルコールとのバランスも絶妙。ボリュームたっぷりで旨味もあり、飲み応えは十分です。

マルール12とホロデェーツ

この組み合わせは、一番良かったです。ホロデェーツの塩味がマルール12のうまみと甘味をより強くしてとても良い組み合わせでした。

ホロデェーツは、元々はパーティー料理です。家庭ではメイン料理あるいはビール等のお酒のおつまみ用として食べられています。時間はかかりますが、簡単に作れますので是非お試しください。

 

ロシアの家庭料理とベルギービールのペアリング第6回は、ゴルブツィー(ロールキャベツの様な物)とのペアリングを予定しています。

 

ビール購入店及び参考文献

ベルギービールJapan https://www.belgianbeer.co.jp/

ベルギービール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

森 徹明(モリテツアキ)

ビアジャーナリスト

1968年1月福島県で生まれ現在北海道余市郡に在住。ロシア人と国際結婚。
佛教大学卒業後社会福祉士の資格を取り地元の特別養護老人ホームの管理者を行いながら実家の事業の1つである農業を手伝っている。
ビールはベルギービールを飲むのが主で、たまに道内のクラフトビールやエビスビールを飲む。特にベルギービールは専用グラスで飲むようにしている。
現在の活動は、Facebookで北海道ベルギービール愛好会の立ち上げ、道内でベルギービールが飲める飲食店や購入できるお店や自分の飲んだビールの紹介をしている。
又、産物のハネ品(サクランボ等)からビールを作るプロジェクトを2020年立ち上げ、ハネ品(規格外、交配用、完熟、微量な傷等)を対象にビールの副原料として使い数年かけて検証していく。
今後の取り組みとして現在の活動の他、ベルギービール(クラフトビール)の購入と介護記録についての記事とロシアのビール事情を書いていきたい。

北海道ベルギービール愛好会
https://www.facebook.com/groups/1586818794929083

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。