[ブルワー,新商品情報]2021.10.21

明日(10月22日)発売開始! 遠野麦酒ZUMONA[上閉伊酒造(株)]の季節限定商品「Fresh Hop Harvest」

日本有数のホップの産地として知られる岩手県遠野市にある上閉伊酒造(株)は、10月22日より限定醸造のフレッシュホップ使用ビール「Fresh Hop Harvest」を発売開始します。

この商品は、今年収穫された遠野産ホップをフレッシュな状態で使用し醸造した季節限定商品で、9月29日に発売開始した「遠野麦酒ZUMONAフレッシュホップピルスナー」「”IBUKI” HOP IPA 2021 Fresh Hop Ver.」「遠野の華 WHEAT ALE」の3製品に続く、今シーズン4つ目の遠野産フレッシュホップを使用した商品となります。フレッシュホップを使用したビールを醸造するところは増えていますが、4種類ものビールを醸造しているところは珍しいのではないでしょうか。

改めて上閉伊酒造(株)について
上閉伊酒造(株)は、遠野市で日本酒とクラフトビールを醸造している酒蔵です。前進の酒造店の創業は何と寛政元年(1789年!)と歴史があります。
ビール醸造は平成11年(1999年)から開始。水が命の日本酒造りにも使われる名水を使い、遠野麦酒ZUMONA(ズモナ)の名称で遠野産ホップIBUKIを核とした展開をしています。
「ズモナ」とは、聞き伝えを表す遠野地方の方言で「~だそうな」というような意味。「遠野に美味しいビールがあるそうな」と語り伝えられるようにとの願いを込めて付けられたとのことです。

限定醸造ビール「Fresh Hop Harvest」の特徴


今年収穫し、凍結・粉砕した遠野産フレッシュホップを100%使用。煮沸終了時およびディップホップ時に投入することで、新鮮で瑞々しい香りが強く引き出されています。使用ホップ由来の和柑橘のような甘いフレーバーと、小麦を使うことで生まれるとろりとした飲み口が相まって、果実のような優しい味わいが広がります。
ラベルに記載している「2021」はホップの収穫年・ビールの醸造年を表し、正に今年のホップの出来・新鮮な味わいを楽しめるビールです。

商品概要

商品名:Fresh Hop Harvest(フレッシュホップハーヴェスト)
スタイル:ウィートIPA
原材料:大麦麦芽(イギリス製造・ドイツ製造)、小麦麦芽、小麦、ホップ
アルコール分:6%
希望小売価格:330ml瓶 500円(税抜)
賞味期限:製造日より3ヶ月(要冷蔵)

酒販店やスーパーなどでお買い求めが可能な地域もありますが、お近くで見つからない場合は上閉伊酒造(株)のホームページなどからの購入もご検討ください。
可能ならば、他のフレッシュホップ使用ビールなども合わせて購入し飲み比べをしてみるのも楽しそうですね。

◎上閉伊酒造株式会社
岩手県遠野市青笹糠前31-19-7
TEL 0198-62-2002 FAX 0198-62-2003
E-mail:tono@kamihei-shuzu.jp
HP:https://kamihei-shuzo.jp/

*写真はいずれも上閉伊酒造(株)から提供

FRESH HOP HARVESTZUMONA上閉伊酒造岩手県遠野市遠野麦酒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

きただ ともこ

ビアジャーナリスト

ビールと旅と野球観戦が大好きです。
主に、ビールがどんな土地で造られてどんな感じで飲まれているかに関心があり、気になるビールが出来るとその地元を訪ねたくなります。日本全国たまには海外にも足を運び、特に国内は岩手、海外は韓国のクラフトビールに注目してきました。
ビール好きがきっかけで岩手にどっぷりはまり、2019年4月から岩手沿岸の仮設住宅に住みながらの仕事を経験。現在も岩手に拠点を置き、得た情報を実際にこの目で確かめながら、岩手中心に東北地方のビール事情を発信しています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。