[ブルワー,新商品情報]2018.10.5

Far Yeast Brewing初のフレッシュホップビールが10月上旬より限定販売開始 明日から開催の「GINZA de FRESH HOP FEST」でも飲めます!

Far Yeast BrewingFar Yeast Fresh Hop Saison

今年、収穫された「フレッシュホップ」をつかったビールが次々にリリースされてきました。もう飲まれた方もいらっしゃると思います。

「産業化によって画一的な大量生産商品になってしまったビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す」をミッションにしている「Far Yeast Brewing」からもフレッシュホップビールが登場します。

その名は「Far Yeast Fresh Hop Saison」。岩手県奥州市で収穫された「IBUKI」ホップをドライホッピングに使用したウィートセゾンエールです。意外でしたが、フレッシュホップを使ったビールは初めてとのこと。

レシピは、同社の定番商品である「Far Yeast 東京ホワイト」をベースにアルコール度数を1.5%上げながらもドリンカビリティの高さはそのまま、ドライに仕上げたビールです。「Jarrylo」ホップ由来のバナナを思わせる芳香と、「IBUKI」ホップ由来の爽やかな香りと青草のような香りが特徴。

全国販売は、10月上旬を予定。なお、樽のみで展開予定とのこと。いち早く飲みたいという方は、10月6日(土)~8日(月・祝)に開催される「GINZA de FRESH HOP FEST」で飲むことができます(※1)。

※1 提供予定日は10月7日(日)。

以下、商品概要です。

商品名:Far Yeast Fresh Hop Saison

販売開始日:10月上旬より全国で販売開始予定

価格:オープン価格

原材料:大麦麦芽・小麦麦芽・小麦・ホップ・糖類

アルコール度:6.5%

IBU:20

スタイル:ウィートセゾンエール

仕様:15L樽

どんなビールなのか? 早く飲んでみたいですね。気になる方は、「GINZA de FRESH HOP FEST」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

【メディア出演】
テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。