[新商品情報]2021.11.24

「横浜ビール」より新年を祝う「横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル」が11月18日 (木)から販売中

2021年も気づけば残り1ヶ月と少し。毎年思いますが、1年って早いですね。そろそろ2022年の足音も聞こえてくる中、横浜市にあるクラフトビールメーカー、横浜ビールから2022年が素晴らしい年になる事を祈念した「横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル」が発売されました。

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル(画像提供:横浜ビール)

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル

横浜グルーヴィーラガーは、ぴあアリーナMMと横浜ビールが「音楽コンサートを心ゆくまで楽しんでほしい」という願いからコラボレーションして生まれたビールです。4種類のホップを使用したラガービールです

新年の幕開けに、華やかな彩を添える 鮮烈なホップの香りと、ラガービールならではのスッキリ爽快な苦みをお楽しみ下さい!
引用:プレスリリース

ぴあアリーナMM:

ぴあアリーナMM: 2020年7月10日に開業。民間なら ではの視点から音楽業界のニーズを丁寧にくみ取り、コン サートを観る側と演じる側の双方にとって、その環境や使い 勝手を音楽コンサートに最適化したアリーナ。

ラベルは、横浜出身在住のペイントアーティストKensukeTakahashiさんが手掛けた2022年の干支、寅です。ダイナミックな構図の寅は新年への希望を放ちます。

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル(画像提供:横浜ビール)

KensukeTakahashi

KensukeTakahashi プロフィール : 横浜出身在住のペインター。確かな描写力・緻密なテクニック・現実を飛び越える自由な発想力 で、あえて画風を決めずに描くスタイルで壁画や飲食店舗内壁面アート、企業や行政へのアート ワーク提供やライブペインティングイベト出演等活動の幅を多岐に広げている。近年では、大型 の壁画制作としてJR横浜駅エキナカ・横浜吉田町・横須賀・町田・Pow!Wow!Japan神戸・マカオ 等や、アートワーク提供として神奈川県啓発事業・横浜開港祭、横浜ワールドポーターズ。 Grassroots yokohamaにて不定期開催しているライブペインティングイベント「UNDERLAND」で は横浜ビールとコラボラベルビールを毎回限定販売中

11月18日 (木)より発売、順次出荷。

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベルは、通販サイトほか、取り扱い店舗で販売中です。

通販サイト:https://www.yokohamabeer.shop/items/53738714
(*2021年12月1日 から順次発送)

お取り扱い店舗:
スカイカフェ・デイリーヤマザキ新横浜店・京急百貨店・ そごう横浜・セブンイレブン宮川町3丁目・GIFT&FUN ・イトーヨーカ堂大井町店・イトーヨーカ堂大森店・イトー ヨーカ堂川崎港店
(11月18日(木)より出荷スタート、各販売店に到着次第、順次発売。取扱店舗の販売開始時期に関しては 発売日の通りではございませんのでご注意下さい)

以下、商品情報です

横浜グルーヴィーラガー 2022干支ラベル:

ABV :5%
IBU :30
容量:330ml
希望小売価格(税別):580円(税別)

2022干支ラベル横浜ビール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

小林 大祐

ビアジャーナリスト

広く奥深いビールの世界に魅了され、夜な夜なビールを飲み歩いています。
味や香りの幅広さや種類の豊富さに加えて、人との繋がりができることもビールの魅力の一つです。
ビールの素晴らしさを少しでも多くの人に伝えていきたいと思います。夢は世界中のビールを巡る旅をすることです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。