[テイスティング,新商品情報]2023.6.12

家庭用本格生ビールサービス「THE DRAFTERS」、限定ビール”あおさち”は23日まで

アサヒビールの生ビールサービス「THE DRAFTERS (ドラフターズ)」。「本格泡リッチサーバー」は氷点下(-2~0℃)のスーパードライが家庭で飲めると大好評。只今、限定ビール「今日も青空の下であなたと一緒に幸せの刻(とき)」略称”あおさち”を今月23日まで提供中!

プロ仕様、本格泡リッチサーバー

美味い生ビールを誰でも簡単に楽しめるように、アサヒビールがこれまで培った技術をもとに高濃度のクリーミーな泡と氷点下のうまさを実現した「本格泡リッチサーバー」。
スーパードライ エクストラコールドが、家で飲めるんです。

本格派、でもセットは簡単

届いた時の箱の迫力は想像以上でした。「本格派」「プロ仕様」という言葉が浮かんで、開封時の期待値200%。
とにかく樽を早く冷蔵庫へ(笑)。12時間以上冷やすのがベストです。
存在感ある、2リットル樽です。

組み立ても簡単。タップ部分の組み立て、冷やした樽と中栓を取り付ける、ミニガスを格納する、です。
クイックガイドを見ながら、すすめます。
辛いのはビールが冷える時間を待つこと(笑)。
12時間以上冷やし、ドラフターズに取り付けた後、さらに

STANDARD COLDモードなら1~2時間(約4度)
EXTRA COLDモードなら3~4時間(氷点下)  待つのです。
ここでのBGMは、あみんです。サビからエンドレスです。(わからん人すみません)

一時間経ちました。

満足です。美味い。辛口カーブを感じます。

「エクストラコールド」が家で飲める!

一番の魅力は、氷点下のエクストラ コールドが家で飲めること。

スーパードライ エクストラコールドは、

「通常の温度帯と比較して、冷たく、泡密度が増加することから、スーパードライの特徴である辛口に加え、驚きの飲みやすさを実感する事ができる」。

(今年4月25日、「”TAP ELITE”が注ぐ氷点下のスーパードライ!エクストラコールドBAR」発表会にて、梶浦瑞穂マーケティング本部長)

上記のイベントでのエクストラコールドの美味さを思い出しながら、
電源ボタンをEXTRA COLDモード切り替えました。この時点から待つこと2時間!

そして。

時間がたっても細かい泡が続きます。さすがに1回目の使用で、TAP ELITEが注ぐエクストラコールドにはかないませんが、かなり近い。美味いです。

ミルコもどうぞ

付いていたリーフレットには、ミルコもおススメしてありました。
これまでビアバーでオーダーしたことも無かったのですが、挑戦してみました。

泡を味わう。
ハリーポッターのバタービールみたいに、泡が唇にくっつくのはご愛敬です。

今月23日までの“あおさち”を味わって!

限定ビール「今日も青空の下であなたと一緒に幸せの刻(とき)」略称”あおさち”は、ドラフターズ会員と今年1月28日のリアルイベントで一緒に作り上げたドラフターズ2周年を記念したビールです。
幸せを刻むという意味を込めて、「刻」の漢字が使われています。

「今日も青空の下であなたと一緒に幸せの刻(とき)」略称”あおさち”

アルコール度数: 5.5%
ビアスタイル:セゾン
原材料:麦芽(外国製造又は国内製造 5%未満)、ホップ

鼻に抜ける柑橘系の香りとホップの軽快な苦みが特長。
すっきりとした軽快な味わいをつくり出すために、上面発酵酵母を使用。
シトラホップ(柑橘の香りが特徴)をレイトホッピングで添加するなど、こだわりの製法で醸造。

ホップが効いて、ちょっとスパイシーな味わいの”あおさち”に、砂肝焼きを合わせてみました。
ちょうど宮崎の友人から、へべす(宮崎の特産物、かぼす、すだち、シークワーサーに似ている。柔らかな酸味)のお塩をいただいたので、砂肝にかけて。
サラダは、日向夏のドレッシングで。
柑橘系の香りの”あおさち”とぴったり!
”あおさち”は、今月23日までのご予約となっています。

また、これから会員になる方は、サーバーレンタル料が二か月分0円の
LINE限定キャンペーンを今月29日までやっています。
詳しくはこちらを

飲んだ後は、説明書やクイックガイドに従って、お手入れすれば簡単です。
専用のブラシが便利。
それから、ドラフターズは、受け皿が付いているのが何気にうれしいです。

雨の日も家で、氷点下のスーパードライを、”あおさち”を、楽しんでみませんか。

ドラフターズ

アサヒ スーパードライアサヒスーパードライ エクストラコールドアサヒビールサーバードラフターズフードペアリング

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

アバター画像

この記事を書いたひと

順いづみ

ビアジャーナリスト

ミュージシャン(ピアニスト)。ヤマハ音楽教室講師を経てフリーに。指導・ライブ歴40年。タレント、歌手のショー出演多数。ライブハウスで飲むうちにビールに取り憑かれ深みにはまる。横浜・馬車道「ブルーライトバー」レギュラーピアニスト。

一方で小説講座やシナリオ講座に通う。一昨年「事実に基づく小論文・エッセー(北野生涯教育振興会主催)」でエッセー「魔法使いの弟子」が二位入賞、作品集「すぐそばにある『世界』」の中に収められ、出版。
2021年2月には小説「OnCue!」を電子書籍(Amazon)にて出版。
歌手・俳優の佐野光洋のコンサートでは毎回演奏&アレンジで参加、朗読作品も提供している。
昨年は小説の同人誌「ササレ!」を発行。
ビール関係では昨年モノマガジン7-16号に記事を書いている。ラグビー五郎丸歩氏、畠山健介氏へ、ラグビーとビールの関係についてのインタビュー記事などを担当。

その他、演奏スケジュールなどはインスタグラム(毎日発信)、ライブ情報、Twitter、YouTube等々、上のお家マークのリットリンクからご覧ください。

ジュンウエノエンタティメント所属。時々通販番組出演。
熊本県出身東京都在住。ミステリ、都市伝説、ジャズ、ビートルマニア。

CD 「and You」 2012年
 「3粒のぶどう家族」(朗読CD付き絵本、CD音楽担当)発行 ブイツーソリューション 2017年
  「あの青い糸」(二部合唱曲) 2020年

日本の世界の、まだ見ぬたくさんのビールとの出会いを楽しみに生きてます。
施設へのボランティアコンサートも定期的に開催。4~5月も予定あり。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。