[コラム]2023.12.17

100円ショップのビール用グラスが素晴らしい件

100円ショップが好きです。通りがかると、用も無いのに吸い込まれるように入ってしまいます。店内をブラブラするだけで楽しい。特に何か必要な物があるわけでもなく、へえ、こんな物も100円なんだと感心することの連続。

ダイソー

自宅から最寄りの100円ショップはダイソー。食器のコーナーを通りがかった時、ビール用のグラスを発見!しかも、なかなかの品揃え。素晴らしい。思わず4種類買ってしまいました。そのうちの1つは200円の商品だったので、合計500円、税込み550円。安い!

さて、せっかく色々な形のグラスを揃えたので、それぞれのグラスの形に合うビールを合わせて楽しんでみました。

ビールグラス(約400ml)

ビールグラス

最初は、商品名「ビールグラス (約400ml)」です。薄めのガラスで、口が広がったシンプルな形状。タップ数が多いビアバーで使われてそうな、汎用性の高いグラスです。

ジョーカーくん

ならば、ビアバーに来た時の1杯目の気分で。最初に喉を潤すのにピッタリな「僕ビール君ビール ジョーカーくん」は、アルコール度4.5%のセッションIPA。爽快なホップの香りと苦み。広口でシンプルな形状のグラスから、喉にストレートに入ってきます。ドリンカブルなビールにピッタリのグラスです。

一口ビアタンブラー 240ml

一口ビアタンブラー

次は「一口ビアタンブラー 240ml」。やや厚め、小さくて手になじむ、落ち着く感じ。「コップ」という言葉も似合いそう。町中華でビールを頼むと、瓶ビールと一緒に出てきそうです。ならば、町中華で出てきそうなビールを選んでみよう。

サッポロラガービール

「サッポロラガービール」、通称「赤星」。通常は瓶だけで販売されていますが、ちょうど限定で缶でも売ってました。熱処理ビールは、今や貴重な存在。独特の苦みを味わいながら、昭和の気分でゆっくりと楽しみました。

プレミアムビールグラス 約300ml

プレミアムビールグラス

こちらは「プレミアムビールグラス 約300ml」。約300ml入る、脚付きのグラスです。今回買った物の中で、これだけが200円の商品。100円ショップで200円の商品を買うだけで、気分もプレミアムです。

ザ・プレミアム・モルツ

プレミアムなビールといえば「ザ・プレミアム・モルツ」。これ以上ない直球のセレクション。ちょうど売っていたのが限定版の「華やぐハラタウブランホップ」。このホップ特有の、白ワインを思わせる香りが感じられます。200円のグラスと華やぐビールで、プレミアムな気分を満喫です。

ビアジョッキ3

ビアジョッキ

最後は「ビアジョッキ3」。商品名に「3」とありますが、同じ形の模様違いで「2」もありました。ちなみに「1」は見当たりませんでした。個人的には、この商品が「これが100円⁉」と、一番驚きました。ずっしりと重さもあります。ラベルに容量は書かれていませんでしたが、測ってみたら約530mlでした。

ピルスナーウルケル

この形のジョッキから、まず思い浮かんだのが「ピルスナーウルケル」です。思い切り泡を立てて注いでも、1本まるごと余裕で入りました。ボヘミアスタイル・ピルスナーならではの濃いめの色合いと本格的なジョッキで、雰囲気を十分に楽しめました。

ダイソー

たった550円の投資で、家飲みの楽しみが大きく広がりました。ぜひ皆様もお近くの100円ショップでお気に入りのグラスを探してみては。寒さも厳しくなってきて、ビールイベントも少ないこの季節、自宅で楽しいビアライフを!

(品揃えにつきましては、ご自身で各店舗へご確認ください。)

100円ショップ100均DAISOサッポロラガービールザ・プレミアム・モルツジョーカーくんダイソービアジョッキビアタンブラービールグラスピルスナーウルケルプレモル僕ビール君ビール家飲み赤星

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

アバター画像

この記事を書いたひと

津田 敏秀

ビアジャーナリスト

1972年、東京都出身。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。
外食チェーン企業に15年間勤務の後、独立。串揚げとクラフトビールの店を7年間経営。今までの経験を活かし、飲食店の経営に関する記事を得意とする。
好きなビールはスタウト。趣味は乗り鉄。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。