[コラム]2024.1.25

大阪・吹田の「アサヒビール ミュージアム」に行ってきた!スーパードライミュージアムとの違い・子どもは楽しめる?

社会科見学・工場見学が楽しめるようになったのはいつからですか?

「大人になってから」という答えの方もいらっしゃるのでは?かくいう私もその一人です。

知識や経験が増えてからの工場見学はより楽しい!今後は関西(筆者居住地)のビール工場をまわってみようと、アサヒビール ミュージアム(アサヒビール 吹田工場)に行ってきました。

アサヒビールとは

日本の大手4社(アサヒ、キリン、サントリー、サッポロ)のうちの1社で、ルーツである大阪麦酒会社は1889年(明治22年)、大阪の吹田で設立されました。今回訪れたアサヒビール ミュージアムのある場所にビール工場ができ(1891年竣工)、1892年にアサヒビールを発売したのがアサヒビールの歩みだしでした。

赤レンガの当時の工場。牛が荷物を運んでいる様子が模型で表現されています

アサヒビールといえば「アサヒスーパードライ(1987年発売)」が有名ですが、近年CMでもおなじみの「アサヒ生ビール<マルエフ>」は1986年発売と、スーパードライの前年に発売されています。スーパードライの爆発的ヒットの影響で、1993年に缶の生産を中止、一時は樽生提供のみとなりましたが、2021年に缶商品として復活しました。

アサヒビール ミュージアムで体験できることは?

アサヒビール ミュージアムとは

アサヒビール ミュージアムは、「記憶に残る最高の一杯に出会える場所」がコンセプトの体験型ミュージアム。ビールの製造工程の解説を聞き、製造ラインを実際に見られるだけでもワクワクしますが、様々な映像や技術を駆使し、アトラクションのように楽しめる仕掛けがされています。選べるドリンク2杯と、限定ビールグラスがついて、参加費は20歳以上1,000円(税込)・小学生以上300円(税込)です。

茨城のスーパードライ ミュージアムとの違い

茨城のスーパードライ ミュージアムも、ブランドの世界観を五感で体感できる体験型施設であり、ツアー内容やアトラクションも共通するものがあります。

大きくは発酵コーナーの体験方法が異なり、試飲できるビールの種類は大阪・吹田の方が多いようです。※サーブ体験は、日によって実施状況が異なります。

アサヒビール ミュージアムに行ってきた!体験レポート

それではミュージアムツアーの詳細をご紹介します!アサヒビール ミュージアムは、JR新大阪駅から電車で4分、駅から徒歩10分の場所にあります。

JR吹田駅ホームから撮影。駅の目の前に工場があります

JR吹田駅の地下・東改札を出て左(北出口)に進みます。地上に出てからは、ひらすら工場沿いに進みます。駅のホームから工場が見えていたものの、入口は北側にあり、駅からミュージアムのエントランスまで歩いて約10分はかかるため、時間に余裕を持っていくのがよさそうです。

(左)ミュージアム入口(右)設立当初を思わせるレンガ調の造りのエントランス。アサヒビールの歴史や取り組みをパネルで紹介していました

受付・支払いを済ませ、いよいよツアー開始です!
まずはシアターでアサヒビールの歴史を学びます。

シアターでアサヒビールの歴史を学びます(座席自由)

映像が終わり、スーパードライの歴史解説を聞いて、

(左)エスカレーターのある円形ホールにある、スーパードライの歴史展示(右)黒と赤を基調とした通路

ビールの原材料解説へ。スーパードライには、ホップ6個、麦芽は手のひら一杯分が使われています。

缶ビール1本に入っている麦芽の量(目安)

仕込みとろ過について、窯の中のイメージ映像を見たり、VR(仮想現実)ゴーグルで、発酵時の酵母になって麦汁に投入されたりしました。

(左)仕込み・ろ過の解説(右)VRゴーグルを覗く筆者

続いてろ過、充填エリアへ。実際の工場内を窓ガラス越しに見学できます。※土日は稼働していないため、実際に動いているところを見たい場合は平日がよいそうです。

瓶は1分に600本、缶は1分に1,500本充填できる機械もありました。

缶の充填機械

見学後半、窓の外には巨大なタンクが!発酵・熟成を行うタンクは130本あり、1つのタンクは350ml缶が約140万本入る、約500klと途方もない大きさでした(350ml缶を1日1本飲み続けて約4000年かかることから計算)。

巨大なタンクが並ぶさまは圧巻…!

その日出来上がったビールをチェックする検査室を上階からのぞき込んだり、サステナビリティの取り組みのパネルを見たあとは、「スーパードライ ゴーライド」へ!ビールを缶に詰める工程を、小人になった自分が缶の上に乗ったかのように体験できる名物体験コンテンツです。振動、風、ミストもあり、缶が動いていく様をジェットコースターに乗っているかのように体験できるアトラクションでした。

スーパードライ ゴーライドの画面。ビール工場内のイメージが映し出されます

そしてツアーも終盤。最後の30分は試飲タイムです!

当日飲めるドリンクのラインナップ

ビールはスーパードライ・スーパードライ エクストラコールド・マルエフ・マルエフ黒生・ペローニ(瓶)・ピルスナーウルケル(瓶)がありました。また、アサヒビールは「スマートドリンキング」を推進しており、アルコール分0.5%の微アルコールビールテイスト飲料「アサヒ ビアリー」や、ノンアルコールビールテイスト飲料「アサヒドライゼロ」、「アサヒゼロ」も用意してありました。また、自身でアルコール度数やフレーバーを選択でき、好みのオリジナルドリンクが作れる自動サーバー「MY FLA-BAR (マイ フレーバー)」もありました。

筆者はマルエフで乾杯!できたてかつ、苦味・炭酸を抑えてソフトな口当たりと余韻がある「マイルド注ぎ」のマルエフ。まろやか…!

スーパードライ エクストラコールド限定の、ビールの泡に文字と画像を描く「泡アート」のビールもいただけました。

試飲タイムもあっという間に過ぎ、アサヒビール ミュージアム限定グラスをいただいて、1時間半のツアーは終了となりました。帰り際、エントランスのお土産コーナーではアサヒビールの取り扱いビールのほか、お菓子やグッズも購入できました。

アサヒビール ミュージアム限定のグラスをいただきました

余談・子どももビールの工場見学を楽しめるのか?

冒頭、筆者は大人になってから社会科見学・工場見学が楽しくなったと書きましたが、一緒に参加した息子(3歳9か月)の反応はどうだったかを最後に記します。体験型ミュージアムであることと、以前ホップ収穫を楽しんでいたため(詳しくはこちら)、「ビールに興味を持ってくれたらいいな」と淡い期待を抱いて連れていきました。

しかし結果は、「キョトン」と「ポカン」でした(息子のリアクションです)。

最初に訪れた原料コーナーでホップを見て「ホップだ~」と言ったり、最後の試飲コーナーではカルピスとおつまみのビール酵母入り「ザルツ プレッツェル」をおいしそうに飲んだり食べたりはしましたが、まだ文字が読めず、語彙力も想像力も乏しい息子には内容が難しかったようです。スーパードライ ゴーライドも、何が起きているかわからないといった様子で口を開けていました。

とはいえ、小学生以上のお子様であれば、春休みに親子参加の謎解きイベントなどがあるため、ツアー参加の入口によさそうです。我が家も、もう少し大きくなってからまたリベンジしたいです!

【詳細情報】

アサヒビール ミュージアム

アサヒアサヒビールミュージアムビール工場見学吹田大阪工場見学

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

アバター画像

この記事を書いたひと

ちゃんめい

ビアジャーナリスト

埼玉出身、大阪在住。

楽しくビールを飲むために、最近健康が気になる子育て世代。

地方のマラソン大会出場+ブルワリー探訪がマイブームです。

大人数でワイワイ飲むビールも、造り手や注ぎ手のこだわりを感じてしっぽり飲むビールも、どちらも大好き!

美味しくて、人との会話を弾ませ、知識欲・探求心を満たしてくれるビール沼に、もっともっと浸かっていきたいビアライターです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。