[テイスティング]2014.4.26

2012年WBAのWorld’s Best Beer「レッドチェアNWPA」―ビアレポート(91)

アメリカオレゴン州ペールエール

山に登ることもある私です。

といっても、関東近郊の山ばかり。ほとんどが日帰り登山なので、東京から一番遠いところでも谷川岳。何日かかけて縦走してみたいと思ってはいるものの、丹沢表尾根を日帰りで縦走する程度だったりします。

さて、今回ご紹介するのはアメリカのデシューツ・ブリュワリー「レッドチェアNWPA」です。

Red Chair NWPA

Red Chair NWPA

デシューツ・ブリュワリーは、1988年にオレゴン州ベンドでブルーパブから始まった醸造所。デシューツという名前は、ベンドを流れるデシューツ川から。今ではベンドの他に、ポートランドにもパブがあります。

醸造所で年間通して造られる銘柄は9種類。「レッドチェアNWPA」は1月から4月の間のシーズナルビールです。NWPAとはノースウエストペールエール。このビールは2012年のWBA(World Beer Awards)で、World’s Best Beerに選ばれています(World’s Best Pale Beerも受賞)。ちなみに、この年のWorld’s Best Speciality Beerには富士桜高原麦酒のラオホが選ばれました。

「レッドチェア」は、ベンドの近くのバチェラー山にある最も古いリフトから付けられたようです。このバチェラー山はカナダからワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州まで続くカスケード山脈のうちのひとつの山で、スキーリゾートとしても知られています。また、セント・ヘレンズや、マウント・シャスタ、マウント・レーニアといった名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これらもカスケード山脈を構成する山々です。

マウント・シャスタやマウント・レーニアのような山でなくても、関東近郊の手頃な山から無事下山した後に飲むビールはうまいもの。ピルスナーも間違いないですが、「レッドチェアNWPA」のようなミディアムボディにしっかりした苦味、そしてシトラスフレーバーのペールエールを飲むと、疲れた体もリフレッシュできるのではないかと想像する今日この頃です。

【BEER DATA】
レッドチェアNWPA
生産地:アメリカ
醸造所:デシューツ・ブリュワリー
スタイル:アメリカン・ペールエール
アルコール度数:6.2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。