[テイスティング]2014.8.15

ビアポエム(11)シメイ・ゴールド 〜修道院ポップ

ベルギービール

夏休み、修道院にポップ・グループがやってきた

もしもシメイが音楽なら。
シメイ・ブルーは真夜中に聴くジャズ。
シメイ・レッドは高揚感のあるロック。
シメイ・トリプルはファンキーなベースアンドドラム。
そして、シメイ・ゴールドは現代のポップだ。

シメイ・ゴールド

シメイ・ゴールド

定番カラー3色(ブルー、レッド、ホワイト(トリプル))に入った新メンバーは、ポップな音楽を奏でるゴールド。

ゴールドは不世出のビールだった。人々の噂にはのぼるが姿を見せない。そんなビールだったが、気まぐれなのか機が熟したのか、修道院から顔を出して挨拶をした。それが昨年(2013年)のこと。

シメイ・ブルーやレッドを知っているビール好きから見ると、このビールは軽く感じられてしまうかもしれない。
しかしこの軽さが魅力だと、最近、特に季節が春から夏に変わるにつれ思うようになった。
ゴールドはとても”軽い”。ベルギービールでは、”体重”別にランク分けするようなスタイルの呼び名があり、ゴールドは最も軽い「シングル」に相当する。「ダブル」、「トリペル」というような名前がついたビールを飲んだことのある方も多いだろう。その「ダブル」よりも軽いのが「シングル」。修道院内で、修道士たちが飲むアルコールの低いビールという位置づけで語られてきた。従って、小売りもほとんどされていない。

”体重”とは、専門用語で言えば”初期比重”のこと。ビールの主な原料となるのは水と麦芽であるが、麦芽を使う量が多いほど”体重”は重くなる。そして、”体重”が重いと、できあがるビールの味は濃くなるか、アルコール度数が高くなり、いずれにしても、飲みごたえのあるものになるのだ。

じゃあシングルなんて水っぽいんじゃないのと侮るなかれ。そもそも彼は重厚なパイプオルガンを奏でに来たのではない。民衆のためにポップを奏でにきたのだ。そのメロディーには、ウキウキするものがたくさん詰まっている。

・・・tasting
特筆すべきは、フルーティで、洋梨のような香り。レモングラスのようなハーブの風味もある。
味わいは軽く、涼をとるのにはうってつけ。シメイらしいスパイシーな後味も楽しく、リズムが良い。香って潤って、スパイシー。
シメイ・ブルーが真夜中に聴くジャズなら、こちらは現代的な電子音のポップ。
トラピストというより、コンテンポラリーなセゾンです、と紹介しても納得できる一品。

昨年の日本入荷から時間はたったが、改めてこの夏に再発見したいビール。
「修道院ポップ」が夏を楽しくしてくれる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02004ニシバヤシ タツマ

この記事を書いたひと

ニシバヤシ タツマ

ビアジャーナリスト/びあけん1級(2013,2015)

大学時代に自転車旅行でビールのうまさを知る。ほどなくしてベルギービールにカルチャーショックを受け、 世界のビールの虜に。ビールは大人の趣味の1つ。その一期一会を記事やビアポエムとして伝えていきたい。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。