[ビアバー]2014.12.27

サントリー工場&店舗限定のビールを飲んでみよう

サントリープロント東京駅限定ビール

「ザ・プレミアム・モルツ」を生んだサントリーの武蔵野ビール工場。ここで、他ではお目にかかれない限定のビールが飲めることをご存知でしょうか?

IMG_5655

そのビールとは「武蔵野ミニブルワリー限定醸造ビール〜無濾過仕立て〜」。わずかに濁りのあるゴールドカラーで、干し草のようなホップの香りとピーチを思わせるフルーティフレーバーが特長。しっかり苦味があり、余韻がとても長いビールです。
ビールの製造工程見学後、試飲の際に選ぶことができます。(時期によって試飲できるアイテムが変わります)

工場だけでなく、近所でも味わってみたい! と聞いてみたら飲めるお店がいくつかあるとのこと。その中のひとつに行ってみました。

ビアテリアプロント

SONY DSC

東京駅の1F、キッチンストリート内にある「ビアテリアプロント」。プロント系列店の中で、よりビールの提供に特化した店舗です。ザ・プレミアム・モルツの超達人店でもあります。
内装はロンドンパブのトラディショナルさにニューヨーク・カフェのテイストを加えたというコンセプト。なかなか居心地がよく、ゆったりとお酒を楽しむことができます。

こちらでも飲むことができる限定醸造ビール。そのおいしさのわけは、製法に秘密があります。
それはデコクションという糖化の工程。通常のザ・プレミアム・モルツはデコクションを2回行うダブルデコクション製法で生産されています。これでもかなりの手間と時間がかかる方法ですが、限定醸造ビールはなんとそれを3回行うトリプルデコクション。さらに麦芽のうまみとコクを濃厚に引き出しているのです。

IMG_5656 のコピー
左が限定醸造ビール。色が濃く、濁りがある

「プロントなら開いてる時間が長いし、いつでも飲める〜」と思ったら大間違い。飲めるのは17時のバータイムから、1日30杯限定での提供です。
仕事を早く終わらせて向かわないと、売り切れちゃうかもしれませんよ!

また、このビアテリアプロントでは通常のプレモルのほか、温度を上げてより香りと味わいが感じられるようにした「ザ・プレミアム・モルツ スムース」も飲むことができます。他のお店で飲むプレモルよりも香りがブワッと漂い、クリーミーなコクが味わえます。こちらもぜひ試してみてください。

武蔵野ミニブルワリー限定醸造ビール〜無濾過仕立て〜 ¥790
ザ・プレミアム・モルツ スムース ¥590〜

店舗情報
ビアテリアプロント 東京駅店
東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅八重洲北口1階キッチンストリート
7:00〜23:00
TEL03-5224-8685
※限定醸造ビールは、同じ東京駅構内の「THE OLD STATION」や「ビアテリアプロント大阪堂島店」でも飲むことができます

SONY DSC
こちらは同じく武蔵野ミニブルワリー製ビール、アルトスタイルの「特製ローズビア 生」。ほんのり感じる甘酸っぱさが爽快。「ローズ&クラウン」各店で提供しています(武蔵野工場では飲むことはできません)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02006本多祐介

この記事を書いたひと

本多 祐介

ビアジャーナリスト

地方都市とビールの関わりを探ることがライフワーク。
ほかにもアート・文学・音楽などをビールと組み合わせて考えることに面白さを感じています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。